FC2ブログ

今日ボクが見た風景

なぜ韓国人は他国の文化に執着するか

Category: 韓国・朝鮮  

仏教の祖、釈迦は韓国血統だった?


中国発祥の文化に対し、その起源は韓国にあるとの主張に対し、多くの中国人が怒りをあらわにしている。仏教は中国でも広く信仰されている宗教であるが、韓国の朝鮮日報の報道によると、韓国の成均館大学の歴史学科が中国やアフガニスタン、インド、ネパール等の古代資料をつぶさに研究したところ、仏教を編み出した釈迦は実は韓国の血筋を引いていたという。このブログは韓国メディアが語った仏教の起源を紹介するものである。以下はそのブログより。
-----------------------------------------------
  韓国の朝鮮日報の報道によると、韓国の成均館大学の歴史学科が中国やアフガニスタン、インド、ネパール等の古代資料をつぶさに研究したところ、仏教を編み出した釈迦は実は韓国の血筋を引いていたという。


関連写真:そのほかの中国の嫌韓感情に関する写真

  成均館大学のスポークスマンが述べたところによると、韓国南端、現在の済州島付近に住んでいた人々は紀元前700年前ころにはすでに大規模な航海活動を行なっていたという。彼らの一部は日本へ渡り、日本文化の一つを形成したほか、もう一部分は東南アジアへ渡っていったという。現地の発掘調査の結果、当時の韓国人たちは紀元前650年頃にはマラッカ海峡を越えていた証拠も確認されていると話す。

  さらに、スポークスマンが語ったところでは、マラッカ海峡を越えた当時の韓国人たちは現地で季節風というものを知り、その季節風を利用してインド洋を横断、今日のバングラディッシュへ到達したという。韓国人学者がバングラディッシュで紀元前650年頃のものと見られる、明らかに当時朝鮮半島で栄えていた文化の特徴を有した器物を発見したとも話した。

  インド北部にあった王国の貴族であるとされている釈迦だが、遺跡調査によると釈迦一族はインド文化とは明らかに異なる、東南アジア風の生活を送っていたらしい。また、仏教が編み出されたばかりの頃の経典の中には古朝鮮文字と見られる外来文字も記載されているという。以上から釈迦が韓国血統であることが十分なほど説明できると語った。

  また報道によると、朝鮮日報の記者が今回の重大発見に対する追跡報道を行なっており、09年末には釈迦族と仏教の起源の真相について関連書籍を発表する予定となっているほか、釈迦の祖先が韓国からインドへ渡った軌跡を映画化することも計画されているという。
-------------------------------------------------
(出典:
听雨路25号BLOG 意訳編集)

  写真は中国の仏教僧たちが読経している様子。仏教は中国でも広く信仰されている宗教である。(編集担当:畠山栄)

※ 中国人の間では「文化を横取りする」などとして韓国に対する反発が高まっている。2005年に韓国の「江陵端午祭」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことなどが発端とみられるが、その後は、韓国人が「漢字は韓国人が作った主張」、「孔子は韓国人だったと主張」などと、根拠があいまいなままの報道や、電子掲示板への書き込みが相次いだことも、韓国人への反発をあおった。韓国のテレビ局が8月の北京五輪大会のリハーサルを無断で放送したことでも、中国では韓国を非難する声が相次いだ。




なぜ韓国人は他国の文化に執着するか


中国人の間では「文化を横取りする」などとして韓国に対する反発が高まっている。このブログはなぜ韓国人が他国の文化に執着するかを考察するものである。以下はそのブログより。
---------------------------------------------------------
  韓国メディアが中国における嫌韓感情について盛んに報道しているという。11月11日付の新聞に、中国で巻き起こっている嫌韓感情について戒める意味の記事が掲載されたが、私はこの記事に賛成する。しかし、韓国人が自らの考えを改めることも重要だと感じている。

関連写真:そのほかの中国の嫌韓感情に関する写真

  若年齢層を中心に、中国人の間に嫌韓感情が存在するのは紛れもない事実であるが、これを中国人の民族意識の高さに起因するものと結論付けるのは妥当ではない。ここ数年に発生した、「孔子は韓国人だった」、「中国医学は韓国が発祥だ」などといった韓国による中国文化の「強奪」は、中国人であれば少なからず不快に感じるであろう。

  嫌韓感情については、特に複雑な考察や検証は必要としない。一つ、「韓国人が尊敬する人物は、実は中国人だった(あるいは中国人の末裔だった)」といわれたらどう感じるかという仮定を設ければ十分説明できるであろう。韓国人が本当に孔子を尊敬しているのであれば、「自分がされて嫌なことは他人にするべきではない」という教えを心に刻み込むべきである。

  正直に言って、私は韓国人の自尊心の高さと勝気な性格には心服するところだと感じている。例えば、米国産牛肉に対するデモ活動や日本との竹島争奪戦などは世界に深い印象を与えたものである。しかしながら、この自尊心の高さと勝気な性格こそが、某方面における原因になっている。

  韓国は(日本にも言えることだが)単一民族によって構成された国家である。他人と上手に付き合うことの出来ない一人っ子のように、単一民族の国家は他国との交流が苦手なものである。また、近代以来、韓国はずっと中国やアメリカ、日本、ロシアといった大国の狭間で揺れ動いてきたため、自国の歴史や文化などにより一層の執着があるのではないだろうか。
--------------------------------------------------------------
(出典:
zhenglei的BLOG 意訳編集)

  写真は儒教の始祖、孔子の像。孔子の教えの中に「自分がされて嫌なことは他人にするべきではない」というものがある。(編集担当:畠山栄)

※ 中国人の間では「文化を横取りする」などとして韓国に対する反発が高まっている。2005年に韓国の「江陵端午祭」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことなどが発端とみられるが、その後は、韓国人が「漢字は韓国人が作った主張」、「孔子は韓国人だったと主張」などと、根拠があいまいなままの報道や、電子掲示板への書き込みが相次いだことも、韓国人への反発をあおった。韓国のテレビ局が8月の北京五輪大会のリハーサルを無断で放送したことでも、中国では韓国を非難する声が相次いだ。








雨にも恨み 風にも呪い 雪にも夏の暑さにも妬む
丈夫なエラをもち 慾は果てしなく
すぐに怒り放火し いつも大声で怒鳴ってゐる
一日に犬鍋とキムチと少しのコチュジャンを食べ
あらゆることを 自分の損得勘定に入れ
よく見聞きせず妄想し そして捏造
半島の禿山の陰の ソウルのスラム街のあばら屋にゐて
東海に日本の竹島あれば行って旗を立てて威張り
西に宗主国あれば行ってそのご機嫌を伺い
南に死にそうなベトコンあれば武器を向けてこわがらなくてもいいと殺し
北に干ばつや飢饉があればつまらないものですがと日本の米を送り
日照りの時は謝罪を求め 寒さの夏は賠償を求め
みんなにキムチ野郎と呼ばれ
褒められもせず 尊敬もされず
そうゐう嫌われものに ウリは なっているニダ
        ∧__∧   ________
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄



関連記事

Comments

« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク