FC2ブログ

今日ボクが見た風景

中国の文化や習慣①

Category: 中国  
中国人漢民族 食人習慣カニパリズム


 「虐殺派」の人々は中国の文化や習慣について全く知らない、と言っても間違い無い。
 例えば日本では「大虐殺」と言うが中国では「大屠殺」と言う、なぜか? これこそ、日本と中国との文化の違いを端的に物語っている。
 
 処刑一つにしてもその国の文化があるのだ。


 例えば世界広しと言えども「切腹」{すかさず「介錯」(断頭)するのは日本人だけである

日本では成るべく痛みが無い処刑方法を取り、身体的に苦痛を避ける手段を取りたがる。


 それでは中国人ではどうか?
 ここで「通州事件」昭和12(1937)年7月29日の事件について述べてみよう。

(通州事件の詳細はこちら)


 親日的な方針をとっていた黄東政府が南京のラジオ放送(ウソをつく事で有名だった)の謀略により、

突如として日本人を襲い260名もの日本人民間人を虐殺した通州事件を例にしてみる。


 通州にいた通州の日本人居留民に中国保安隊と暴民が襲いかかり、略奪、暴行のあげく、

婦人・子供を含む日本人2百余名が虐殺された事件である。


 事件は真夜中に起きた。
 中国の保安隊はまず日本の特務機関を襲い、応戦した細木中佐と甲斐少佐を銃殺し、

喊声をあげて日本人街になだれ込んだ。
 日本人住宅を襲い、略奪・暴行をほしいままにして、婦女子を含む260人の日本人を

城壁のところに連行し、そこで皆殺しにした。


 見るも無惨な殺し方であった。
 街の中央にある日本人旅館近水楼を襲った中国兵は、銃声を放って闖入(ちんにゅう)し、

数十人の日本人客や女中を惨殺した。


 ある者は耳や鼻を削がれ、乳房を削がれ、ある者は鉄線で数珠つなぎにされて池に投げ込まれた。


 中国人の言う「屠城」による「屠殺」そのままであった

(「日本人が虐殺された現代史<新人物往来社刊>参照)。



日本における屠畜、屠殺(とさつ)の歴史 [編集 ]

1867年(慶応3年)5月、外国人に牛肉を供給していた中川屋嘉兵衛が、江戸荏原郡 白金村に屠牛場を設立したが、これが日本における近代的屠場の最初であろうという。明治 以降、屠場を設立する者の数は増え、日露戦争の時には全国で約1500を算えた。しかしその設備の不完全、また衛生上、保安上改善を要する点が多く、1906年(明治39年)に屠場法 が制定された。

日本国内における牛馬の屠殺は、その歴史的な経緯から不浄な行いというイメージも付きまとい、そこには食用家畜を単なる消費という、他の肉食文化では日常の延長に存在した行為として位置づけられず、専ら被差別階級の人々が行ってきたことという解釈がなされることが多い。(ウィキペディアより)


 

関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク