今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暴かれた英雄の犯罪」李炳宗(ソウル)の署名入りレポート『ニューズウィーク』(日本版、00年4月12日号)

Category: 韓国・朝鮮  
韓国軍によるベトナム人虐殺
ニューズウィーク(1)2005.06.26 Sunday | category:ニューズウィーク
『ニューズウィーク』(日本版、2000年4月12日)には
韓国軍によるベトナム人虐殺のレポートが掲載された。
「ロン・モロー(バンコク支局長)」という署名入りのこのレポートは、
これまで紹介してきた日本人研究者の論著よりも、さらに凄惨な内容である。

 

今から33年前の1967年4月1日。グエン・バン・トイはびくびくしながら、ベトナム中部フーイェン省の水田で働いていた。
 当時、この地域では韓国軍が大規模な作戦を進めていた。韓国兵は農民を力ずくで追い立て、南ベトナム政権の支配下にあった沿岸部に無理やり移住させていた。
 だが、多くの村人は移住を嫌がった。トイのビンスアン村を含む5カ村からなるアンリン郡の農民も、先祖代々の土地を捨てるのは気が進まなかった。
 トイが農作業を続けていると、いきなり機関銃の銃声と手榴弾の爆発音が響いた。音がしたのはビンスアン村の方角。トイはあわてて身を隠し、あたりが暗くなるまで動かなかった。
 村に戻ったトイが目にしたのは、身の毛もよだつ光景だった。家は黒焦げになり、少なくとも15人の村人が血の海に倒れていた。多くの遺体は銃剣で腹を切り裂かれていた
と、トイ(71)は言う。
 そのなかには、トイの妻と3人の子供の遺体もあった。生後4日の末の子は母親に抱かれたまま、背中を撃ち抜かれていた。4歳の娘ディエムは銃弾を5発受けていたが、奇跡的に命をとりとめた。

 トイは遺体を近くの防空壕に運び、入り口を泥で覆った。ここが、そのまま墓になった。トイも他の村人も、「あまりに悲しすぎて」犠牲者を改葬する気にはなれなかったからだ。


 この虐殺の行われたフーイェン省はクァンガイ省と同じく、
ベトナム中部の省である。
ちなみに虐殺の行われたのは吉永長生氏が論文で明らかにした
虐殺(66年10月)よりも半年ほど後である。
 ここでも韓国軍は「三光作戦」さながらに、老人であれ、婦女子であれ、
幼児であれ、無抵抗のベトナム人を
手当たり次第に殺戮していたことがわかる。
これが日本人の非を声高にあげつらっている
韓国人の正体なのである。




ニューズウィーク(2) 首を切り落としてやる2005.06.28 Tuesday | category:ニューズウィーク
『ニューズウィーク』(日本版、2000年4月12日)に掲載された
韓国軍によるベトナム人虐殺のレポート。



 ・・・こうした残虐行為の結果、多くの人々がベトコンの陣営に加わった。67年、16歳のときに父親を

韓国軍に殺されたブイ・タイン・チャムもその1人だ。

 チャムは数人の韓国軍がアンリン郡の家に押し入る直前、裏口から脱出した。韓国兵は70歳の年老いた父親を捕らえ、防空壕に押し込むと、すぐに手榴弾を投げ入れた。

チャムは日が暮れてから村にこっそり戻り、崩れた避難壕を掘り返したが、「

肉片しか見つからなかった」という。

 それから数週間、物ごいをしながらさまよったチャムは、山岳部にこもっていた共産ゲリラに加わる決意を固めた。「父を殺した奴らに復讐したかった。

韓国兵が村でやったことを見た以上、そうせずにはいられなかった」



 グエン・ゴク・チャウは83歳になった今も、憎しみを忘れていない。


67年5月22日、フーイェン省ホアドン郡のミトゥアン村で農業をしていたチャウは、

たまたま親戚のいる近くの村に出かけていた。

 そこへ前夜、韓国軍が村を攻撃したという知らせが届いた。

大急ぎで帰ったチャウが目にしたのは、

村人が井戸からバラバラになった遺体を引き揚げている光景だった。

犠牲者のなかには、妊娠中の妻と4人の子供も含まれていた。・・・(中略)

虐殺を隠れて見ていた老人の話では、

韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、助けを求める声を

無視して手榴弾を投げ込んだという。

チャウは、盛り土をしただけの簡単な墓に家族の遺体を葬った。

 「殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」

と、チャウは言う。

「韓国人は人間じゃない。目の前に現れたら、首を切り落としてやる」

レポートに書かれたフーイェン省ホアドン郡のミトゥアン村の虐殺もこれまで見てきた虐殺の事例と同じように、婦女子や老人など非戦闘員を

腹いせのために虐殺した事例である。

特に「防空壕や井戸にベトナム人を押し込み手榴弾を投げ込む」

という手口は、これまで判明したクァンガイ省ディエンニェン村の虐殺(66年10月)の

手口と共通している。

まさに犬畜生の所業と言わざるを得ない。




ニューズウィーク(3) 「補償より謝罪を」2005.06.29 Wednesday | category:ニューズウィーク

 『ニューズウィーク』(日本版、2000年4月12日)に掲載された

韓国軍によるベトナム人虐殺のレポート。



・・・ベトナムで虐殺行為を犯したのは、韓国軍だけではない。アンリン郡から海岸沿いに北へ向かえば、68年に米軍部隊が500人以上の村人を虐殺したクアン

ガイ省ソンミ村がある。

 それでも戦争体験をもつフーイェン省の村人の間では、米兵の評判は必ずしも悪くない。地方公務員のファム・トゥ・サン(47)は66年のテト(旧正月)のとき、米兵と一緒に遊んだりチューインガムや

キャンディーをもらったことを今も覚えている。

 だが米軍はこの年、フーイェンから引き揚げ、代わって韓国軍がやって来た。それから「67年のテトを迎えるまで、

韓国軍は殺戮を続けていた」と、サンは語る。「韓国兵に会ったら、死に出会ったも同然だった

」と、今は地元の退役軍人会の会長を務めているチャムも言う。

 アンリン郡の村人によれば、韓国軍はとりわけ女性にとって恐怖の的だった。韓国兵は残忍なやり方で女性をレイプしてから、殺すケースが多かったからだ。

 こうした残虐行為が明るみに出てきたことに、

ベトナム政府は神経をとがらせている。

 虐殺があったこと自体は、政府首脳も承知している。だがベトナム当局は、虐殺事件の報告書が国内で発表されることは望んでいない。友好関係にある

韓国政府はもちろん、ベトナムに莫大な投資を行っている大宇や現代、三星といった

韓国財閥の不興を買うことを心配しているからだ。

 ・・・(中略)さらに政府当局には、観光客としてベトナムを再訪する韓国の元兵士が増えている状況に水を差したくないという思いもある。だが、

韓国軍の残虐行為を目の当たりにした地元の当局者は、観光や経済発展のために真実を隠すべきではないと考えている。

 地元が望んでいるのは、

韓国政府の公的な釈明だ。たとえば韓国側から謝罪や罪を認める発言があれば、両国の絆はむしろ強まると、地元の人々は考えている。

 「韓国軍は、この地域にかつてない災厄をもたらした。犠牲者は銃を持てない老人や女性、子供たちだ

」と、フーイェン省のある当局者は言う。「私たちが望んでいるのは、物質的な補償ではない。それよりも共感と友好の姿勢を示してほしい。犠牲者が過去を忘れられるように」

 韓国軍のために流された罪なきベトナム人の血の量を考えれば、なんとささやかな要求だろう。

 韓国軍はただ殺戮だけをしていたのではなかった。

このレポートにもあるように

ベトナム人婦女子を陵辱し、虐殺していたのである。

そしてベトナム政府が、

どこかの国の政府のように「謝罪と補償」を求めないことをいいことに、

過去の罪過をついては口をつぐみ、「虐殺などなかった」と言い逃れ、

札束の力でベトナム人の口を封じている。

これが従軍慰安婦問題などで道徳の化身のごとく日本を非難し続けている

韓国人の正体なのである。






ニューズウィーク (4) 暴かれた英雄の犯罪2005.07.24 Sunday | category:ニューズウィーク

 『ニューズウィーク』(日本版、00年4月12日号)は、

ジョージ・ウェアフリッツ(東京支局長)、李炳宗(ソウル)の署名入りレポート

「暴かれた英雄の犯罪 」を掲載している。

その内容は「これまで韓国でタブーとされていた韓国軍によるベトナム人虐殺が

民主化の影響を受けて明るみに出つつある」というものである。

この見解の妥当性はともかくとして、このレポートにも

韓国軍による野蛮行為を明らかにしている部分があるので、引用することにする。

 

・・・そんな韓国社会に変化がみえたのは昨年のこと。朝鮮戦争中にアメリカ兵が行った残虐行為が暴かれてからだ。以来、

韓国人も自国の過去に目を向けはじめた。

 複数の人権擁護団体は韓国政府に対し、ベトナム戦争関連文書の公開とベトナム人被害者への補償を要請した。また具秀ジョン(ク・スジョン)がベトナムで資料収集にあたり、村人の証言を集めた結果、徐々に真相がわかってきた。

8、000人以上の民間人を殺した韓国軍の虐殺行為の数々も、明らかにされた。

 

 今年2月、KBSテレビは具の話をもとに、罪なき民間人を殺した元軍人が過去を語るドキュメンタリー番組を放送した。「村で娘を連れた若い男を見つけた」。苦悩に打ちひしがれた様子で、ある退役軍人は語った。「上官は私に、男を殺せと命じた。それも、7歳ぐらいの娘の目の前で。私にはどうしてもできなかった。すると、上官は2人とも殺してしまった」

 文中に見える「ク・スジョンの調査」については後に詳述するが、

8、000人という虐殺の規模

が判明したのは大きな成果と言えよう。

まさに「大虐殺」と言ってもいい程の残虐行為である。

 こうした調査が行われて5年以上たっているが、状況に大きな変化はない。

「派越勇士」と呼ばれる「ベトナム戦争参戦者=侵略者」は未だ

韓国では「国家有功者」であり、顕彰の対象なのだ。

彼らは韓国では有力な極右団体であり、強力な圧力団体なのである。




ニューズウィーク (5) 暴かれた英雄の犯罪2005.07.25 Monday | category:ニューズウィーク

 『ニューズウィーク』(日本版、00年4月12日号)のレポート「暴かれた英雄の犯罪」から。

 

フーイェン省トラム村でも、66年3月14日に恐ろしい事件が起きた。韓国軍はベトコンの拠点とされるこの村に武器が隠されているという情報をつかみ、崔祐植(チェ・ウシク)率いる青龍部隊を派遣した。(中略)

・・・彼らは村に入り込んで、住民を空き地に集めた。だが、そのとき崔は落とし穴に落ち、同時に手榴弾が炸裂。4人の兵士が即死し、崔も爆弾の破片で負傷した。代わって指揮をとった

アン

・テフン軍曹は、その後の激しい銃撃戦のことをよく覚えている。

 部隊は計46人の民間人の命を奪った。「われわれは感情を抑えることができなかった。動くものはすべて撃った」と、

アンは本誌に語った。「あのときは民間人もベトコンも同じに見えた」

 だが、崔の記憶はいささか異なる。手榴弾の炸裂後、村では何事も起きなかった。だが救援のヘリコプターが到着し、村人が散り散りになると、急に隊員が発砲しはじめたという。とすると、発砲は報復措置だったのか。

 「その可能性もある」と、崔は言う。「恐怖心でいっぱいだったから、自衛のためだったのかもしれないが」

 大半の退役軍人にとって、こんな悪夢は悲惨なゲリラ戦の一部にすぎない。「ゲリラと民間人の区別はつかなかった」と、アンは言う。「私たちがあんなことをした事情も理解してほしい」

 駐ベトナム軍総司令官だった蔡命新(チェ・ミョンシン)は本誌に対し、彼の部隊が民間人に犠牲を出したことを認めている。だが、敵味方の区別が判然としないゲリラ戦ではやむをえないことだとも言う。戦場で正常な判断力が失われていた可能性も指摘する。

 ベトナム戦争最大の大虐殺といわれる68年のソンミ村の虐殺も「理解できる」と、蔡は語った。指揮をとった米軍のウィリアム・カリー中尉は「自分の仲間の死に対して、復讐しようとしたのだ」という。

 70年代前半に平和部隊に参加したアメリカ人、マイケル・ジョーンズらが行った調査には、韓国軍が20人以上の民間人を殺害したとみられる事件が45件記録されている。この調査書には「打ち首にし、腹を裂き、強姦して死にいたらせた」などと記されている。

 「(こんなことを)口にすると、世間から残忍な奴だと思われる」と元歩兵の金周煌(キム・ジュファン)は言う。「だからあまり語りたくない」

 金周煌はベトナムでの過去に対峙しようとしている、数少ない退役軍人の1人だ。彼と退役軍人仲間の金鍾チョル(

キム・ジョンチョル)は先月、戦死した韓国兵と韓国軍に殺されたベトナム人犠牲者の霊をたたえる「和解の塔」の場所探しのため、かつての戦地に舞い戻った。2人は虐殺の行われたクアン

ガイ省の村々を訪問し、「私たちは傭兵として人々を殺した」と悔恨の情を伝えた。


 「打ち首」「腹を裂く」「強姦」・・・

とても20世紀後半の正規軍の行為とは思えない。

未開人の野蛮行為である。

アメリカ民間人の調査でも

「20人以上の虐殺が45件」

確認されているのだから、少なくとも1、000人近くは虐殺していることになる。

もちろん、こうした恥ずかしい行為は

国粋的な韓国の歴史教科書に載せられるわけがない。

大多数の韓国人はこうした歴史の真実を知らぬまま、

あるいは知らぬふりをしたまま、

「誇らしい韓国の歴史」

あるいは「被害者としての韓国の歴史」のみを

語り続けているのである。

これが日本の歴史教科書を非難し続けている

韓国人の真の姿である。





以上、

『韓国疑問史糾明委員会』

http://gimonshi.jugem.jp/?cid=6
より転載





 


「SAPIO」2001.9.26号
特集【韓国「反日症候群」の正体】より

<大論争>
「日本ばかり責めていられない」の声も
「被害者史観」韓国を揺るがすベトナム民間人虐殺の「加害責任」
ジャーナリスト 佐藤和
 
 戦争といえばまず「被害者」だった韓国が、いま揺れている。ベトナム戦争時に従軍した韓国人兵士の「民間人大量虐殺」が報道され、長年のタブーだった「歴史の恥部」の解釈を巡って激しい議論が起きているのだ。
 それは虐殺か戦争か。謝罪はするべきか不要か。どこかで聞いたような議論は、しかしベトナムが謝罪も補償も求めていないことで、むしろ国内の政治問題となる可能性もでてきた。ことの経緯と一般韓国人の認識をレポートする。
 
 *
 

「償いの必要はない」といった元司令官

 ベトナム戦争が終わり、南北ベトナムが統一して既に四半世紀が通ぎた。そして韓国ではここ数年、あの戦争をめぐり長らくタブーとされてきた過去について、かつてない議論が進められている。その過去とは、ベトナム戦争に参戦した韓国軍によるベトナム民間人の虐殺問題だ。

 最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は99年、韓国軍がべトナム戦当時に起こした虐殺事件について記事を掲載したのだ(5月6日号/韓国の民主化の中で生まれたハンギョレ新聞社は88年創業、現在新聞発行部数は韓国第4位)。

 この記事を書いたのは、韓国人歴史研究者のク・スジョン。彼女はベトナム戦争の韓国軍の残虐行為が記されたベトナム側の資科を入手し、韓国の市民団体の一行とともにベトナム現地で検証を始めたのだ。ある地域で、猛虎部隊(韓国軍部隊)等による1か月間の作戦で1200名もの住民が虐殺されたという66年当時のベトナム側の報告を紹介しながら、同時に生存者たちの証言に基づき虐殺の様子を具体的に描いている。

 例えば、生存者の証言からは韓国軍による民間人虐殺の方法にいくつか共通した類型があったようだと、同記事には記されている。以下、その部分を略して引用すると——大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。女性を強姦してから殺害。妊産婦の腹を、胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す——等々だ。

 日本の戦争責任を追及してきた韓国の人々にとって、自国軍も虐殺をしていたのだという告発は、苦いものであったに違いない。

 続いて同誌の2000年4月27日号には、住民虐殺を行なったという元軍人による加害証言が掲載された。戦争当時、一般住民とゲリラを区別するのは難しく、我が身を守るためには仕方なかったのだとその元軍人は述壊した。しかし同時に、今やその行為に罪悪感を感じ、韓国政府がベトナムに謝罪し被害者に補償することを望むという彼の声も、同誌では伝えられた。

 これと前後して米誌『ニューズウィーク』が「暴かれた英雄の犯罪」と題してベトナム戦争での韓国軍の虐殺問題を取り上げた(2000年4月21日号)。ク・スジョンらの調査を紹介しつつ、「8000人以上の民間人を殺した韓国軍の虐殺行為の数々」が明らかにされつつあると、7ぺージにわたり大々的に報じたのだ。

 タブーであった虐殺事件についてのこれらの報道に対し、韓国国内では激しい反撃が起きた。同年6月27日には、ベトナム戦に従軍した退役軍人ら2000人余りがハンギョレ新聞社に乱入しコンピュータなどを破壊した。彼らは「大韓民国枯葉剤後遺症戦友会」のメンバーで、国のために闘った戦友を冒涜(ぼうとく)されたと激しく抗議したのだ。

 ベトナムへの韓国人派兵は64年に始まり、延べで30万人以上の兵士を送り込んだ。米国に次ぐ大派兵であった。この戦争で約5000人の韓国人が死んだ。ハンギョレ新聞社に乱入した元兵士たちがそうであったように、アメリカ軍が散布した枯れ葉剤の被害に苦しむ元兵士らが、今も韓国には多い。

 ベトナム戦争当時、韓国軍総司令官だった蔡命新は、先の『ニューズウィーク』でのインタビューで「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」と明言している。

 アメリカ軍によるソンミ事件などの虐殺行為がベトナム戦争当時から国際的に批判を受け議論の的となったのとは対照的に、韓国軍による虐殺行為については、こと韓国国内では長く沈黙が保たれてきた。

 冷戦時代、反共産主義が優先された韓国では、自国の恥部となり得る問題は隠されてきた。それどころか自国民が被害者となったケースでも、問題は隠されてきた。例えば朝鮮戦争下での米軍による韓国避難民大量虐殺の事実でさえ、韓国メディアで報道されたのは金泳三政権になってからの94年である。

 また全斗煥・盧泰愚両大統領がベトナム戦争で武勲を挙げた軍人であったという政治事情もあり、ベトナム戦での過去は、韓国では幾重にもタブーであり続けた。

 しかし、冷戦終結と韓国の民主化により、このタブーは破られた。では韓国のごく一般の市民はこの問題をどう受けとめているのだろう。

 「世代によって、受けとめ方はかなり違うでしょうね。若い世代であれぱ、さほど反発もなくふつうに考えられるでしょうが」

 そういうのは、米国の大学に留学中の韓国人男性(28)だ。

 「自分たちの世代にとって、ベトナム戦争といえば、まず韓国が高度成長を遂げた時代という、明るいイメージとセットになっている。そもそもベトナム戦争について学校で習ったり、語り合ったりした記憶もない。よく『忘れられた戦争』などといういわれ方もされましたが、本当にそのとおりでしたから」

 実際に、韓国の歴史教科書には、ベトナム戦争についてほとんど記述はされていない。中学生向けの国定教科書に記されているのは「そして、共産侵略を受けているベトナムを支援するために国軍を派兵した」の約1行のみだ(『入門 韓国の歴史—国定韓国中学校国史教科書』明石書店より)。

 そして、教科書以外での「認識」としては、やはり「経済成長」の方が先にくるというのも一般的な認識のようだ。

 ベトナム戦争時、韓国からベトナムへは兵士のみではなく、多くの労働者や技術者、ビジネスマンなどが渡っていった。兵士らにアメリカから支給された手当や労働者らの賃金、韓国企業の得た利益などは約10億ドルにものぼり、それらは本国に送金されて韓国経済を潤した。かつて日本が朝鮮戦争の特需を契機に高度経済成長したように、韓国がこの「ベトナム特需」を契機に「漢江の奇跡」と呼ばれる驚異的な経済発展を遂げたことは、広く知られるところだ。

 ソウル在住の会社員(35・男性)は、こう語る。

 「虐殺のことはメディアに取り上げられて知りました。でも詳しく読んだわけでもないし、どこまでが事実なのかわからない。ベトナムと韓国はいい関係にあり、日韓関係とは違うと思う。問題化しないかぎり、このままそっとしておきたい気特ちです。ベトナム戦争では被害にあった韓国人兵士も多く、自分の家族に戦争での負傷者がいれば、複雑な気持ちだと思いますよ」

「日本人の友人の微妙な表情がわかった」

 そして「虐殺」と「責任」となると、どうしても「日本」が出てきてしまうところも、この議論を複雑にしている。ソウル在住の大学生(24・男性)は「徴妙な気持ち」と語った。

 「自分としては(虐殺の報道は)ショックでした。ベトナムは観光ブームになったときに行きたいな、と思っていたけど、現地の若者と話すときにどういう態度を取ったらいいか迷いますね。同じ世代の日本人と会ったとき、彼らが徴妙な顔付きをしていたのが、わかったような気もする。教科書や靖国で激しい日本批判があるけれど、自分たちだって同じようなことをやったじゃないか、日本だけを責められるのか、という気持ちにもなる。もっとも、それを日本からいわれれば、やっぱりムカつくけれど」

 ソウル在住の会社員(24・女性)も「日本を非難するなら、韓国ももっとベトナムに謝罪するべき。きっぱりした態度をとらないと、逆に日本につけこまれる恐れがあるのではないでしょうか」と、日本を意識した発言をした。

 ちなみに、ベトナム政府はこれまで謝罪や補償は一切求めていない。98年、韓国大統領として初めてベトナム訪問をした金大中は「遺憾の意」を表明。韓国外交省も「謝罪ではない」とコメントしていた。しかし、この8月24日、ソウルで行なわれた首脳会談で、ベトナム大統領として初めて訪韓したルオン大統領に対し、金大中大統領は「我々が不幸な戦争に参加し、不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と、「謝罪」に一歩踏み込んだ発言をした。

 「うまいやり方ですね。意図はともかく、これで日本から『韓国は謝ってさえいないじゃないか』と突っ込まれるスキをなくしたわけだから」

 と、韓国政治に詳しい韓国人ジャーナリストはいう。

 「だが、これで韓国人全体が『自分たちも加害者だった』と認識したと考えない方がいい。むしろ、この謝罪は日本に向けた外交力ードとみた方がいいでしょう」

 歴史認識が世界中で「外交ツール」となってしまった時代に、しかもベトナムだけでなく、そこに「日本」も絡んでくるだけに、この問題、韓国内では難しい議論となりそうだ。

 ____________________________全文起こしここまで


 この問題のタブーを最初に破った『ハンギョレ21』99年5月6日号の記事の日本語訳はこちらです。
 http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
 そして同誌00年4月21日号に掲載された元軍人による加害証言の記事はこちら。
 http://www.altasia.org/hangyore/hangyore00305_1.htm
 『ニューズウィーク』日本版2000年4月12日号には被害者側の証言が掲載されました。以下はその記事の起こしです。
 http://www.asyura2.com/0411/war61/msg/748.html
 お時間があれば皆さんにもぜひ全文読んでいただきたいのですが、支那人の残酷さ と何だかすごく似ているなぁと感じるのは私だけでしょうか?

 ちなみに、「SAPIO」記事の最後の方で韓国人ジャーナリストが、金大中大統領のベトナムの大統領への「謝罪」は「日本に向けた外交カードとみた方がいい」と言っていますが、これはどうなんでしょう?

 日本では金大中大統領の「謝罪」なんてほとんど話題にならなかったですし(てか、それ以前に韓国軍のベトナム人虐殺自体を今も知らない日本人がほとんどでは?)、今日まで韓国側がこの“カード”を日本に対して使った形跡はないですよね。
 下手に使ったらヤブヘビになるって分かってるからでしょうか?(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。