FC2ブログ

今日ボクが見た風景

他国を踏み荒らす中国系移民

Category: 中国  

2009年11月5日、イタリア華字紙・欧聯時報はイタリアの反中感情が高まりを見せていると指摘し、 問題解決には中国人自身が自らの欠点を変えていかなければならないと提言した。中国新聞網が伝えた。

近年、イタリアの主流メディアは華人社会のマイナス面を取り上げた報道を続けており、イタリア国民の反中感情は高まりを見せている。イタリア在住華人を取り巻く環境は日に日に厳しさを増しており、身の危険にすらつながる事態となりつつある。

欧聯時報によると、イタリア人の反中感情は世界的な金融危機により経済的苦境が続いていることに由来しているという。しかし反中感情を沈静化させるためには中国人自身が欠点を見直す必要があると提言した。具体的には中国系企業や華人の多くが手がける、法の穴を突くようなグレーゾーンの商売をやめるべきであり、公明正大な商売をやるべきだと呼びかけた。また華人コミュニティや中国系メディアがイタリアメディアとのコミュニケーションを図ることも重要だと指摘した。


中国人は世界の癌細胞ですね。

善意で移民を受け入れても、こうやって仇で返されるのがオチです。
イタリアだけでなく、ヨーロッパ各国で中国系移民の問題は拡大しつつあります。

中国人移民に飲み込まれるフランス

フランスではここ最近、中国からの密入国が爆発的に増加している。

ロワシー空港の待機ゾーンで現在、最も数が多いのが中国人なのだ。2003年、国境で逮捕された12000人足らずのうち4000人、すなわち約35%がこの中華帝国出身者で占められていた。

なぜ中国人なのか?年率9パーセントの成長を遂げているとはいえ、中国の経済発展はまた、給与生活者にとって最低限必要なものを保障していた古くからの仕組みを破壊した。その結果、市場経済への移行は、赤字の国営企業の閉鎖により仕事を失った社会階層からの移民をも産んでしまったのだ。

フランス当局は、このような移民にとりわけ不安を抱いている。中国人社会の一部がはびこらせた地下経済が、予算担当者を驚愕させるほどの額に上る税金逃れの窓口となっているのだ。最新の調査によると、毎日約50万ユーロが、不法な、あるいは入り組んだ銀行ルートを経由して中国へ送られるという。内相は、このような金額の背後に、30万にものぼるフランスにおける中国人社会の存在があるとする。

中国人移民に飲み込まれるスペイン

一攫千金夢見て欧州を転々 スペインで急増する中国人移民。

スペインでここ数年、大きくクローズアップされている問題のひとつが移民、なかでも中国人移民の急増だ。中国人とスペイン人の利害の対立が、中国人業者の靴倉庫焼き払いに発展する事件も起きている。また、中国人移民には不法入国者も少なくないため、彼らの入国をあっせん裏シンジケートの暗躍に関する報道も目につく。

彼らは何を求めて、はるばるヨーロッパの西端にまでやってくるのだろうか。

中国人移民に飲み込まれるイタリア

中国人移民がイタリアのミラノで暴動ヨーロッパ,宗教と文化,移民問題最近ヨーロッパで暴動があったというニュースを聞くとイスラム系移民による暴動がすぐ頭に浮かぶのだが、今回イタリアのミラノで起きた暴動事件はなんと中華街での中国人移民によるものである。

ことの起こりは商品を違法に自家用車で運搬していた中国人女性が摘発され罰金を課されたことがきっかけだという。100人以上の中国人商店街の商人たちが中華人民共和国の旗を翻して人種差別を批判して暴れはじめた。その結果10人の警察官が負傷しほぼ同数の中国人もけがをした。日が暮れるまで続いた暴動では車は倒されるわ、警察がバトンを振り回すわ、罰金を課された女性は逮捕されるわ、で大変だったようだ。

イタリアでは現在11万4千人の中国人がすんでいるといわれるが、違法移民の数もかなりあるため実際にはその倍以上だとされている。ミラノだけでも中国人の人口は過去10年で1万2千にふくれあがっているという。ローマ、プラト、タスカニーといった大都市でも中国人労働者の数はかなり増えているようだ。特にローマとミラノでは中国人経営のビジネスが町の一画を完全に仕切っており、中国産繊維類の運搬で付近の道がかなり混雑していたことから普段から地元警察と中国人商人との間でかなりの摩擦が起きていたようだ。

中国人移民に飲み込まれるアメリカ

NYのチャイナタウンは、ウォール街から貳ブロック北にひろがる「キャナル・ストリート」(運河街)にある。もともとは広東からクーリー貿易で移住してきた中国人労働者が開いた、暗くて、雑多で猥雑な街である。華字誌がならび、世界日報も華僑新聞も、そして『中国之春』も中華麺、食材、卵、人参などと並べて売られている。街のやや中央部にある「北京ダッグ」の名物店は行列ができるほどの盛況で、コッチ元NY市長も食べにきた(この店はアルコール・ライセンスがないので、酒は持ち込まなければならないのだが)

猛毒食品の非難囂々だったとき、チャイナタウンで「CHINA FREE」(中国産品、扱っておりません)のステッカーが張られていた。これは一種、ブラックユーモアの世界だが、アメリカ企業家の心胆を寒からしめる動きが、まだある。チャイナタウンの急膨張とそのはてしなき増殖ぶりの凄まじさは、すでにおなじみ。北隣りのリットル・イタリアをとうの昔に呑み込み(八年前に行ったとき、すでにイタリア街にイタリア料理店は二軒しかなく、ほぼ九割が中華レストランだった)、ブロードウェイの対岸ソーホー地区さえ中国人が呑み込んだ。

中国人移民に飲み込まれるカナダ

カナダのトロントに出現した“チャイナタウン異変”あっという間に50万人のチャイナタウンが景観を激変させてしまった。

トロントは美しい街である。いや「だった」と書くべきかもしれない。ポルトガル人、イタリア人、そしてユダヤ人街は、それぞれが典型のタウンハウスで、前庭には小さな噴水や花園があった。一角は綺麗な風景で、朝夕、老人達が花々の手入れをしていた。

中国人が、ある日、この一角に現れ、つぎつぎとタウンハウスを購入し始めた。過去一、二年で、40万人から50万人の中国人が住み着くようになった。瞬く間の出来事だった。 最大の変化はなにか。購入したタウンハウスの前庭を、いきないコンクリートで潰して、空間の有効利用を始めたため、どの家からのガーデンが消えたことだ。トロントの伝統的な街の景観を変えてしまった、とカナダでは大騒ぎになっている


イナゴの大群のように他国を踏み荒らす中国系移民。
そういえば、今の日本の政権は、中国人の移民を1000万人受け入れるという構想を持ってましたね。
関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク