FC2ブログ

今日ボクが見た風景

中国オリジナルガンダムの生涯(笑)

Category: 中国  

      中国で模倣ガンダム?

今日ボクが見た風景

中国四川省成都市の遊園地に登場したガンダムにそっくりな巨大ロボット立像(左)

と「静岡ホビーフェア」で展示された本物の“等身大”ガンダム(C)創通・サンライズ


2010.12.18 17:06



「機動戦士ガンダム」にそっくりなロボットの巨大立像が中国四川省成都市の遊園地に登場。


本物と違って金色だが姿形は酷似。

著作権侵害の疑いがあり、ガンダムの版権を管理する日本の会社は調査を始めたが、

遊園地は「模倣ではなくオリジナル」と強弁している。

成都郊外の遊園地「国色天郷楽園」で、像は高さ15メートルほど。

金属枠にナイロン布を張ってつくられ、ほぼ完成。

夜間はライトアップして像を光らせるようになっており、

園によるとクリスマスに向けて半年前から建設を進めていた。

 顔つきや体格、細部もガンダムそっくり。

東京・お台場や静岡市に登場した高さ18メートルのガンダム像をほうふつとさせる。

ガンダムは中国でも一部で人気があり、ネット上で「模倣ではないか」と批判が出ている。

広報担当者は「ガンダムのまねではなく自分たちでデザインを考えた」と主張。

ガンダムの版権を管理する創通は「事実関係を調査中」としている。

(共同)



      模倣ガンダムの顔隠す 

          「当初のイメージと違う仕上がり。修理中」

          と中国・四川の遊園地 

今日ボクが見た風景
2010.12.20 13:38

 中国四川省成都市の遊園地「国色天郷楽園」が人気アニメの「機動戦士ガンダム」にそっくりな巨大立像を建設している問題で、同園が20日までに、像の顔の部分を布で覆い隠す措置を取ったことが分かった。同園は「修理中」としている。

 模倣との批判が高まったため慌てて対応に乗り出した可能性があるが、同園の広報担当者は修理の理由を「当初イメージしていたものと違う仕上がりになったため」と説明している。

クリスマスに合わせて完成予定だった。

修理が終わる時期は未定だという。

(共同)




中国の偽ガンダムを突然撤去…

関係者

「そんなの知らない」

2010.12.22 08:30


『なんちゃってガンダム』が消えた。

中国四川省成都市の遊園地「国色天郷楽園」が、

人気アニメ「機動戦士ガンダム」の丸パクリとみられる巨大立像を建設していた問題で、

同園が21日までに“モノ”を撤去していたことが明らかになった。

同日、複数の海外メディアが伝えた。


日本のマスコミが騒ぎ始めたことで、手際のいい対応に出たとみられるが、

同園の中では『なんちゃってウルトラマン』なども目撃されており、

これで一件落着とはいきそうにない。(サンケイスポーツ)


 世界中から「パクリ文化」と揶揄され、冷たい視線にさらされてもなお

軸はブレなかった中国が、なぜか今度は急に“引いて”しまった。


 四川省成都市の遊園地「国色天郷楽園」で、

ひときわ目立っていた高さ約15メートル巨大立像『なんちゃってガンダム』が、

海外メディアによると、21日までにこつ然と姿を消した。

 前日(20日)には、その姿が確認されていた。

日本のマスコミが「偽ガンダム疑惑」を連日報じたことで、同園が慌てて対応。

立像の顔に覆面をかぶせて「修理中」とした。

この件に関して、同園広報部は「当初イメージしていたものとは、

違う仕上がりになってしまったため」と説明。

クリスマスに合わせて完成予定としていた。




お粗末

(爆)

関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク