今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人には理解不能?!かくも卑しきコリアン根性「半万年の歴史を持つ偉大な韓民族」

Category: 韓国・朝鮮  
虚言、詐欺、相互不信、空理空論、無恥、卑屈、臆病…これが

「半万年の歴史を持つ偉大な韓民族」の正体だ-。(評論家・黄 文雄 月刊正論11月号)



裏切りと不信の国民性



 韓国の李明博大統領の竹島上陸と天皇に対する非常識な発言に、日本人が怒り、

抗議の声が広がっている。


嫌韓感情の高まりというよりも、「この国はだめだ」という諦感が定着し始めているのは、ごく当たり前のことだ。

 戦後、日韓基本条約を結んだにも拘らず、歴代の韓国大統領は日本に対し「謝罪と反省」を執拗に求め
続けてきた。一方の日本がいくらそれに応じて謝罪を行事化し、明文化をくりかえしても、韓国の反日感情は
収まらない。

 金大中、盧武鉉両大統領の2代10年にわたる親中、親北、反日、反米の左翼政権から商人出身の
李明博大統領の代になって、本人も「韓日の過去」のいざこざに終わりを明言し、日本もこれで両国関係は
正常化に向かうと期待していた。だが、李明博の8月以降の豹変ぶりと異常な言動にまともな日本人は愕然とし、「また裏切られた」という念が強い。「李明博までも」という韓国人への不信感は募る一方である。

 李明博大統領の異常な言動を巡り、私がすぐ連想するのは、フランス神父ダレが著した『朝鮮事情』(原題
『高麗史』)の中の記述である。ダレは同書の中で、「五十人による陰謀は、たいていその共同謀議者の四十九人から暴かれる」という、朝鮮人の「不信と裏切り」の国民性を描いている。

 朝鮮史上二回にわたる「胡乱」は有名である。満蒙八旗軍と戦って敗れた朝鮮は、「迎恩門」や「慕華館」、
「頌徳碑」まで作らされる屈辱を受けた。しかしこれは、元をたどれば後金国の2代目ハーン・フォンタイジの、
朝鮮から受けたいじめと裏切りに対する復仇であった。「胡乱」は満蒙八旗軍による半島蹂躪の歴史というよりも、朝鮮人が持つ裏切りと不信の国民性を象徴する歴史事件と読むべきだ。

 戦後、半島の北も南も、エリート層にしか使いこなせない漢字を全廃し、ハングルのみ国字にしたのは、民族を育てていくのに必要不可欠なことだった。当時、中国でさえ簡体字化、将来のラテン文字化を目指していた。
文豪魯迅までが、「漢字滅ぼせずんば中国滅ぶ」と遺言をのこしている。交信メディアの転換は近現代にかぎらず、人類史上よく見られることだ。

 だが、結果としては、漢字廃止後の「ハングル世代」と呼ばれる世代は真の国史を知ることができなくなり、
「捏造」「創作」の国史しか知らないという状況を生み出した。「韓国半万年史」の中で、高句麗史、渤海史
以外には、真実の記述が乏しく、人物としては朴正煕しかいないというのが、中立な私の眼から見た韓国である。



「日帝36年」は超安定社会



 李明博大統領の「もし天皇が訪韓したいならば、殺された独立運動者に謝罪を」という旨の発言は、

韓国なら通用するかも知れないが、外国ではその知性だけでなく品格まで疑わせるものだ。

 ソウル・オリンピックの時から韓国は「天皇訪韓」をあたかも日本の「義務」であるかのように要請しつづけてきたが、逆に日本から求めたことは1度もない。また、「殺された独立運動者」というが、日韓合邦以来、義兵運動から反日ゲリラに至るまで、法によって刑罰に処された者よりも内ゲバで殺された者のほうが多かった。

反日、抗日、建国運動の指導者として活躍していた呂運享、宋鎮禹、金九らは、いったい誰に殺されたのだろうか。


独立運動家はほとんどが同志や政敵に暗殺されたのではないだろうか。

 戦後、韓国は「日帝三十六年の七奪」(主権、国王、土地、姓氏、生命、国語、資源の七つを奪った)を

はじめ、強制連行やら従軍慰安婦を反日、克日のお題目として唱え、国造りのテコにしてきた。

竹島は戦後李承晩ライン以後に韓国の領土とされたものである。



国民国家の時代以来、いかなる民族も国家も強国、大国志向である。

英仏だけでなく、オーストリー・ハンガリー帝国、チェコスロバキア、ユーゴスロバキアも同君合邦国家だった。福沢諭吉の「脱亜論」の数年後に刊行された樽井藤吉の「大東合邦論」は日韓清とも「同文同種同俗同州」のアイデンティティの下で違和感はないと主張していた。

日韓合邦も双方に賛否両論ある中で実現したものであり、一方的な強制だったとするのは言いがかりだ。


日韓合邦は「東亜の永久平和」への礎としてむしろ列強がそろって賛同し、

利害関係の強い清露さえ異議を唱えなかった。

 また実際にも、戦後韓国が主張するような「七奪」どころか、人口も食糧も倍増し、主権も拡大、

史実としては 「七恩」あるいは「七布施」と称するべきものだった。

 戦後の李承晩大統領以降、次代の大統領が先代を粛清することはすでに韓国政治の掟となり、

宿命ともいえる。


しかしそれは戦後から始まったことではない。李王一族をはじめ両班に至るまで繰り広げられる朋党間の争いは朝鮮名物のようなもので、宿痾だった。李朝500余年にかぎらず、高麗朝からさらに檀君開国まで遡っても、内ゲバが半島史の宿命だった。

 ではなぜ「日帝」の時代が半島史上未曾有の、いや空前絶後の超安定社会となったのか。

その理由はただ一つ、朋党間の争いが半島から排除され、場外乱闘に変わったからだった。

それが戦後になってまた再燃しただけのことである。ハングル世代は近現代史を語るのに際し、

その掟から知るべきだ…。




続きは月刊正論11月号でお読みください



 ■黄文雄氏 1938年、台湾・高雄県生まれ。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。
1994年巫福文明評論賞、台湾ペンクラブ賞受賞。主な著書に『日本人が知らない日本人の遺産』『韓国は
日本人がつくった』など多数。近著に『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』。

以上



http://sankei.jp.msn.com/life/news/121018/bks12101803010000-n1.htm








>満蒙八旗軍と戦って敗れた朝鮮は、
「迎恩門」や「慕華館」「頌徳碑」まで作らされる屈辱を受けた。

>しかしこれは、元をたどれば後金国の2代目ハーン・フォンタイジの、
朝鮮から受けたいじめと裏切りに対する復仇であった。

>「胡乱」は満蒙八旗軍による半島蹂躪の歴史というよりも、
朝鮮人が持つ裏切りと不信の国民性を象徴する歴史事件と読むべきだ。

  ↑ ほんと、なにごとも自業自得な朝鮮人ww









凄げーー 直球

ワロタwwwwwwwww







何!?この正論!って、思ったら台湾人だったでござる。さもありなん








じつに正論で清々しい。さすが黄先生ありがとうございます。









41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/10/18(木) 12:29:39.98 ID:UHVO6A6P
だったら東京裁判で戦犯国として日本が裁かれた事実をどう説明するんだ?
韓国が怒るのは当然だろ







あんなものは事後法によるリンチだから。
あんなことが成り立つのは、親日法が成り立つ韓国だけw






戦犯として裁かれた日本人はいましたが、
日本国が裁かれた事実はありません。

そういえば、朝鮮人も多くの戦犯を出しましたね…w







原爆がセーフでバターンがアウトな東京裁判って意味無いよな






バターンに問題があるとするなら、

それは捕虜を乗せて走ることができる大型車両が開発されていなかったことです。








ガソリンも止めちゃえよ
回線も切っちゃえよ







65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2012/10/18(木) 12:41:56.82 ID:B+YOy8GW
まーたw台湾人による媚日記事かよwww
属国根性が抜けねーなw






72 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/10/18(木) 12:44:05.30 ID:9qZKemc8
週刊誌なら別にいいよ

新聞がこんな下種な内容の記事を書くってのが信じられないの
日本の品位をどれだけ下げたら気が済むんだよ産経は・・・








月刊誌の記事で、産経紙面には載ってないが、何か問題でもあるのか?








正論だから問題なしです。



朝鮮人は自覚を持ちなさい。






75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/10/18(木) 12:45:26.46 ID:OA+bsQaE
日本人は、韓国史は韓民族は世界最優秀民族であるという公理から出発して歴史を解釈すべきである。








お断り



朝鮮半島だけでやってろよw








100年間親身に面倒を見た結果がこれだ。
もういいわ 之の民族と国家は駄目だな。
と私は痛切に感じております。
日本人が貧しい時代に身を切って援助していた歴史があった。
戦後は85兆円の貸付が残額としてある。
一方的に損が積み重なる関係である。
こうなったのはアメリカからの指図があったのだがアメリカ自身も
国としてスッパリ切る覚悟を決めているようだ。








>嫌韓感情の高まりというよりも、

「この国はだめだ」という諦感が定着し始めているのは、ごく当たり前のことだ。


色々かいているが、これが全てだな








だめだ、ってのは、

もう完全に見切りなんだよね。
今の情報の劣化しない社会においては。

尼が崎の日本人家族大量殺人 乗っ取りの朝鮮人のあの手法、
かなり、練りこまれた手口だし。








シナ、朝鮮から金や便宜を受けている政治家、元政治家、官僚がいる

こいつらを政界、官界から一掃すべき








「田岡一雄自伝 電撃篇」(田岡一雄 一九七一年初版 徳間書店)よりの引用
その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。
 敗戦の報に茫然自失する市民とは対照的に、これまで過酷な労働で軍部から抑圧されてきた第三国人たちは欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
 その日の午後七時。徒党を組んだ三国人は国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件を起こし、婦女子を暴行し、わがもの顔に跳梁しはじめた。
 三国人たちは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街をのし歩いた。
 通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ半殺しにし、 無銭飲食をし、白昼の路上で見境なく集団で婦女子を暴行する。善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
彼ら不良三国人は旧日本軍の飛行服を好んで身につけていた。 袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。
 腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげ、略奪、暴行をほしいままにした。
  警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」








戦後からの在日コリアンの恐ろしい実体を全部、報道しろ。

パチンコ業を認めるか廃止するかの国民投票を実施してほしい。
在日の永住権を認めるか認めないかの国民投票もしてほしい。

そして一日でも早く、日本を正常に戻しほしい。







新聞もテレビも出せない◯ンコみたいな歴史なんだよね
モザイクをかけているのがNHKとか朝日新聞







中国の歴史教科書の偏向した内容について、
黄先生に徹底的に暴いてもらいたいな。


関連記事

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。