FC2ブログ

今日ボクが見た風景

撫順日本戦犯収容所の真実②

Category: 戦争  
一番最初に日本戦犯らに思想の教育を行ったのは呉浩然と張夢実で二人は管理所の職員だった。「撫順市誌」の記録によると1952年2月に周恩来総理は「これらの戦犯をしっかり教育し、罪を認めさせる」という指示の前に、呉浩然と張夢実はすでに管理所の中で戦犯学習組を開設していた。

 早稲田大学で卒業し、日本人の国民性を理解し、日本語堪能の元満州国国務総理大臣の息子張夢実さんは、レーニンが書いた日本語版の「帝国主義論」の本を「日本戦犯」達に勉強させる事をはじめて提案した。所・_然さんは「戦犯学習組」を開設し、80人余りの勉強することを望む日本人を、六つの学習クラスに分け、資料を渡して、討論させた。日本の大學に入れなかった大河原孝一にとって、収容所はまるで大学のような存在だった。彼は学習組のリーダーを勤めるだけではなく、25人のメンバーを集めて学習討論会を行った。


中国人が日本人を改造する第一歩は、いわゆる思想教育、つまりシナ共産党の思想を日本人の頭の中に注入、共産主義等の書物を見させて、日本は帝国主義国家や侵略国家であることを認識させることです。


戦犯管理所で日本人が水餃子を作る姿

今日ボクが見た風景


今日ボクが見た風景

日本人捕虜の思想教育の為、戦犯管理所で製作した日本語演劇

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク