FC2ブログ

今日ボクが見た風景

富裕層でブーム 野生動物を食らう中国人

Category: 中国  
「中国ではここ数年、珍しい野生動物を食べることが一部の富裕層の間で大流行しているのです」

  と語るのは広州の地元紙の記者だ。

 「元々、中国南部では珍しい動物を口に入れたがるといった風土がありましたが、03年のSARS(重症急性呼吸器症候群)騒動で一気に下火になりました。これが時間をかけて復活したのと同時に、今度は庶民の嗜好という次元とはまた一つ違った、さらに大きな需要が生まれてきているのです。それがアワビやフカヒレ、ツバメの巣、神戸牛などといった贅沢品を食べ飽きた富裕層の新しい趣味であり、また商談などの席から役人への接待として供されるための野生動物への需要なのです。この接待で大切なのは、味ではなく“稀少性”です。だから当然のこと珍種や猛獣などが好まれ、それらは例外なく絶滅危惧種として扱われる動物です。このことがいま、中国と国際社会との間で新たな大きな摩擦の種となりつつあるのです」

生きるために動物を売買する貧困層
 野生動物食は中国語で「野味」と呼ばれる。同じ鴨でも家畜と野生では値段が大きく違ってくるほど、中国では圧倒的に野性が珍重される。背後には、経済発展を遂げた中国に生まれた成金が札束に物を言わせて世界中から野生動物をかき集めているといった事情があるのだ。

 もちろん中国政府がこれを容認している訳ではない。

 「政府は、むしろ厳しく取り締まろうとしているのです。しかし、動物保護のために金と人をかける。そんな発想を国民が広く理解しているのかといえば、それはまったく期待できない。なかでもある種の貧困層の人々にとっては、自分が生きていくのに必死なのに動物を獲ったり売買したりすることを躊躇う理由など見当たらないでしょうからね」(北京の国務院関係者)

 珍しい食材を追及してゆけば、世界の中での摩擦は避けられない。中国国内では国が定めた国家保護動物という法律の網をかいくぐることとなり、国際的にはワシントン条約を始めとした多くの条約やそれぞれの国が定めた動物保護の法律とぶつかることになるからだ。

 自然、野生動物の売買は地下に大きなマーケットを形成することになるのだが、そうなると余計に稀少性が増し、ますます需要が高まっていくという悪循環に陥っているのが中国の現状だ。

では、実際にどんな動物が中国の富裕層や権力層に好まれ、犠牲になっているのだろうか。

 まず挙げられるのが、食用以外にも漢方薬としての需要が高い東北虎(シベリアタイガー)だろう。東北虎のほかには、チンチラやマンシュウアカジカ、麝香(じゃこう)鹿、熊といった動物がロシアから国境沿いに密輸されてきているという。

 ロシアと並んで取引の多い東南アジアからは、大蛇のボア、大トカゲ、センザンコウ、ワニ、そして孔雀などが大量に入ってきているという。

 中国国内では、センザンコウやチベットカモシカ、そして別名『空飛ぶパンダ』と呼ばれる希少種で国家二級保護動物として知られるシロハラヒメハヤブサといった動物までが狙われているという。

 食用ではなく漢方薬の原料や装飾品としては、アフリカからカバの牙やサイの角なども大量に密輸されている。

 国内で消費されるのではないが、あの人気者のジャイアントパンダ――東南アジアの華僑向けに毛皮を出しているとされている――でさえ密猟のターゲットにされているのだから凄まじい世界だ。

中国のモラルハザードが国境を超え世界へ
 トラやサイなどは本格的に絶滅が危惧される動物で、その保護には国際的な目が注がれている。それゆえに問題が深刻化してゆけば、「野味」を入り口として再び世界中で〝中国異質論〟が燃え上がってゆくことも十分に予測できるのだ。

 問題は中国の抱えるこうした国際社会との間の常識のズレが、財力を背景にどんどん外国に輸出され続けるのではないかと心配されていることだ。世界から貧困がなくならない限り、中国のモラルハザードは、いとも簡単に国境を越えて世界に広がってゆく。このモラルハザードは貧困との親和性が強くアンダーグランド化しやすいため規制することも簡単ではないのだ。

 経済力が世界からきれいごとを駆逐する。中国と向き合う上で避けて通れない挫折をまた一つ世界が味わうことになるのだろうか。

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク