FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「地球の反対側の味方」

Category: ブログ  
script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110080000/63eb058011388c8fdc41d8abf4ed437c_e0d54613f58abd90a3b67322eb5ed0bb.js

親日の理由 被災地へ…「地球の反対側の味方」

日伯友好の金字塔


 親日の理由は他にもある。1962年10月26日、ミナスジェライス州のウジミナス製鉄所で溶鉱炉の火入れ式が開かれた。日伯両国旗が翻る中、300キロ離れたブラジル独立の英雄像前から運ばれた「聖火」を来賓のゴラール大統領がかがり火に移した。五輪の開会式のような華やかさだった。

 当時、製鉄所立ち上げのため八幡製鉄(現新日本製鉄)から出向していた新日鉄元副社長、阿南惟正さん(78)は「ウジミナスは日本鉄鋼業の海外進出、技術協力の先駆けであり、多くの苦労を乗り越えて築き上げた日伯友好の金字塔だった」と振り返る。

 ウジミナス製鉄所は半世紀近くたった現在もブラジルの粗鋼生産の23%を占める。50~70年代、日伯の官民協力によりアルミ、紙パルプ、農業開発など数々の国家プロジェクトが成果を挙げた。それは今日の「希望大国」への礎となった。

 義援金を受け付ける日系社会の中心団体「ブラジル日本文化福祉協会」事務局長で2世の中島エドアルド剛さん(51)は言う。

 「義援金は日系人以外のブラジル人からも多く届いている。この国への日本人の100年にわたる貢献が基礎にある。被災した方々は、日本人は、地球の反対側に味方がいることをどうか忘れないでほしい」





戦争被害者ツラして賠償請求、その実ただの密入国者

知らぬうちに増殖し素性を隠し通名使って成りすまし日本人

窃盗、強姦やりたい放題のどっかの国の民族と大違いですね

日本人移民は何処の国でも尊重され地位を築いている

そこには日本人の忍耐と奉仕の精神があったに違いない

「義」を重んじる民なればこそ・・・なのだ


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク