今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:チベット族「状況ますます悪化」 女性作家オーセルさん、今月から軟禁状態

Category: 中国  
○中国:チベット族「状況ますます悪化」 女性作家オーセルさん、今月から軟禁状態

中国のチベット族の著名女性作家、ツェリン・オーセルさん(45)=北京在住=が11日、
毎日新聞の電話インタビューに応じた。オーセルさんは今月に入ってから自宅軟禁状態に
置かれていると認めた上で、「いつまで続くか分からない」と不安な胸の内を明かした。

オーセルさんは、中国国内の人権やチベット族の置かれた近年の状況について「ますます
悪化している」と強い懸念を示した。また、自身について、「2月は外出が可能だったが、
スーパーに買い物に行った際も警察官がついてきた。3月1日から外出できなくなった。
気分がすぐれない」と語った。中国国内での出版や、インターネットを通じた文章の発表は
許可されず、台湾や日本で翻訳するしか手段がないという。

相次ぐチベット族の焼身自殺についてオーセルさんは、四川省や青海省にとどまらず
甘粛省でも起きていると指摘。チベット自治区のラサは区都のため警備が比較的緩和
されているが、四川省西部で自殺が相次いでいるのは当局が特に厳しい警備を敷いて
いるためとの見方を示した。

四川省の地元当局者は7日、焼身自殺が続発していることについて「海外の支援団体が
死者を英雄視し、自殺を鼓舞している。自殺者は犯罪の過去がある」と語った。

この発言についてオーセルさんは「政府に反対する人物を犯罪者や病人扱いするのは
よくある話」と指摘した。また、今秋の党大会で新指導部が発足した後の情勢について、
「状況は良くなるどころか悪化している」と語った。

08年3月にチベット自治区ラサで起きた大規模暴動から14日で丸4年を迎えることや、
全国人民代表大会の期間中である事情から、中国当局が、オーセルさんの動きに神経を
とがらせているとみられる。

□ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/world/news/20120312ddm007030146000c.html

2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:25:39.85 ID:imIqPcvS
自殺を鼓舞....
なんじゃそりゃ?


3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:26:32.85 ID:18GFtjE5
自宅南京状態


4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:26:40.23 ID:29NAi8ch
本当は40万人自殺してるんじゃないの、チベット


5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:27:50.55 ID:XZXCgmsN
自殺に見せかけて虐殺してるんじゃねーの


6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:30:21.45 ID:Vt0S1Pg0
チベット人を弾圧し大虐殺した中国は史上最悪の人道犯罪国家


7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:33:56.42 ID:MAUUZUkr
>>3
だれがうまいこといえと


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:42:18.85 ID:dcbjaFuz
犯罪と言っても
政府批判罪?とか?
なぜ弾圧するのか。


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:43:12.29 ID:t5ZxpO80
これが先進国のする行動かよ…中国

やはりお前らはまだまだ先進国には遠く及ばない国だな
こんな考え方の国が世界を引っ張ってなんかいけない

ただ金だけある原始人みたいなもんだな
山奥に帰れよ


10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/03/13(火) 00:44:29.94 ID:fVZUQf1j
反原発デモやってる人たちよ
こうゆうところにも目を向けてよ






僧侶師範の焼身抗議に関する中央チベット政権のプレス声明

2012年2月17日の現地時間朝6時頃、青海省(アムド)のボンタク僧院であらたに焼身抗議が行なわ
れました。これは、我々、中央チベット政権(CTA)にとって衝撃であり、我々はこれを深く憂慮しています。
焼身抗議を行なったのはダムチュ・サンポという名の30代の僧侶で、当日は周辺の村々の人々がボン
タク僧院に集まり祈祷祭が行なわれていました。
ボンタク僧院には約80名の僧侶が暮らしていますが、僧院への出入りを封じるための検問所が設けら
れ、地域住民との接触は絶たれています。取り締まりは厳しさを増しており、電話もつながりません。
中央チベット政権は、世界各地に亡命中のチベット人ならびにチベット支援者の皆様に対し、今後とも
、チベット本土のチベット人との連帯を示す平和的活動を継続いただきますようお願い申し上げます。
http://www.tibethouse.jp/news_release/2012/120224_a-monk-teacher-died-of-self-immolation.html

ダライラマ法王日本代表部
http://www.tibethouse.jp/home.html

あなたにできるチベット支援
http://www.tibethouse.jp/support/index.html

関連記事

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。