FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本馬初の快挙 ドバイ・ワールドカップ

Category: ブログ  

競馬=ヴィクトワールピサがドバイWC制覇、日本馬初の快挙

[ドバイ 26日 ロイター] 競馬の世界最高賞金レース、ドバイ・ワールドカップ(2000メートルオールウエザー、G1)が26日、アラブ首長国連邦(UAE)のメイダン競馬場で行われ、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサ(牡4歳)が優勝。日本調教馬として初めて同レースの頂点に立ち、1着賞金600万ドル(約4億9000万円)を獲得した。

 2着には藤田伸二騎手騎乗のトランセンド(牡5歳)が入り、日本馬がワンツーフィニッシュを飾った。ライアン・ムーア騎手騎乗のブエナビスタ(牝5歳)は8着に終わった。

 勝ったデムーロ騎手はレース直後、興奮を抑えきれないまま「信じられない」と感想を語ると、涙を見せながら「日本のために祈っていた。日本を愛してる。ありがとう」と大震災に見舞われた日本にメッセージを送った。

 ヴィクトワールピサはスタート直後こそ最後方に付けたが、向正面で追い上げ、逃げたトランセンドをぴったりマーク。直線に入ってトランセンドをかわすと、半馬身差でゴールを駆け抜けた。

 デムーロ騎手は「いつもスタートは良かったが、今回は上手くいかなかった。それでも、向正面でスローペースになったのがラッキーだった。先頭の馬をいい位置でマークできた」とレースを振り返った。

 2着と健闘した藤田騎手は「現在、日本の被災者が困難な時期に直面している時に、2着に入ることができ、この結果にはとても満足している」と話した。一方、見せ場を作れなかったムーア騎手は「競馬にならなかった」と悔やんでいた。

世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュ


メイダン競馬場で行われた世界最高賞金(1着600万ドル=約4億8000万円)の
ドバイワールドカップ(GI、AW2000メートル)は、M・デムーロ騎手騎乗の
ヴィクトワールピサ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。
2着にトランセンドが入り、世界最高峰のレースで日本馬がワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げた。
ブエナビスタは直線で行き場を失い、8着に終わった。

最高のコンビが、大震災にあった日本に勇気を与える結果を残した。

 逃げたのはトランセンド。3コーナー付近でヴィクトワールピサが後方から徐々に進出し、2番手へ。
直線に入ると、逃げるトランセンド、追うヴィクトワールピサの叩き合いとなった。

 残り150メートル付近で、ヴィクトワールピサが先頭に立ち、後続の追撃をおさえてゴール。
鞍上のデムーロ騎手はゴール直後、大きくガッツポーズを繰り出した。

 「日本人のために勝ちたいと祈っていました。家族のみんなありがとう。私は日本を愛しています。ありがとう」。
デムーロ騎手は何度も“ありがとう”の言葉を繰り返した。

 同馬を管理する角居調教師は「本当に暗いイメージの日本国内でしたけど、
3頭の日本馬で挑戦し、たまたま私の馬が勝てました。日本を元気にしてくれる結果になって良かった。
先頭に立つのが早かったので、なんとか残ってほしいと思い、絶叫しました」。
最後は報道陣に「サンキュー・ベリー・マッチ」と笑顔を振りまいた。

 勝ったヴィクトワールピサは、父ネオユニヴァース、母ホワイトウォーターアフェア、
母の父Machiavellianという血統で、通算13戦8勝(うち海外3戦1勝)。
国内の重賞は09年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)、10年弥生賞(GII)、10年皐月賞(GI)、
10年有馬記念(GI)、11年中山記念(GII)を制している。
http://www.sanspo.com/keiba/news/110327/kbd1103270251000-n1.htm
★1スレ 2011/03/27(日) 02:48:10
【競馬】ヴィクトワールピサ1着! トランセンド2着! 日本馬がドバイワールドカップ初制覇!





今日ボクが見た風景

勇気と希望をありがとう
関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク