今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南京30万虐殺、慰安婦…ウソを実証つきで暴かれると怒る中国・韓国の屈折」

Category: 歴史  
★筑波大学大学院教授・古田博司 日本軍と戦わない屈折が反日に

・中国の野蛮と韓国の野蛮が世界を騒がせている。彼らは日本人が面子をけがしたと言っているが、彼らはウソを
 つくことを恥と思わない。ウソや虚構が後戻りできないほど否定されたときに初めて恥を感じ、元の面子を取り返そうと怒りだし躍起になるのである。

 近代史上、韓国は日本軍と戦ったことがない。韓国が主張する戦いは1920年の青山里戦闘1回きりで、敵は
 朝鮮人匪賊だった。当時の満州には、このようなアウトサイダーがあちこちにいた。対日戦争を独立戦争として戦ったのは北朝鮮の故金日成国家主席と仲間たちだけだ。青山里の戦闘で勝ったというウソを定着させようと韓国は骨を折ってきたが、戦場に残ったのは日本軍であった。敗けた方が戦場に残る道理はない。

 韓国が英雄として誇るのは、あとは爆弾魔のテロリストだけだ。有能な人材は全て日本の近代化に参画したから、
 放浪者しか残らない。その放浪者の爆弾テロリストを英雄に仕立てなければならないのは、今の韓国の悲哀である。

 長く英国支配に抗してきたアイルランドでは、このような卑劣を正義とは見なさない。ダブリンにある旧英総督府は、1916年の「イースター(復活祭)蜂起」の記念館になっているが、掲げられている英雄たちはみな蜂起の指導者で処刑された者たちである。

 中国人で日本軍に正面戦を挑んだのは、国民党軍であり、共産党軍ではない。中国研究者たちは1990年代後半から戦いを主導したのは共産党だという恥ずべきウソに加担したが、今では正常心に戻っている。中国にいた日本軍を勝者として武装解除したのは、国民党軍であり、満州の方を武装解除したのは、旧ソ連軍である。共産党軍は日本軍の武器をソ連軍から供与され、この火力で戦後、国民党軍を台湾にたたき出した。


 共産党軍が主張する戦いは、40年の百団大戦ぐらいのものだ。国共合作で国民党の援助を受けながら大敗し、
 その後、執拗な日本軍の追撃を受け、党内でも批判された。中共の主力部隊が延安の山に逃げたことを、彼らは
 「長征」というが、征服した地はない。「長遯」がふさわしいだろう。満州にいた中共軍は44年までに、日本軍によって全滅した。第二軍の一司令官だった金日成氏は40年頃、国境を越えソ連領に逃れている。

 日本が敗戦したのは国民党の中華民国であって、共産党の中華人民共和国ではない。私は東京裁判自体は正しい
 ものだとは思わないが、戦勝国として戦犯たちに臨んだことは、台湾住民に勝利の記憶を残したことであろう。この記憶が台湾人の心をすっきりさせている。だから、彼らは反日である必要性を持たない。今日に至るまで親日だ。日本軍と正面切って戦わなかった者たちが、今も反日でしこっているのである。

 韓国は日韓併合は強制であり、不当だと言った。だが、当時の李朝の国庫は空であり、どうしようもなくなった王が
 日本の提案に妥協し5人の大臣に丸投げしたという史料が、3カ所から出てきてしまった。国権強奪はなかった。
 土地収奪はソウル大の経済史教授が否定した。日本時代は、韓国に年率3・7%の経済成長をもたらし、民法典を
 与え所有権を確定した。確定した側が所有権を無視し、土地を奪うはずがない。朝鮮で取れたコメは経済原理に則って日本に輸出されたのだと、教授は主張した。台湾の植民地統治は成功だったが、朝鮮のは失敗だったという、日本の
 左派学者たちの韓国の反日擁護の構図は崩れた。

 日本の植民地統治は成功し、朝鮮を近代化させた。米ハーバード大教授がさもなければ、どうして戦後韓国の
 企業家が順調に育つことができただろうか、と疑問を投げかけて、日本時代の民族資本家たちの活躍を本に描いた。
 この本は今も、韓国では禁書である。

 日本軍と戦わなかった者たちは自らの正義の記憶がない。中国は南京事件を捏造する日本の市民派新聞に
 飛びつき、韓国は従軍慰安婦のウソに搦め捕られた。日本の左派知識人やマスコミは結局、彼らの卑劣さを
 助長したのである。

 南京事件の被害者数は年々増加する。戦闘1週間で30万人も殺せたならば、戦争はすぐに終わってしまうだろう。
 中国軍はそれほど惰弱だったのだと侮蔑することもできる。だが、戦ったのは共産党軍ではない。国民党軍だった。
 歴史共同研究で話し合えば共通認識が得られると思い込んでいる人々がいる。だが、事実を明らかにする資料を
 示すと彼らは怒る。その時に初めて恥を感じ、面子を取り戻そうとするからである。日本側はウソ自体を恥じる。
 だから研究して会議に臨む。「恥と面子の平行線」である。第二期日韓歴史共同研究委員会では、日本側が
 韓国の歴史教科書の元ネタが日本であることを実証した。その時、韓国側が「こんなこと、韓国の学界に知れたら
 大事になるぞ」と叫んだ。面子ゆえに、彼らはいつも戦わずして屈折するのである。

(ふるた ひろし)(以上、抜粋)


 http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101703180000-n1.htm




大虐殺ってどれさ?

548年 東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的破壊され大虐殺。
589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。
907-960年 十国五代時代 戦乱で南京(金陵)大虐殺続発。
1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺。
1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺。
1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺。
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。 
1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。
1949年 中共軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺。



中国共産党が虐殺した人の数 6500万人
(1997年にフランスで発行された『共産主義黒書』による)

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/kyosanshugi_kokusho.html








Barbarous acts of China and South Korea bother the world. They claim
that Japanese hurts their face, but they are shameless about
lying. And when their lies or fictions are completely revealed and
denied, they are beginning to feel shame and hassle others in order to
recover the face which they think they should have.

In modern history, South Korean had never fought against Japanese
Army. There is only 1 South Korean claim that they fought the Battle
of Qingshanli in 1920 against Japanese, but the real enemy was Korean
bandits. In these days Manchu, such bandits are everywhere. Only the
late Kim Il-Sung of North Korea and his company fought against Japan
for independence of Korea. South Korean take trouble to spread the lie
what they had won the Battle of Qingshanli, but Japanese army stood on
the battlefield. There is no reason for looser standing on there.

Rest of only one who South Korean proud is a terrorist bomber. Since
every able personal had joined the Japanese modernization of Korea,
the rests was only vagabonds. It is South Korean miserable that they
have to make the vagabond a hero.

Irish who have been registed British rule does not regard such the
nasty trick as a Justice. The former British government located in
Dublin is now a memorial museum about the Easter rising in 1916, and
is praising only the executed leaders of the rising.

The Chinese who mainly fought against Japanese army is Nationalist
Chinese Army and is not Communist Chinese Army. Since last half of
1990's, Chinese researchers had helped the shameless lie that the
Communist China leads the battle, but restored their sanity in these
days. Japanese Army was disarmed by Nationalist Chinese Army in China
as winner, and in Manchu by Soviet Army. Communist Chinese Army had
been given the Japanese Army's weapons by Soviet Army, and the
firepower leads their win and pushing Nationalist Chines Army in
Taiwan.

There are few Communist Chinses claims such that the Hundred Regiments
Offensive in 1940. Even they had gained supports from Nationalist
China under the First United Front, but they had been severely
defeated and was chased persistently by Japanese Army. This was
ciricized even in their Party. this event that Communist Chinses
mainforce unit run away into the mountains of Yan'an is called the
Long March by them, but there was no conquered lands. ``The Long
Escape'' is more suitable. Every Communist Chinese Army who stood in
Manchu was completely wiped out from there by Japanese Army until
1944. Kim Il-Sung who was a commander of 2nd division escaped through
border to Soviet territory about 1940.

Japan was defeated by Nationalist China, and not by Communist China. I
don't think that the International Military Tribunal for the Far East
is not justice, but the Nationalist Chinese saw the war criminals as a
winner, and might remain a memory of victory. This memory is backing
Taiwanese pride up. Thus they have no necessity for anti Japan
acts. They are still freandly to Japan. The peoples who did not fight
war against Japanese Army are gloomy in anti Japan acts till now.

South Korean claimed that the Japan's Annexation of Korea was enforced
and is unjust. But historycal materials found from three places, that
the budget of the these days Joseon was empty, the cornerd King
compromised Japanese offer and made wholesale delegation to five
ministers. There was no sovereignty robbery. Land exploitation was
denied by a economics professer of Soul university. Under Japanese
rule, Korea grown by 3.7% per year, a civil code was established, and
proprietary rights are enacted. There is no reason that the side who
enacted ignore the rights and explit lands. The professor clamed that
the rice which was produced in Korea was exportd to Japan under
economic principle. The Japanese leftist scholars defense about Korean
anti Japanese act was that the colonial government in Taiwan was
success but in Korea was fail, but that was denied.

The Japanese colonial rule succeeded Korean modernization. A professer
of Harbard University questioned that if it fail why after war South
Korean entrepreneur was grown without problem, and illsutrated the
activity of indegenous capitalists under Japanese rule in a book. This
book is banned in Korea still now.





関連記事

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。