今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党と中国に関して

Category: 政治  
民主党と中国に関して
平成23年12月26日
PatriotsOfJapan
民主党が、台湾の外交機関から政治資金パーティで収入を得ていた事実ならび
に、中国共産党中央対外連絡部(中連部)及び、日本留学と称した、日本国内
において諜報活動をしていた恐れのある中国共産党員に、民主党が資金提供な
らびに交流している事実を発見したので報告する。

1 台北駐日経済文化代表処について
平成20年度民主党収支報告書の民主党政治資金パーティの収支の内訳欄にお
いて、対価の支払いをした者の氏名欄に、台北駐日経済文化代表処(代表者氏名
羅坤燦)という団体の名前を発見した。
対価の支払いの月日は、平成20 年7 月14 日であり金額に関しては500000 円
である。
平成20年民主党収支報告書政治資金パーティの収支の内訳8/15
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/090930/000012458.pdf
この、台北駐日経済文化代表処と呼ばれる団体は、台湾の日本における大使館
の役割を兼ねる外交の窓口機関であり、外国機関である。
http://www.taiwanembassy.org/JP/ct.asp?xItem=41500&CtNode=1447&mp=202&xp1=
また、代表者氏名にあった羅坤燦氏は、当時台北駐日経済文化代表処の副代表
を務めている。
画像は、平成22 年4 月26 日、西武球場にて、西武ライオンズ対オリックス戦の始球式で、台
北中日経済文化代表処の羅坤燦副代表の画像(台湾新聞web より)
http://taiwannp.mita.minato.tokyo.jp/article.php/20080427002135420
上記情報を参考として報告する。
2 民主党による中国人留学生支援に関して
平成16 年度の民主党収支報告書において、民主党は林明星なる人物に、政治
活動費のうちの組織活動費(国際交流費) 留学生支援金と称して資金提供をし
ている。内訳に関しては、
平成16 年度民主党収支報告書 (40 ページから45 ページまで)
http://www1.dpj.or.jp/governance/openinfo/images/04sh14.pdf
平成16 年 1 月23日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 3 月25日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 3 月25日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 4 月23日 林明星 東京都小平市 173400 円
平成16 年 5 月25日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 6 月17日 林明星 東京都小平市 130000 円
平成16 年 6 月25日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 7 月23日 林明星 東京都小平市 139900 円
平成16 年 8 月25日 林明星 東京都小平市 139900 円
計1282700 円に上る
この、林明星なる人物を調査したところ、中国共産党党員である事がわかった。
情報元は、2007 年1月16 日火曜日、14 時から16 時までの間、民主党本部5
F「大ホール」)で菅直人前総理が行った、日中(民主党・中国共産党)両党「交
流協議機構」 全体会議・基調演説 である。
http://www.dpj.or.jp/china/contents/20070116.html#04
演説の一部抜粋するとともに、証拠画像を添付する。
本日、中国共産党代表団の中に、かつて中国共産党からのご配慮で私たち民主
党に派遣していただき、1年間一橋大学で学ばれた林明星さんがおられます。
党間交流の中で、こういった両党の掛け橋になっていただけるような方を送っ
ていただいた中国共産党のみなさんには、あらためて感謝を申し上げたいと思
います。
日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体会議・基調演説 ともに生きる日中協力に向けて
http://www.dpj.or.jp/news/files/kan070115.pdf
なお林明星氏は、上記日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体
会議において、中国共産党中央対外連絡部(中連部)二局日本処アタッシェと
いう役職で参加している。
http://www.dpj.or.jp/china/contents/20070116.html#04
下記に証拠画像を添付する。
以上の事から、民主党は上記人物が中国共産党員である事を知りながら、上記
人物が日本滞在中に留学生支援金と称して資金提供していたものである。
なお、中国共産党中央対外連絡部(中連部)に関しては、項目3 で取り上げる
が、中国政府に所属し、対外工作を行っている諜報機関の可能性が極めて高い。
なお2007 年当時の「交流協議機構」民主党役員に関しては、以下のとおりで
ある。
名誉会長 小沢 一郎 代表
会長(機構長) 菅 直人 代表代行
会長代理(副機構長) 輿石 東 参議院議員会長
副会長 鳩山 由紀夫 幹事長
岡田 克也 副代表
前原 誠司 常任幹事
事務総長(秘書長) 山岡 賢次 財務委員長
事務総長代理 野田 佳彦 国民運動委員長
事務局長 細野 豪志 衆議院議員
この通り、野田現首相をはじめとした現在の内閣の大臣ならびに、民主党役員
が含まれている。
日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体会議の日程は下記のと
おりである。
http://www.dpj.or.jp/china/contents/20070116.html#04
【日程】
1月15日(月)
時 間 行 動 備 考
成田東京 13:50 成田到着 細野事務局長:出迎え
19:00 駐日中国大使主催夕食会
1月16日(火)
時 間 行 動 備 考
東京日程 9:45 民主党大会本会議
(於:日本青年館「大ホール」)
王家瑞部長:来賓挨拶
逐次通訳
会場にて
14:00
~16:00
第1回(日中)「交流協議機構」全体会議
同時通訳
(於:民主党本部5F「大ホール」)
歓迎挨拶:小沢代表
日中関係全般について
基調演説:王家瑞部長、菅代表代行質疑
小沢代表の歓迎挨拶:
右テーブル左端から
王部長、王駐日大使
19:00~ 夕食懇談会(菅代表代行主催) 民主党出席者:菅機構長、輿石会
長代理、山岡事務総長
1月17日(水)
時 間 行 動 備 考
東京日程 10:00
~12:30
日中「交流協議機構」専門会議
I 経済問題:(冒頭発言)鳩山幹事長、倪健民主任
II 北東アジア問題:(冒頭発言)
前原常任幹事、史明徳局長
III 両党の文化交流等について:
(冒頭発言)輿石参議院議員会長、
張暁蘭書記
民主党出席者:小沢名誉会長、菅機構長、鳩山副会長、輿石会長代理、前原副会長、山岡事務総長、
野田事務総長代理、細野事務局長
同時通訳
専門会議で挨拶する小沢代表
12:30
~13:45
昼食懇談会(鳩山幹事長主催) 民主党出席者:鳩山副会長、山岡事務総長、野田事務総長代理、細野事務局長
東京京都 14:30 東京駅着
14:50 東京駅出発 新幹線
17:11 京都駅到着
京都日程 19:00~ 歓迎夕食懇談会(小沢代表主催) 民主党出席者:小沢名誉会長、岡田副会長、前原副会長、
山岡事務総長
*公式日程終了
1月18日(木)
時 間 行 動 備 考
午前中:
京都日程
7:30 朝食懇談会
午前中 京都市内視察:清水寺、金閣寺、
嵐山(周恩来元首相の碑)
京都視察:前原副会長の案内
周恩来元首相の碑前
嵐山
関西空港
15:30 関西空港出発
17:40 那覇空港到着
京都沖縄 18:30 夕食懇談会 民主党出席者:山岡事務総長、喜納県連代表
1月19日(金)
時 間 行 動 備 考
沖縄日程 午前 沖縄視察:美ら海水族館
午後 沖縄視察:識名園、首里城、修州園(久米村)、国際通り
首里城前
19:00~ 夕食懇談会 民主党出席者:喜納県連代表
1月20日(土)
時 間 行 動 備 考
沖縄北京 7:30 ホテル出発、那覇空港へ
(福岡経由) 7:50 那覇空港到着
8:50 那覇空港出発
那覇福岡 10:25 福岡空港到着
福岡北京 12:50 福岡空港出発
2009 年に林明星氏は、中国共産党中央対外連絡部(中連部)二局日本処三等書
記官という役職になっている。
http://www.dpj.or.jp/china/contents/20091108.html#04
なお、日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体会議の中国側責
任者の王家瑞氏に関しては、下記のとおりである。
1949 年生まれ、秦皇島市河北省出身。
上海復旦大学大学院で、経済学の博士号を取得
1973 年10 月に中国共産党の党員となる。その後吉林省長春
市の中国郵政配達員を務めた。
上海海事大学の海洋学部で英語を学び、1974 年4 月に長春市
郵便局副課長に就任。
1976 年9 月から1978 年4 月まで、吉林省の電気通信管理局で、郵便事業を
担当している。そこから実績を積み上げ、1982 年4 月に長春市郵便局の副頭取
に就任した。
1985 年10 月には、中国国内の郵便通信省の副局長に就任し、中国当局発行新
聞の責任者となる。就任中は吉林大学の経済学・工業経済学学位を取得した。
1992 年7 月には中華人民共和国国務院業務局副局長に就任した。
1993 年6 月から翌年まで、中華人民共和国商務部に入った。
1995年8月、山東省青島市に転勤する。1998年には青島市の市長となり、2000
年12 月に中国共産党中央対外連絡部副委員長を務める。その後は副委員として
の実績が評価され、2002年11月の委員長選挙で、中央委員候補に選出された。
2003 年3 月から正式就任している。中共第十六届中央候補委員,第十七届中央
委員。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ziliao/2003-04/03/content_814255.htm
3 中国共産党中央対外連絡部(中連部)に関して
中国共産党中央対外連絡部とは、中国共産党新聞によると、
http://cpc.people.com.cn/GB/64114/74938/5109500.html
中国共産党の対外活動を専門とする中国共産党中央直属の部署であり、1951
年の創立から現在に至るまで、世界各国の共産党とその他の左翼政党から、発
展途上国の民族民主政党、先進国の社会政党、政治家、国際組織と交流がある
とされる。
また、中国共産党中央対外連絡部のホームページを調査したところ、対外工作
という項目があり、実際に中国共産党の中央対外連絡部が諸外国に対して対外
工作活動を行っていたことがうかがえる。
以下画像をURL と共に添付する
http://www.idcpc.org.cn/index_zhongwen.htm
この中国共産党中央対外連絡部に対して、民主党は平成22 年7 月22 日、組織
対策費(国際交流費)の宿泊代・移動費と称して、211305円を直接支払ってい
る。
平成22 年度民主党収支報告書59 ページ目
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/111130/0000900097.pdf
以下画像を添付
なお、上記組織対策費(国際交流費)の宿泊代・移動費の日時を調査したところ、
民主党ホームページにある民主党ニュースに、上記資金提供があった前日の、
平成22年7月17日、中国雲南省の昆明にて、中国共産党中央対外連絡部(中
連部)が主催した、「アジア政党会議(International Conference of Asian
Political Parties)」の「貧困対策会議」に民主党の伴野豊国際局長(当時)が
スピーチする等、参加している。
http://megalodon.jp/2011-1215-2215-19/archive.dpj.or.jp/news/?num=18597
4 岡田克也議員と中国共産党に関して
民主党の岡田克也議員は、資金管理団体「岡田克也後援会」を通じて平成20 年
7月15 日、滞在費と称して中国共産党に87450 円直接献金をしていた。
平成20 年分岡田かつや後援会55 ページ目(上から6項目、下から2 項目の欄)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/090930/000012554.pdf
なお、上記政治活動費を調査したところ、岡田議員自身のホームページで、平
成20年7月15日~7月19日までの間に、岡田議員は、中国(北京、広州)
を訪問している事を明かしている。
北京では、李克強副首相、国務院台湾弁公室の王毅主任、国家発展改革委員会
の解振華副主任、中連部の王家瑞部長ら旧知の要人と相次いで会談した。また、
広州では現地企業や日系企業を見学したほか、広東省書記の汪洋氏とも会談し
たとされる。
http://www.katsuya.net/report/2008/07/index.html?page=3
写真は上記ホームページURL より抜粋
さらに、岡田議員のブログにおいても、
「北京では、旧知の中国共産党中央対外連絡部(中連部)、ここは政党間交流を
やっているセクションですが、そこの王家瑞部長はじめ関係者の皆さんと意見
交換をしました。」
http://katsuya.weblogs.jp/blog/2008/07/post-9195.html
とあり、ここでも中国共産党中央対外連絡部(中連部)と通じているのが明ら
かとなっている。
5 中国共産党中央対外連絡部(中連部)と民主党の動向
民主党が日本国内で対外工作を行っている中国共産党中央対外連絡部(中連
部)を党本部に招き入れて情報交換するばかりか、沖縄に中国共産党中央対外
連絡部を招き入れ、在日米軍基地周辺等も視察させていた事実を発見したので、
下記の通り参考情報として報告する。
2000/02/16
中国共産党の対外連絡部と懇談
http://www.dpj.or.jp/china/contents/?num=1306
(民主党ニュースより)
中国共産党中央委員会対外連絡部の劉洪才アジア2局局長らが16日、民主
党本部 を訪れ、鳩山代表らと意見交換した。ネクストキャビネット(NC)の
伊藤英成外交 ・安全保障大臣、簗瀬進国際交流委員長、大畠章宏NC消費者・
産業副大臣、国際交流委員会の近藤昭一中国局長が出席した。
劉局長は、昨年の日中間の貿易総額が記録的な額に達したことを取り上げ、
日中関 係の良好さを強調。また、日本では民主党が中国との交流に最も熱心だ
と述べ、日中 交流をさらに盛んにするため、青年交流を企画・実現していくこ
とを提案した。これ を互いに確認し、11月をめどに中国から青年団を受け入
れ、日本でのホームステイ を実現することなどを話し合った。
2001/03/05
民主党の招きで中国共産党青年訪日団が来日
http://www.dpj.or.jp/china/contents/?num=2141
(民主党ニュースより)
中国共産党青年訪日団が民主党の招きで5日から日本を訪れた。今回の訪日
団は昨年12月に鳩山代表を団長とする民主党代表団が中国を訪れたのを機に、
日中間の親交をより深める目的で実現したもの。陳鳳翔中国共産党中央対外連
絡部(中連部)東欧中亜局局長を団長に16名が来日した。
5日夜、東京都文京区にある鳩山会館(旧鳩山邸)で、歓迎夕食会が行われ
た。民主党からは鳩山由紀夫代表、羽田孜特別代表、岩國哲人、横路孝弘副代
表、菅直人幹事長ら14 名の議員が出席。古川元久国際交流委員長の司会で、
まず鳩山代表が、「訪日を心から歓迎したい」と歓迎のあいさつ。戦後政治史の
舞台となり、自身が生まれ育った鳩山会館で民主党と中国共産党青年幹部と懇
談することに「新しい時代の息吹を感じる」と感慨深げに語った。
訪日団は3つのグループに分かれ、6泊7日の日程で宮城、愛知・長野、沖
縄をそれぞれ訪問。先端技術の研究施設や、農業現場、自動車工場、沖縄の米
軍基地周辺を視察しながら、地元の党関係者や青年と友好を深める予定だ。
とある。
また、項目2 の中の、日中(民主党・中国共産党)両党「交流協議機構」 全体
会議の日程にある通り2007 年1 月19 日に民主党と中国共産党中央対外連絡
部(中連部)が沖縄訪問もしている。
なお、民主党は中国共産党中央対外連絡部所属の人間を民主党本部に招き入れ
ていた事実を発見したので、下記のURL を参考情報として報告する。
http://www.dpj.or.jp/china/contents/backnumber.html
以上の事から、民主党と中国共産党中央対外連絡部(中連部)のつながりは明
白であり、日本の国益を大きく損なう恐れがある可能性が高いものとして報告
する。
以上
関連記事

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。