FC2ブログ

今日ボクが見た風景

92年殺人未遂…時効停止知らず、再入国して御用

Category: 韓国・朝鮮  

92年殺人未遂…時効停止知らず、再入国して御用


1992年12月に女性をナイフで刺して軽傷を負わせたとして、神奈川県警山手署は17日までに、殺人未遂容疑で、韓国籍の男(48)を事件発生から約18年ぶりに逮捕した。当時の同罪の公訴時効は15年だったが、犯人が国外逃亡中は時効が停止する。男はこの規定を知らず、日本に再入国しようとしたところ身柄を確保された。

 「時効が成立した」と思って戻ったら御用となった。

 逮捕されたのは韓国籍の自称飲食店経営金栄男容疑者。山手署によると、金容疑者は事件後、韓国に逃亡し、県警が国際指名手配していた。

 今月16日午後10時すぎ、韓国からの定期便で日本に再入国しようとしたところ、羽田空港で身柄を確保された。入国管理局の通報を受け、同署員が駆けつけた。

 金容疑者は「刺したのは間違いないが、殺すつもりはなかった。時効が成立したと思い、親戚を訪ねようと日本に戻った」と供述している。

 法務省によると、92年当時の殺人未遂罪の公訴時効は15年だったが、刑事訴訟法は、犯人が国外逃亡中、時効が停止すると規定している。

 逮捕容疑は、92年12月23日午前2時ごろ、横浜市中区本郷町のマンションで、知人女性の胸や腹を果物ナイフで刺した疑い。同署は、女性と交際をめぐってトラブルになっていたとみている。

 時効をめぐる勘違いで容疑者が逮捕された例は過去にもある。

00年4月に都内のエステ店に仲間の中国人7人と押し入り、現金約30万円などを奪った中国籍の男が07年5月に身柄を確保されたもの。強盗罪の公訴時効は当時7年だったが、共犯者がいる場合は、その起訴から刑確定まで時効が停止する。

中国から日本国籍を取得した女性と福岡県で潜伏生活を送っていた男は07年1月に婚姻届を提出し警視庁に潜伏が発覚。その後、行方をくらましたが、事件から7年と1日が過ぎた07年4月25日、福岡入国管理局に姿を現したところを取り押さえられた。









・・・


こんな寄生虫に

どんだけ日本人が被害を受け続けなくてはいけないのか


もし、それが我が子であったら・・・

大切な人であったら・・・

自分自身であったら・・・


気付いた時は時既に遅し・・・だ

関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク