FC2ブログ

今日ボクが見た風景

竹島問題

Category: 韓国・朝鮮  

「直ちに撤回を」韓国が竹島問題で

防衛白書の「固有領土」に遺憾

平成22年版 日本の防衛白書で「固有の領土」と明記。それをを受け韓国外交通商省は遺憾の意を表明した。


今日ボクが見た風景

竹島(たけしま)は、日本海の南西部にある島で、北緯37度15分、東経131度52分に位置する。日本の住所は島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地。大韓民国の行政区分では慶尚北道鬱陵郡鬱陵邑獨島里に属する。

1905年(明治38年)1月28日、日本政府は島根県隠岐島司の所管の竹島と閣議決定した。

1952年(昭和27年)1月18日、大韓民国大統領李承晩が自国の支配下にあると一方的に宣言し、占領すると同時に近海を含む李承晩ラインを設定。

1965年(昭和40年)6月22日の日韓基本条約締結までに韓国により、このラインを越えたことを理由として日本漁船328隻が拿捕され、日本人44人が殺傷され、3,929人が抑留された。現在も韓国側が武力によって占有しているため、日本との間で領土問題が起きている。



日本政府は国交正常化以前(1954年9月25日)には、口上書を提出し、国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案したが、当時の韓国政府はこれを拒否している。また、1962年3月に行われた日韓外相会談の際に、日本の小坂善太郎外務大臣が国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案したが、やはりこの時も韓国は拒否している。なお当時韓国は国連に加盟していなかったが、加盟していない国でも原理的には国際司法裁判所に付託する事が可能である。(加盟は1991年)。

しかし1965年に国交が正常化して以降2008年現在にいたるまで、実に40年以上、日本側も国際司法裁判所への付託を提案していない。

ただしそれ以外の件に関して、日本側は、年に一度程度、竹島問題に関する抗議文書を韓国側に送っている。



ソウル市の大学で英語教師を務めるビーバーズ氏は、日本政府が竹島を島根県に編入した一九〇五年以前、韓国の文書や地図に独島の表記がなく、韓国側が独島の古名は古文献や古地図に記されている「于山島」と主張していることに着目。

 その上で、韓国側の領土説の根拠を覆すことを証明した資料として寄せたのが、竹島の北西九十二キロに位置する韓国・鬱陵島を描いたソウル大学奎章閣が所蔵する古地図の三枚。
 このうち年代不詳の地図では、鬱陵島の東側に描かれた小島に「所謂(いわゆる)于山島」「海長竹田」と書かれている。「海長」は竹の種類を指すとみられ、于山島は竹が生えない不毛の岩の塊の独島ではないと指摘した。

 一八三四年の地図については、韓国の距離の単位である十韓国里(一里は〇・四キロ)の目盛りがあることに着目。于山島を示す「于山」は鬱陵島の東岸四キロで、距離的に独島ではなく、鬱陵島の付属島の竹嶼とした。

 竹島問題に詳しい国立国会図書館の塚本孝参事は「韓国在住者ならではの調査に基づく新たな発見を含んでいる。特に『海長竹田』と書かれた地図は、于山が独島でない証拠として貴重」と評価した。
 ビーバーズ氏は、「竹島の日」条例制定を機に韓国国内で反日感情が高まったことに疑問を抱き、竹島問題を研究。インターネット上で成果を発表している。



今日ボクが見た風景

今日ボクが見た風景




関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク