今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【通貨政策】円と人民元の直接取引拡大へ 日中政府が始動

Category: 経済  
日中両国が、円と人民元を直接交換する取引の拡大に動き始めた。現在は円や人民元を
いったんドルに交換しているが、両替するたびに手数料がかかる上、ドルの乱高下など
による為替変動リスクがより大きくなる。中国は為替リスクを減らしつつアジアでの
人民元の影響力を高めるために元建ての貿易を増やしており、日本と元建てで決済
できればメリットは大きい。日本は「人民元の国際化」を後押しすることで、人民元
相場の一層の弾力化につなげる狙いもありそうだ。

2月中旬に訪中した安住淳財務相が王岐山副首相と会談し、直接交換の市場整備に向けた
作業部会の設置で合意。現在、日本の財務省や日銀、中国人民銀行(中央銀行)などが、
課題の洗い出しを進めている。

現在も、人民元と円を直接両替することは可能だ。中国は09年以降、人民元建ての
貿易決済を段階的に解禁、貿易面で人民元とドル以外の外貨を直接両替する方針を
明確化している。中国はリーマン・ショック後のドル相場の乱高下などを踏まえ、
中国の輸出入業者が人民元で取引できる仕組みを整え、取引時と決済時の為替相場の
変動リスクを減らしたい考えだ。中国の元建て決済は11年に、輸出入総額の1割程度
に拡大した。

これに対し、日中貿易の人民元建て取引は1%以下にとどまり、依然としてドルを
介する取引が主流。人民元の急速な切り上げなどを懸念する中国政府は、長期間に
わたり、国外で人民元の取引を禁じるなどの規制を設けてきた。段階的に緩和して
いるが、現在も外国企業が中国企業に自由に投資できないなど、資本取引の規制は
厳しい。このため日本の企業や金融機関は「大量の人民元を手元に抱えるリスクを
取りたくない」(邦銀)のが現実で、円と人民元の直接取引の需要がどれだけあるか
は見通せない。

しかし、日本にとって中国は、いまや最大の貿易相手国。現状で日本企業が中国からの
輸入代金を元建てで決済する場合、手持ちの円をいったんドルに交換した上で、ドルを
人民元に交換して支払う必要があり、交換するごとに金融機関に支払う手数料がかさむ。
円と人民元を直接取引し、円建てや人民元建ての取引が増えると、日中いずれかの
為替リスクは軽減するため、財務省は「直接取引拡大のメリットは大きい」としている。

さらに、中国国外の企業が人民元を多く持つようになれば、自由な取引や投資を求める
圧力が強まり、中国側も一段の自由化を迫られることになる。日本政府は「世界的な
貿易不均衡や中国のインフレ懸念などを解消するためには、一段の人民元相場の切り上げ
(人民元高)が必要」(財務省幹部)と見ており、円との直接取引を増やして「人民元の
国際化」を促すことで、世界経済のリスク要因を軽減する狙いもありそうだ。

●図解
http://mainichi.jp/select/biz/news/images/20120313k0000m020076000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120313k0000m020074000c.html




2 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:10:44.03 ID:Og+GGxAP
中国と共に滅びるつもりかw


3 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:11:14.96 ID:CXSXw61e
BUY国


4 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:12:37.35 ID:U3wk2E2v
国際通貨の手助けか


5 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:12:46.10 ID:5cKQJnV/
これはいいんじゃね?


6 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:13:45.75 ID:sxI3Lqzo
日本主導で元を変動させたらいいんだがな


7 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:14:44.88 ID:It6E0/NT
さいだいの貿易相手国って
GDPのシェア何パーセントだよ
これから斜陽に向かうのに
ウォンスワップ拡大とか
やることがほんま亡国の徒


8 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:15:27.32 ID:U3wk2E2v
決済時にあんな紙切れ貰っても損するばかりだわ



9 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:17:51.10 ID:L5BEYZXU
ある日突然反乱が起きて紙切れになるな。
こんなの駄目だろ。


10 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:18:41.88 ID:ZzEY8Gcj
>>7
ビジ板とは思えん馬鹿っぷりだなw


11 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:20:50.25 ID:texDcF5V
元なんか先がないだろ


12 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:21:10.71 ID:43MTvrtN
>>1
半島ともども国交断絶しよう



13 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:23:52.72 ID:5fpPzFBv

元と円をリンウさせたら死ぬ。、主に日本が。



14 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:25:52.10 ID:ja3dgF4Z
貿易産業にとってはメリットが大きいね


相変わらず頭の悪い奴が理由も無く反対してるけどw



15 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:27:54.50 ID:U3wk2E2v
>>14
対中国では日本が貿易黒字なんだが


16 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:30:54.79 ID:aCA9ecMG
ドルペッグしている元とタイマン張るのか。
まあ現状とそう変わらんだろうけどな。

これ以上中国と貿易額を増やさないでほしいわ。


17 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:32:53.98 ID:5cKQJnV/
ドル建てでしか取引できない、
というよりはいい。


18 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:33:38.29 ID:RFRxv/nj
一般論として、取引通貨を多様化しておくのは間違いではない
それが分からないバカには何を言っても始まらない


19 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:35:00.60 ID:yx9WUZvk
今のままのウォン安レートを固定化させて何の利益があるんだよ日本にwww


20 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:35:54.19 ID:yx9WUZvk
あ、元だった

今の安い元レートを温存されて日本が得することなんか何もない


21 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:38:07.13 ID:5cKQJnV/
>>20
円元レートとは関係ないよ


22 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:39:24.06 ID:hbIq4FLS
反対! むしろ、韓国にしてるみたいに、ドル建てか円建て、先払いでやらないと。中国バブル崩壊に連鎖してしまう。


23 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:42:07.40 ID:5cKQJnV/
>>14
貿易会社が、日本の銀行口座で人民元の決済ができるようになればあるいは。


24 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:43:31.24 ID:oKgMVTvb
中国が勝手に通貨の増刷をやるとして
それは宣戦布告と同様だろ


25 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:50:03.10 ID:0tpeRfsq
>>1
円で取引すればいいだろ。

...それだと中国様に怒られるというのが、民主党の限界。


26 :名刺は切らしておりまして:2012/03/12(月) 23:53:09.63 ID:5cKQJnV/
>>25
円でも取引できるようにするための措置なんだが。


27 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:07:12.13 ID:P/sTfmnX
これ拒否するネトウヨはドルと心中しろといっているに等しい


28 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:11:11.53 ID:92apY3SV
ドルは世界の基軸通貨なのに、アメリカは許してくれてるの?


29 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:12:29.43 ID:z44adBpG
別にこれは心配するほどのことでもない・・・
なぜなら元は中国政府によって一定のレートで保たれてるからなぁ・・これから
だったら日本円の方が下がったり上がったりが激しいとおもうから・・中国の方が不利だろ。


30 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:13:56.86 ID:mfY8zKJI
中華政府が発行した偽札掴まされるんだろ?



31 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:15:50.52 ID:u0YfNrhg
良い事だと思うけど。
ドルなんて相手にしてたら吸い取られて終わりだよ。
直接取引増やす方が吉。


32 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:16:16.67 ID:z44adBpG
>>30
あ~~なるほどwwww
でもそれはありえない・・・。
なぜなら中国は元の世界化を目指してるわけだから、自ら進んで信用なくすようなことはできないよ。


33 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:17:43.73 ID:DUo/8XWs
死ぬぞ割りとマジで


34 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:19:49.57 ID:yogo1ywf
もうすぐ暴落する通貨と取引なんてやめとけ


35 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:20:49.11 ID:wCD07fit
ポストドルに向けて動くのは間違っては無い


36 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:32:10.22 ID:CiK3QPld
うむ、一番の心配はアメさんが怒らないかどうかだろ・・・


37 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:34:30.24 ID:fDp4Q7yh
>>32
おそろしく信憑性がないなw


38 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:34:59.98 ID:JaU2FFCS
ドル元が固定やめなきゃ弾力化しないだろ



39 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:36:21.36 ID:O9DztaCw
これやったらアメリカブチ切れると思ってたんだが意外とすんなりいきそうだなおい


40 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:41:07.22 ID:JaU2FFCS
国際金融のトリレンマとか大丈夫か財務省w


41 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:47:04.26 ID:dBtWl+2L
貿易メリットなんかより
人民元なんて保有して大丈夫なのか
こちらの方が気になる。


42 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 00:59:51.09 ID:6yJgVlWL


選択肢が増えるのは良いことだ。





43 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:01:41.27 ID:JaU2FFCS
いくら元を買っても動かないものは動かない
何故ならば動かないようにしてるからだ


44 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:23:16.08 ID:tIq3mmHs
ドルペッグしてる通貨と直接交換する利点はなんだ


45 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:34:22.99 ID:MKRiEtjj
アメリカ怒るだろ、これ


46 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:37:06.32 ID:WiZYjh60
>>30
貿易って実際に札束が行き来したりするもんか?
銀行経由の電子取引だったら偽札は気にしなくて良いんじゃね?


47 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:37:31.37 ID:E3lmS6p0
向こうの資本家も信用力のある円建て決算を好んでくれそうだし、良い話だな


48 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:55:25.12 ID:x2i7MmrK
>>47
「円の都合がつかないので、元で取引しろ」と強請られるんじゃね?w


49 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 01:58:50.16 ID:4w4Uf4hn
元なんてケツふく紙にも劣る。


50 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 02:00:36.99 ID:Q5ZLECWU
ドル元固定なんだから為替リスクは同じだよな?
単に手数料だけの問題か?


51 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 02:12:58.32 ID:cNE6l3Bl
元持っても中国で不動産、土地を買えないから2流通貨だぞ。
得するのは中国だけ。


52 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 02:37:15.94 ID:/Q4QLawt
>>51な。こっちの今国際的に最も信用のあるチケットと、むこうの好きなだけ刷りまくれてどこに持って行っても何とも交換できない紙切れを、いっぱい交換しましょ とか。
民間ならまだしもだが国単位でやっちゃいかんだろ。あほかと。


53 :名刺は切らしておりまして:2012/03/13(火) 02:40:13.61 ID:mImcBw1k
中国元はとにかく、 にせ札に気をつけろ 


Trackbacks

17世紀以降の植民地を相手とする貿易において、英国の主要な輸出品は毛織物であったがインドなどの東方地域では毛織物は風土に馴染まず、結果的に英国は毛織物の輸出を諦め、金や銀

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。