FC2ブログ

今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同姓の強制は憲法違反」夫婦別姓求め初提訴へ

Category: 日本の病原  

夫婦別姓を望む男女5人が「結婚に際し夫と妻のどちらかが改姓しなければならない民法の規定は、個人の尊重を定めた憲法13条や、両性の平等を定めた24条などに違反する」として、1人当たり100万円の国家賠償を求め、近く東京地裁に提訴することを決めた。訴訟関係者が6日、明らかにした。

 原告側弁護団によると、民法の夫婦同姓規定(750条)をめぐる違憲訴訟は初。夫婦が希望すれば結婚後もそれぞれの姓を名乗れる「選択的夫婦別姓制度」の導入論議に一石を投じそうだ。

 原告は富山市の元公立高校教諭塚本協子さん(75)のほか、東京都のフリーライター加山恵美さん(39)と会社員渡辺二夫さん(43)の夫妻、京都府と東京都の女性。

 憲法24条は「夫婦は同等の権利を有する」と定めているのに、改姓で一方だけが不利益を被っていると主張している。

 1960年結婚の塚本さんは、戸籍上は夫の姓だが旧姓の塚本を通称として使ってきた。「戸籍名を本名とされることで、強い自己喪失感を味わうなど精神的苦痛を受けた」と言う。加山さんも夫の姓で2000年に婚姻届を出し、通称で加山を名乗ったが、各種手続きで本人確認を求められる煩雑さに耐えられず、形だけ離婚届を出す「ペーパー離婚」したという。

 選択的夫婦別姓は、96年に法制審議会が制度導入を盛り込んだ民法改正要綱をまとめたが、「家族の一体感が失われる」などの反対論が与党だった自民党内に噴出、改正は見送られた。導入に積極的だった民主党が一昨年、政権を握ったことで再び注目が集まったが、議論は進んでいない。

 弁護団長の榊原富士子弁護士は「国会の動きが滞っている間に、別姓を望む人たちの不利益は切実さを増した。法廷で民法の規定の違憲性を明らかにしたい」と話す。









国歌反対 日の丸反対 夫婦制度解体 




うっせーんだよ 日教組


自己喪失してついでに失踪してさっさと消えろ


精神的苦痛を受けて未来永劫ふぁびょってろ




大体なんで個人の都合の為に法律変えようとすんだあんたたち


憲法違反だっつーならな偽装離婚の方が問題だバーカ







んで、この問題 その後どーなったんだろ・・・

関連記事

Comments

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。