FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「NPO」ってなんですか?

Category: ブログ  

NPOの正体は、『男女共同参画』が、この人権派の隠れ蓑である。
1979年のソ連のアフガニスタン侵略によって、『社会主義国は平和勢力』という嘘がバレた。1986年のチェルノブイリ原発事故によって、『社会主義国の核開発は安全』というNPOの正体である
NPO、この嘘に支えられてきた。日本の『平和運動』も崩壊した。それまでの『平和運動』は米国のみを叩いて、社会主義国を擁護するものであった。1989年のベルリンの壁崩壊以降、『社会主義理論』も壊滅した。このころから、この『平和』『社会主義、人民、共和国』をもてはやす輩が、『人権』や『環境保護』に雪崩を打って鞍替えしてきた。結局は、『人権』も『環境保護』も、現政府とそれを選んだ日本国民を罵るものだった。
この『平和』『社会主義』を唱えていた人は、大挙して公務員になって、現在国家や地方自治体の中枢にいて行政テロを行っているのである。
これらは、学生運動で逮捕歴がなかったため、公務員になれたのである。しかし、かつての仲間で逮捕歴があるために、公務員になれず・大企業に勤められずに、不遇を囲っている仲間に経済的支援をしようと画策した。これが、NPO
の正体である。『男女共同参画』が、この人権派の隠れ家である。この数年の間に、全国各地に男女共同参画関連の施設が多数作られ、その人員として『中途採用』とも言うべき「サヨ」的心情を持った者が入り込むことになった。これが、教育委員会にも圧力をかけて、中高生にマリファナを与え『男女同室着替え・就寝』を強制し、モラルの面から日本国の破壊を企んでいるのである。環境論者は、絶対に中国と旧ソ連の環境破壊については話さない。アラル海の干拓、中国の7色に輝く河川と食品には決して触れないのが証拠である。在日ではなく、日本人の中の『日本を呪う人』である。



たとえばこんな感じ

     ↓


生活保護費430万円詐取、元NPO代表に実刑

2011.3.24 12:45

 生活保護受給者から保護費を吸い上げる「貧困ビジネス」で、詐欺と恐喝の罪に問われたNPO法人「いきよう会」(解散)元代表、由井覚被告(52)の判決が24日、大阪地裁であった。三澤節史裁判官は「生活困窮につけ込んだ悪質な犯行」として懲役2年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。

 判決によると、由井被告は平成18年1月~21年12月、男性受給者が大阪市から神戸市へ転居したとする虚偽の書類を大阪市に提出するなどの手口で、敷金扶助や引っ越し代といった保護費約430万円を詐取したり、脅し取ったりした。

関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク