FC2ブログ

今日ボクが見た風景

岩手でシー・シェパードが震災・津波に遭遇

Category: ブログ  

岩手でシー・シェパードが震災・津波に遭遇…「日本人は親切だった」


環境保護団体を標榜(ひょうぼう)するシー・シェパードのメンバー6人が11日、岩手県の三陸海岸にある大槌町で、地震と津波に遭遇していたことが分かった。「イルカ保護のため」として、同地を訪れていた。6人全員が無事だった。リーダーのスコット・ウェスト氏は手記を発表し、甚大な被害に驚き、心を痛めると同時に、自分たちに向けられた「日本人の親切さと温かさ」を強調した。

  津波が押し寄せた時、メンバーらは、イルカ処理施設を見ることができる高台にいた。そのため、巨大な津波が街を破壊する様子を目の当たりにした。夕方になり、残骸(ざんがい)の上で漂流する女性が助けを求めている悲鳴を聞き、ロープを投げるなどしたが届かず、道路に出て消防車を呼んだ。消防隊員が救出しようとしたが成功せず、女性が乗る残骸は海の方にゆっくりと流されていった。あたりは暗くなり、女性の声も聞こえなくなった。ウェスト氏は「ショックだった。信じられなかった」とつづった。

  11日夜は、メンバーが乗ってきた自動車の中で過ごした。外気はセ氏0度程度に冷え込んだが、ガソリンが十分にあったので、凍えることはなかったという。夜明けごろに山火事が発生し、人々が逃げてきた。周囲の道路は自動車が走行できる状態ではなかったので、徒歩で脱出した。その後、安全な内陸部に向かうことにしたが、警察官に事情を話したところ、遠野市にあるホテルを手配してくれた。約50キロメートルの道のりだったが、歩くしかなかった。大槌町の市街地は壊滅状態で、レンタカーを利用することも、不可能だったという。

  すると、住民男性のひとりが、遠野市に向かう自動車2台を手配してくれた。運転してくれたのは、経営していた商店が津波で流されてしまうなど、「すべてを失った人だった」という。ウェスト氏は「この日、われわれに向けられた親切と寛容さを、書きつくすことはできない」、「日本の人々は暖かくて親切だと、これまで以上に確信することになった」と記した。

  ただし、クジラやイルカ漁に反対する立場は変わらず、「イルカなどの虐殺をやめれば、日本は海洋保護のリーダーになる可能性が大いにあるのだが」との考えを示した。(編集担当:如月隼人)



虐殺なんぞしとらんわい!

食うておるのじゃ

鯨もじゃ


日本経済が崩壊して日本の国民に餓死者が出ても


鯨殺すなイルカ殺すな

日本人死ね


と言ってくださいね



日本が南極海における今期の調査捕鯨の継続を断念したことで、反捕鯨団体のシー・シェパードは、米国時間17日、「勝利宣言」を発表した。同日を、鯨のための「VSO Day(Victory in the Southern Ocean Day=南海の勝利の日)」と名づけ、「日本が来期に戻って来るなら、再び違法な捕鯨活動の阻止を進める用意がある」と表明した。

  シー・シェパード代表のポール・ワトソン容疑者は日本の調査捕鯨の妨害を指揮した疑いが強いとして国際指名手配されている。ワトソン容疑者は日本の調査捕鯨に対する「暴力的妨害活動」を繰り返す一方で、「捕鯨など自然破壊に反対しているだけで、日本そのものに対する偏見を持つわけではない」と主張してきた。「勝利宣言」も、今期の活動で「日本を含む23の国から来た、88人の幸せな乗組員が参加した」、「彼らはとても興奮した。南極海の鯨の聖域が、本当に聖域になったからだ」との談話を掲載した。

  シー・シェパードは「勝利宣言」で、「鯨にとって(今日は)偉大な日だ。人類にとっても偉大な日だ」などの、メンバーの声を紹介した。



 シー・シェパードはこれまで、日本の調査捕鯨への妨害活動を撮影し、自らの都合によいよう編集して制作したテレビ番組を米国で放映してきた。「ワトソン容疑者が日本の暗殺者に銃撃された。弾丸が胸のバッジに当たって助かった」などとする「創作」も多いという。シー・シェパードはテレビ番組を宣伝材料として使い、多額の寄付金を集めている。



