FC2ブログ

今日ボクが見た風景

これぞ中華思想

Category: ブログ  

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110082000/a5a96f78b875afe66916aec5696ce301_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js
お礼に名前をあげないのはバカにしている証なんですね
四川大地震の際に、日本は救援の手を差し伸べましたが
中国は見事に日本の名前を除いた各国へお礼の言葉を掲載していました

日本人は忘れていませんよ






首相の感謝メッセージ、中国で不評 「中国をバカにしている」



【北京=矢板明夫】日本政府が菅直人首相の名前で11日、中国共産党の機関紙、人民日報などに寄せた東日本大震災の支援に対する感謝のメッセージが、中国のネットで不評を買っている。



約400字のメッセージの中に、「海外の友人たち」「国際社会からの協力」といった表現はあるものの、感謝される対象として「中国」の2文字が見当たらず、「中国をバカにしているのでは」といった反発が起きている。

 大手ポータルサイト「捜狐」には11日正午までに約2万3千件の書き込みが殺到。「困ったときはお互いさま」といった素直に受け止める意見が一部にあるものの、「なぜ中国への直接の感謝の言葉はないのか」といった不満がほとんどだった。中国が官民を挙げて海外の自然災害に支援するようになったのは、経済的に余裕が出てきたここ数年のことで、国民は援助される国の反応を非常に気にしている。

 メッセージに中国の国名がないことで、「自分たちの援助を日本は重要視していない」との印象を持たれてしまい、傷ついている人も数多くいるようだ。

また、メッセージのタイトルは「絆(きずな)」を中国語に直訳した「紐帯」となっていることに対しても「意味がわからない」との反応もあった。「絆」は日本語で「人と人との離れがたい結びつき」との意味だが、中国語では地下鉄も橋も紐帯と表現するように、単なる人やものをつなぐものとの意味に過ぎず、日本語の「絆」が持つ温かみはない。

 メッセージに対する批判的なコメントがあまりにも多かったためか、11日午後から各大手のポータルサイトで、この件に関する書き込みがすべて削除された。書き込みは国民の対日感情の悪化につながることを警戒した中国当局による指示があったとみられる。

 震災1カ月に合わせて出された感謝メッセージ。各国共通の文面ではなく、それぞれの国の現状と文化を踏まえ、掲載される紙面に合わせて国名をそれぞれ入れるなど、日本政府はその内容をもっと工夫する必要があった。




四川大地震 中国人の心の琴線に触れた死者への黙祷





忘れるな!
アメリカの20倍もの世界最高額の支援をした日本
しかし中国がその後感謝を表明した25カ国の中に日本の名前が無かった事を!

今日ボクが見た風景

この写真、殆どの方が御存知だと思う。5/17(土)朝、日本の救援隊が16時間かけ、崩壊したビルの瓦礫の中から発見した母子。残念ながら既に亡くなっていた。その母子の遺体に対し、日本の救援隊が黙祷を捧げている様子である。このnewsは中国のTVで繰り返し放映され、またnet上での報道数も相当なものであった。娘と孫を一遍に亡くした55歳の女性は、悲しみのどん底の中でも、日本の救援隊へ感謝の言葉を述べている。「たとえ遺体であっても一目会えました。日本の救助隊の多大なる御苦労に対し深く感謝します」

 通常あらゆる事柄に於いて、中国人の意見や反応は多様である。しかし、このnewsに触れた中国人の反応は、以下がマジョリティを形成した。「日本人は嫌いであったが、日本人への見方が一変した」、「日本人がとても好きになった」。新聞報道に於いても「日本人の救助隊は、首尾一貫、用意周到、真摯に諦めずに2人を探した。16時間かかりやっと掘り出した2つの遺体を丁寧に包み、その遺体に対し列を作って黙祷を捧げた。この2人は、異国の人間から尊敬を受けたのである。この日本人の救援隊の行動は、我々に多くの事を教えてくれる。どんな複雑で困難な状況にあっても、生きている人と同じ様な態度で死者に対しても尊敬の念で接する。死者に対し、最後まで人間の尊厳を保つ。これは最低限の生命の倫理である。日本の救援隊からの教えはまだある。異国の死者に対し尊敬を表す事である。中国の母子が勝ち取った尊敬は、日本の死者と何の違いがあろうか。違いなど無い事は明白である。日本救援隊は、自国の国民に向けて行なう儀式を、見ず知らずの中国の母子に行った。彼等の眼中には、生命の価値は人種や国境や信仰を超え何ものにも代え難い至上のものである。しかも正にこの考えに基づき、国際主義と人道主義の精神を以って、四川大地震発生直後、直ぐに救援参加を申し出てくれたのである」(
http://zjc.zjol.com.cn/05zjc/system/2008/05/22/009536444.shtmlの記事を筆者が意訳)

 弊社staffや知り合いの中国人にも直接尋ねてみた。ほぼ全員が心を揺さぶられているのである。人間、困難な時の助けや優しさは心に沁みる。実際、今回は日本の救助隊がいち早く被災地に駆けつけ、救助活動を行っている。勿論それもあろう。しかし、心を揺さぶられる理由は、遺体に対する哀悼の気持ちを日本人が表した事にある。この習慣は、中国人の救助隊には無いそうである。中国では、災害時には亡くなった方に対してはビニール等で簡単に包み、直ぐに次の救援に向かう。黙祷している時間があれば次の救助に充てるべき、の論理である。これは習慣の違いである。善し悪しの問題では無い。普通、人間というものはどこの国の人もそうであるが、異なる習慣や異文化に対して極めて許容度が低いものである。では何故、異なる習慣の日本の救援隊の行動に対し、日本人への印象を一変させた中国人が数多くいるのか。2人の中国人女性の意見を紹介する。

 21歳学生 「亡くなった方への哀悼の気持ちは中国人にも当然ありますし、我々も黙祷はします。それはどこの国の人でも同じでしょう。救助隊の黙祷については、国によって異なります。私は詳しくはありませんが、日本以外にも欧米の救援隊も多分黙祷するのではないでしょうか。確かにその習慣は違いますが、黙祷は哀悼や尊重の気持ちの表れと直感的に解りますので、この習慣の違いによって摩擦は発生しなかったのだと思います。」

 36歳会社員 「中国人は一旦知り合いになると、お互い強く助け合い暖かい関係を築こうとします。一方、知らない人に対しては、割りと冷たい態度を示す事もあります。そうしないと中国人はこれまで生きて来れなかったのです。知らない侵略者から身を守るためには、知っている者同士で結束するしかなかった。それが習慣の違いに繋がったのではないでしょうか。でも習慣は違っても、哀悼の気持ちは全人類共通。日本の救助隊の母子への黙祷が、中国人の心の琴線に触れたのだと思います」



とか言ってても喉元過ぎれば・・・これですよ日本の「誠心誠意」が通用しない国






人道的に行う日本の援助

メンツで行う中国の援助


そもそもの質の違いを胆に命じないと

日本は外交も交友も足元をすくわれ続ける事になるだろう

関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク