FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「偽ガンダムの方が格好いい」、「でも意味なし」の声=中国アンケ

Category: 中国  
中国四川省成都市の遊園地「国色天郷楽園」でこのほど、日本の人気アニメ『機動戦士ガンダム』の等身大像を模倣したとされる“偽ガンダム”が展示されたことに関連して、サーチナ総合研究所(上海サーチナ)が実施したアンケートでは、「偽ガンダムの方が格好よい」とする回答が、「本物の方が格好よい」との意見を上回った。一方で、偽ガンダムを作ることに「何の意味もない」とする見方が、「何らかの意味がある」を上回った。

  「偽ガンダム」はオレンジ色が基調になっている点で、白がベースの「本物ガンダム」と異なる。「国色天郷楽園」は当初「オリジナルのキャラクター」などと主張していたが、本体の肩部分の「WB(ホワイトベース)」などの文字から、日本のガンダムを模倣したとの指摘が強まった。同園は公式サイトでも一時、「高達(ガンダム)」の文字をってPRしていた。同園は22日までに“ガンダム”を布で覆い、撤去作業を始めた。


◆「偽ガンダムと本物のガンダムは、どちらが格好よい?」との質問に対する回答状況は以下の通り(26日午後3時40分現在)

(1)オレンジ色の偽ガンダムの方が格好よい…30.65%

(2)白い本物のガンダムが格好よい…26.13%

(3)分からない…43.22%

◆「偽ガンダムを作ることに、何か意味があると思いますか」との質問に対する回答状況は以下の通り。

(1)何らかの意味がある…22.11%

(2)何の意味もない…35.18%

(3)分からない…42.71%

**********

◆解説◆
  中国(漢族)の伝統では、最も縁起がよい色は赤。逆に白は葬儀の際に使う色で、あまり好まない人が比較的多い。中国では婚礼を「紅事」、葬儀を「白事」と呼ぶこともある。「本物のガンダム」を評価しなかった回答には、「白よりもオレンジ色の方がよい」との意識があると考えられる。

  色彩についは、中国国内でも民族によって感覚が異なることがある。モンゴル族の場合、原色を好む特徴はあるが、白に対しては「けがれのなさ」の象徴とみなす場合が多く、日本人と似ている。モンゴル族は「漢族は死ぬと(死に装束として)白い服を着る。なぜか。もはや悪いことをしないからだ」などの“ブラック・ジョーク”を語ることがある。(編集担当:如月隼人)

関連記事

Comments

« »

03 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク