今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞が戦後65年間でやらかした捏造・犯罪まとめ

Category: 報道  
・北朝鮮地上の楽園報道、中国文化大革命礼賛、ポルポト政権礼賛
・南京大虐殺中国のいいなりで報道して政治問題化推進
・靖国参拝政治問題化推進、


1950年
・行方不明の共産党幹部伊藤律とのインタビューを捏造


1972年
・浅間山荘事件で救出された牟田泰子さんの病室に盗聴器を仕掛ける


1981年
・大手建設会社懇談会盗聴機設置事件


1984年
・南京虐殺元上等兵の日記捏造


1989年
・サンゴ捏造


1991年
・従軍慰安婦捏造開始、親に売られたと言っているのに強制連行と捏造して第一報、
吉田清治を善意の証言者に捏造('92)、数ヶ月前から分かっていたネタで軍「関与」証拠発見記事宮沢訪朝5日前に大スクープ('92)


1992年
・西部本社社会部記者(44)が停車中の車を無断運転、福岡県警が窃盗現行犯逮捕


1994年
・社会部山川幸生容疑者(30)逮捕。女子中学生を自宅に誘い、いかがわしい行為をして、その場面を無理やりビデオ撮影。


1995年
・石原信雄への祝儀袋捏造





1998年
・中田選手に引っかけ取材で君が代を侮辱させる


2000年
・学芸部内藤好之容疑者(57)を器物損壊現行犯逮捕、
・経済部古屋聡一容疑者(30)を傷害現行犯逮捕、
・広島吉田圭、核問題に関する解説記事中国新聞からの盗用、
・広告第五部次長、加藤芳浩容疑者(39)公然わいせつ現行犯逮捕


2001年
・KSD架空会員名「家康も五右衛門も」と捏造、
・名古屋本社整理部鍋谷督成容疑者(39)大麻取締法違反で現行犯逮捕、
・本支局員渡辺和彦容疑者(29)を住居侵入現行犯逮捕


2002年
・中田選手引退捏造
・週刊現代が朝日政治部記者の国会記者会館駐車場私的利用を暴露


2003年
・経済部記者、畑川剛毅が中国企業の美化記事を書き、未公開株を取得
・製作本部東京印刷部員大霜好直容疑者(53)を都迷惑防止条例違反(痴漢行為)の現行犯逮捕
・スポーツ部吉岡英児容疑者(50)を傷害で逮捕
・週刊新潮2月20日号、天声人語が個人ホームページや書籍から盗用していたことを暴露
・曽我ひとみさん住所盗み見して無断掲載
・地村夫妻との会話を無断録音して記事作成





2004年
・「俺は新聞記者だ!このことは記事にする!」と道交法違反の東京本社経済部山田遣人(29)が警察に圧力罰金刑、
・天声人語のインターネット記事盗用を東京地裁が認定、
・販売所配達員の本間直人容疑者(24)、金を無心する目的で風俗嬢を軟禁・暴行・殺害で逮捕
・「朝日販売開発」常務の村井靖人容疑者(59)、男性駅員の態度が悪いと言いがかりをつけ暴行で逮捕
・東京慈恵会医科大関係者取材を無断録音、第三者に漏洩、
・販売所販売員の日下部幸範容疑者(25)、女子大生に果物ナイフを突きつけ、現金・携帯を奪う。強盗容疑で逮捕
・日刊スポーツ(朝日関連会社)元記者の船山元一容疑者(34)、会社員女性へのストーカー容疑で逮捕
・朝日新聞社発行の週刊誌「アエラ」の1月26日号の記事「コンビニ前できょうも『友食』」でやらせ写真を掲載
・販売店従業員の浜下晃司容疑者(26)、女子高生を車に引きずり込み脅迫・強姦で逮捕
・夕刊コラム「経済気象台」読売新聞コラムから盗用、
・東京本社地域報道部員脇本慎司容疑者(44)を強制わいせつ現行犯逮捕
・サマワの陸上自衛隊宿営地内に迫撃砲弾が撃ち込まれたと捏造
・邦人記者らを輸送する「行動予定」を、4月15日に報じて自衛隊から抗議される
・女子十二楽坊が曲を無断使用し、著作権料も未払いと捏造
・東京本社経済部の山田遣人記者(29)、通行規制に対する取り締まり反則金を納付せず、道交法違反で在宅起訴
・NHK番組改変問題を捏造。安倍晋三・中川昭一両議員の失脚を図る





2005年
・浅間山荘事件被害者に対する朝日新聞記者の盗聴を、週刊新潮3月10日号が暴露
・若宮啓文論説主幹(57)がコラムで「竹島を韓国に譲歩して友情の島にしよう」と提案
・上海支局員の塚本和人記者、HPの採用情報のコーナーで海賊版DVD購入を激白
・サラ金業者武富士からウラ広告費として5千万円を受け取っていた事実を週刊文春4月7日号が暴露
・農林水産省令で捕獲が禁止されているコククジラを朝日新聞がヘリで追込漁したせいで定置網で死亡
・朝日新聞秋田版で、毒草のトリカブトと山菜のシドケのカラー写真を取り違えて掲載
・東京国税局が、朝日新聞社に対して11億8000万円余りの申告漏れを指摘し、重加算税を含めて追徴課税
・「天声人語」が、吉田満著「戦艦大和の最期」の捏造箇所"手首斬り"を史実のように転載
・「マンガ嫌韓流」「マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究」を売上ランキングから抹消
・田中康夫長野県知事と亀井静香が会談したと捏造
・衆院選公示前に立候補予定者の個人情報入り調査表を学校にFAXで誤送信も、マスコミの問合せがあるまで謝罪せず
・小泉首相の靖国参拝に関し社員2人が喧嘩。暴行された側が110番通報を試みるが携帯を破壊される
・朝日新聞主催のシンポジウム「中国の台頭と日米同盟」の応募はがき75通を社内で紛失し、個人情報流出
・大阪中央販売桜宮支店で、購読者ら約3000人分の個人情報が入ったデスクトップ・パソコンが盗まれる
・靖国参拝に関する10月21日の暴行事件で、暴力をふるった社員(43)が傷害容疑で書類送検される
・「朝日新聞の一面トップに掲載された数々の記事は全て異なる事実経過だった」と報じた週刊新潮の広告掲載拒否




2006年
・「なぜかまた『自殺』朝日新聞『販売店主』の悲鳴」の週刊新潮広告を「朝日」の文字を白塗り隠蔽
・秋山耿太郎社長の長男の秋山竜太容疑者(35)、合成麻薬MDMA服用。大麻所持。麻薬取締法違反で逮捕
・藤森研編集委員の息子(18)が大麻取締法違反で逮捕されていたことを週刊文春4月27日号が暴露
・高校野球のスコアラーなどのアルバイト約170人分の個人情報が、ウィニーを通じてネット上に流出したと判明
・グループ会社の通信販売会社「朝日パル」が、ズワイガニ詰合せ商品の産地偽装。景品表示法違反で排除命令
・「ジャガイモは韓国起源」と捏造
・靖国神社職員のプライバシー情報を記事に掲載したため、小泉首相参拝時の朝日記者・カメラマンを立入禁止・取材拒否
・甲府総局記者の中川裕史容疑者(27)、酒気帯び運転。道路交通法違反の疑いで摘発
・朝日主催オペラ公演で、出演契約もない"目玉商品"を公演日に「健康上の理由」で代役にする詐欺を週刊新潮が暴露
・社会部記者(41)、和歌山談合の井山義一被告(56)から餞別等として15万円を受け取っていたと判明





2007年
・「沖縄県民の民意は本州からの独立を望んでいる」かのように捏造
・朝日オリコミ大阪取締役総務部長の四方豊容疑者(58)、タクシーで同乗女性に抱きつきキス。強制わいせつ容疑で逮捕
・週刊朝日で、安倍首相が長崎市長射殺事件の射殺犯と関係があるかのように捏造
・朝日新聞社、8億円の申告漏れ
・朝日新聞社AERAが「中国の『毒』は日本から」というタイトルの記事を掲載
・朝日新聞からウィキペディア修正820件発覚。厚労省の8倍
・「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる」と捏造(アサヒる)
・JR御茶ノ水駅での中国人による殺人未遂事件を、朝日新聞だけ「人身事故」と報道



2008年
・「五輪前 どうにも邪魔な 生き仏」という川柳を掲載
・川柳に関する抗議文を市民から受け取ると約束したが、「約束していない」と捏造し、受取拒否
・陣内紀恵記者、光市母子殺害事件の死刑判決で「死刑に対するハードルが下がったが、どう思う?」と遺族へ質問
・秋葉原通り魔事件で、警官が無抵抗の犯人に拳銃を向けたかのように捏造
・本社グループ戦略本部長補佐の平井隆昭容疑者(56)、乗車禁止場所でタクシー乗車を断られ、腹を立て運転手を殴り逮捕
・宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を「死に神」と報道
・四コマ漫画で鳩山邦夫法相を中傷・挑発
・「解説書に‘独島’記述するな」と、君島教授が朝日新聞に寄稿
・初の赤字転落。純損益103億円の大幅赤字。日本中から喜びの声が相次ぐ
・朝日新聞の関連会社役員、小田急線で痴漢





2009年
・西部本社福岡本部管理チームの久和英司容疑者(50)、元部下の女性の車にペンキをかけ器物損壊容疑で逮捕
・週刊新潮韓国は在韓米軍に慰安婦(売春婦)を提供していた…ニューヨーク・タイムズが1面で報じるも朝日新聞は黙殺
・朝日新聞社、カラ出張の架空経費などで4億円所得隠し
・本社編集局員、差別表現をネットに投稿 (2ちゃんねるに投稿49歳の春)
・朝日新聞社から「2ちゃんねる」へ荒らし行為…記事の書き込みに規制
・「2ちゃんねる」の規制解除後に必死に火消し工作する姿がねらーに逐次観測される
・対局中の羽生名人に朝日委託記者がサイン求める
・朝日新聞2年連続赤字。最終損失と経常損失を計上したのは連結決算の公表を始めた12年3月期以来初めて
・台湾を中国領土の様に記載→後日「訂正」でなく「おことわり」と記載するも領土問題は訂正なし。
・朝日新聞社員(朝日東京プリンテックに出向中)、関口徹容疑者(33)児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕
・asahi.comで、8月29日の自民党麻生総裁の選挙遊説日程を誤った時刻で掲載。
・海自護衛艦と貨物船衝突事故、韓国人船長のコメントを削除。証拠のネット魚拓を取られ元に戻す





2010年
・【独自】調査で外国人参政権、賛成6割→実は沖縄県名護市での調査→やっぱり全国調査と悪質な偏向捏造報道
・バンクーバー五輪・カーリング女子日本代表チーム青森の非公開練習を盗撮、出入禁止処分
・大阪府和泉市の朝日新聞販売店「ASA北池田」の新聞購読者の個人情報約7千件がネット上に流失
・「マニ教『宇宙図』確認」で共同通信社の記事を盗用
・朝日新聞記者、酔ってタクシー運転手殴る
・同級生殺害事件被告の少年の横顔をイラスト描写→法廷イラスト禁止処分
・朝日新聞社長室主査(46)、電車内で被害者と目があい殴打。傷害容疑で逮捕









朝日新聞が中国賛美記事を書き始めた頃の

朝日新聞の社長はなんと
「中国系帰化人」。
ちなみに、戦前の朝日記者の尾崎秀実は
近衛文麿政権のブレーンという要職にありながら
ソ連スパイのゾルゲと共謀していた。

尾崎は日本とアメリカに
支援を受けた国民党軍とが
中国で泥沼の紛争になるように
メディアで論陣を張った。
その結果、世論に押されて日本は対米戦争へ突入。
日米双方で数百万の命が失われて、
日本と米国は共倒れとなった。
日米欧の国力が損なわれたアジアでは、
共産主義陣営が広大な地域を支配下に入れて漁夫の利を得た。

朝日新聞は日本人の敵。
朝日新聞は自由と民主主義の敵。
日本の政治家を叩いてる朝日の記者や編集者は●処分していくべき。












戦時中は100人斬捏造までした戦意高揚記事を書き、

戦後は反日キャンペーンという掌返し。


もはやジャーナリズムとは無縁なプロパガンダ機関。











そりゃ殺傷事件も起きるわな 

こんなクズの集まりの新聞社じゃwww










赤報隊事件も本当は

自作自演の自称被害者を演じるための作戦だったんだろ




私たち日本の平和を願う新聞社は右翼から圧力を受けています



ここでいう「赤報隊事件」とは、1987年から1990年にかけて

「赤報隊」を名乗る犯人が起こした以下の事件を指す。


朝日新聞阪神支局襲撃事件
朝日新聞名古屋本社社員寮襲撃事件
朝日新聞静岡支局爆破未遂事件
中曽根康弘・竹下登両元首相脅迫事件
江副浩正リクルート会長宅銃撃事件
愛知韓国人会館放火事件







自称被害者の演出は特亜野特徴w



















これは酷い。
営業停止処分もしくは廃刊処分が妥当だな。













存在してはいけない新聞社だと思うのだが







朝日新聞の葬式待った無し










過激な言葉は使わないけど、朝日なんて取るのはやめた方がいい。報道機関としての能力がない。
関連記事

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。