「われわれは、作戦にユーモアを盛り込むことが好きだ。本日は、それを実施した」と紹介。“ワニの卵”は1個50ドル(約4500円)で、シー・シェパードの支援者が数ダースを用意した。外側には抗議文が書かれ、落下するとワニの人形がふくらんで出てくる仕掛けという。

  声明文は「もちろん、本物ではない」と説明し、「日本人は動物虐待としてシー・シェパードを訴えるだろう。やつらは、現実とフィクションの違いを分かろうとしないからだ」などと主張した。

  シー・シェパードによると“ワニの卵”の攻撃は大成功。「日本側は放水したが、卵が割れて、ふくらんだワニの人形が日進丸のデッキに転がることになった」と、自慢げに紹介した。



シー・シェパードによると、ベチューン船長は他のメンバーが操縦するジェットスキーで「第2湘南丸」の前方に到達して、接近を待った。暗闇に乗じて、左舷側から乗り込んだという。

  ベチューン船長は日がすでに昇った午前8時ごろ、操舵室のドアをノックして自分の存在を知らせたという。アディー・ギル号の衝突は日本側に責任があるとして、300万ドルの損害賠償を求める書簡を手渡した。ベチューン船長は、第2湘南丸内で身柄を保護された。

  シー・シェパードによると、ベチューン船長との無線による交信は午前8時5分で途絶えた。ベチューン船長は第2湘南丸の船長に対して、シー・シェパードの捕虜になるか、オーストラリアかニュージーランドの最寄の港に行き、現地当局に身柄を拘束されるよう要求する計画という。

  ベチューン船長は、第2湘南丸はアディー・ギル号乗船者6人の殺害を意図して衝突させたとして、(寄航を求めるオーストラリアなどでの)第2湘南丸船長の逮捕を実現させる考え。(編集担当:如月隼人)




捕鯨(ほげい)とは、主に食用・油用にクジラ目 クジラを捕獲することである。
国際捕鯨委員会は捕鯨を三つに分けて表現している。
商業捕鯨
調査捕鯨
生存捕鯨
捕鯨方式の形態により次のように分けられている。
母船式捕鯨
大型沿岸捕鯨
小型沿岸捕鯨
縄文時代、三内丸山遺跡からクジラの骨が出土している。

鯨を食料や骨器の材料として利用していた、ただこの時代は、寄鯨・流鯨を利用していた。
弥生時代、原ノ辻遺跡から鯨骨製骨剣・鉾先・紡錘車などが出土しいる。

その後、寄鯨・流鯨などの消極的な捕鯨から、鯨を見て捕獲する積極的な捕鯨へ進化していく。
700年ころ、古事記に神武天皇に鯨肉を奉った話がある。日本書紀にクジラについての記述がある。


捕鯨問題(ほげいもんだい)とは、クジラ目 クジラおよびイルカの捕獲の是非に関する論争、

国内外の摩擦問題である。
基本的には、これから捕鯨を行うことに賛成か、反対かの対立構造となっている。
捕獲推進派は、主に食糧として捕鯨をしている国々で、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島などが主要な推進派である。
捕獲反対派は、かつて灯火燃料や機械油の供給源として捕鯨をしていた元捕鯨国である欧米諸国が中心となっており、これに与する非政府組織 NGOも多い。
捕鯨推進派である日本国内にも、捕鯨反対派NGOが存在することや、捕鯨問題を扱う国際捕鯨委員会に捕鯨をしたことのない国家が参加していることなどが、問題を複雑にしている。

捕鯨国(ほげいこく)とは、鯨を捕獲する国家を指す。
主に日本を始めノルウェーやフィリピン、また捕鯨に反対しているアメリカやロシアも実は先住民族への特別処置として捕鯨を認めている。
古より日本では鯨を食用として用いてきたが、1970年台に入ると捕鯨への風当たりが強くなり、1983年には国際捕鯨委員会で商業捕鯨の一時中止が決定され、日本の商業捕鯨は禁止された。しかしながら日本は伝統的食文化を保護し、安定的かつ持続的な鯨資源の活用を強く訴え、現在、
国際基準に基づいて調査捕鯨を行っていたがコイツラの遊び半分のテロ的妨害により暫らく前面中止を余儀なくされた



関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク