今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八百長問題 アジアが温床? FIFAの目厳しく

Category: 韓国・朝鮮  
八百長問題 アジアが温床? FIFAの目厳しく

2011.8.13 13:54

 国内リーグのスキャンダルは代表チームも弱くしてしまうのか。10日の国際親善試合(札幌ドーム)で日本に0-3と完敗した韓国の姿を見て、そう思った。

 韓国Kリーグは今、スポーツくじの配当金をめぐる八百長問題に揺れている。聯合ニュースなどによると、昨年6月から今年4月までの17試合で八百長が行われ、ブローカーから現金を受け取って勝敗を操作していたとして検察が起訴した選手らは54人にのぼる。その裁判も先月28日に初公判が開かれ、既に始まっている。11日には、所属していた韓国人DFが起訴された選手の1人だったことが分かり、J2北九州がこの選手との契約を解除した。

 その影響があるのだろうか。今夏に韓国から選手を補強したJリーグのクラブは、柏が慶煕大の権韓眞、神戸が崇実大の●(=褒の保を非に)千●(=夾の左右の人を百に)と、疑惑のKリーグを避けて大学生を獲得する傾向が強かったように思う。

 一方、国際サッカー連盟(FIFA)によるハマム会長への永久活動停止処分を受けて先月下旬に開かれたアジア・サッカー連盟(AFC)の臨時理事会では、理事らが八百長問題に対処するためにFIFAと合同の作業部会を立ち上げることを勧告。タイ・バンコクにFIFAが臨時のセキュリティーオフィス開設を検討していることも明らかにされた。

 これらから類推すると、FIFAは韓国だけにとどまらず、アジアを八百長の温床と見ているのではないだろうか。関係者によると、かつて中国の国内リーグで八百長疑惑が勃発したとき、AFCで制裁を加えず、自国で対処させようとしたのは、ハマム会長だったという。その当事国出身である張吉龍会長代行は今回、どうするのだろうか? 自らの浄化をアピールする意味もあり、FIFAの目は厳しくなっている。



http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110813/scr11081313550001-n1.htm




関連記事

Comments

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。