FC2ブログ

今日ボクが見た風景

政府、東電、GEの利権

Category: ブログ  

【米国ブログ】政府、東電、GEの利権が原発災害を悪化させた

世界経済に詳しい米国のブログ「marxistupdate.blogspot」では、日本や米国の資本主義が災害を悪化させたと記している。

  筆者は、未曽有の大災害となった東日本大震災は、大津波で大きな打撃を受け、現在核災害に見舞われており、世界中の注目が集まっているとつづっている。

  筆者は再び核に苦しむ日本人を見て、米国が1945年、日本に核爆弾を落とし、多くの市民が殺害されたこと、また人々が数十年間、放射能汚染やがんで苦しんでいることを忘れることができないと語っている。

  しかし、日本や米国の資本主義政府は、投資家らは人々の苦しみに対して心が冷えきっている、と筆者は怒りをあらわにしている。

  地震や津波で約3万人の死者・行方不明者を出し、海岸線沿いの町は壊滅状態になり、寒い東北地方では数十万人が家を失い、電気や暖房設備もないところで過ごす日がある。また被災者らは、水や食物を供給する工場や店舗も破壊され飢えていると語る。

  筆者は、原発周辺の食物や水は放射能汚染されているにもかかわらず、核の脅威に関する情報は差し控えられていると述べている。

  日本や米国の政府、東京電力や福島第一原発原子炉を設計した米ゼネラルエレクトリック(GE)は、石油やガス、石炭、原子力エネルギーによる利権と深く関連していて、まったく信頼できないとつづっている。

  最大の脅威は、大量の使用済み燃料棒を冷やすための水がないために、致命的なセシウムとプルトニウムを発生することになったことだとし、東電は海水を注入することで廃炉にすることにためらいがあったと指摘している。

  一方、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は先月18日、世界的な資本主義危機の恐れがあるとし、緊急の電話会議を開き、協調介入で合意した。筆者は、結局のところ、多くの資本主義国の懸念は日本の将来ではなく、為替相場の安定だけだと批判している。(編集担当:田島波留・山口幸治)

関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク