FC2ブログ

今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有道 出人

Category: 事件  


日本で活動している豪ジャーナリスト、ライアン・コネル氏は天職に恵まれて満足していた。
しかし、先月来彼は日本で最も罵倒される人物となった。各チャットサイトでは、意図的に日本のイメージを世界に貶めた「低俗なオーストラリア人ジャーナリスト」と非難するビラが溢れかえった。

今回の事件は、非難を浴びている「WaiWai」に5月に掲載されたコラムの1つから沸き起った。
日本の週刊誌の記事を引用したもので、あるレストランでは食材の動物とセックスをしてから食べるといった内容だ。
この記事は「mozu」と称するブロガーの目に留まり、怒った彼はブログに書き記した。それは即座に「2ちゃんねる」でも取り上げられることとなった。過熱気味な保守的傾向が見られる曰くつき人気巨大掲示板である。

そこでは多くの怒りが爆発して、コネル氏とその家族、毎日新聞およびそのスポンサーに対する抗議行動に発展し、数百万円の広告スポンサーを降りる会社も出るに至った。
毎日新聞社(世界で4番目の販売量を誇る)は謝罪文を掲載し、当該コラムを閉鎖し担当責任者たちの処罰とコネル氏には懲戒休職3ヶ月とする旨を明らかにした。
今週、本紙(ジ・エイジ紙)はコネル氏に接触したが、彼はコメントできないとの返答だった。
彼は殺害脅迫を受けていて騒ぎが沈静化するまで自宅でおとなしくしている様に、警察から厳しく指示されているのだろうと本紙は見ている。

コネル氏は1998年から毎日新聞コラムに書くようになった。世界の英語圏の地域に向けて衝撃的で有り得ないよう話で情報源も定かではないようなものばかりを日本の猥褻(わいせつ)記事満載の週刊誌から漁(あさ)っては提供してきた。西欧の読者の人気を集めていたことが日本のブロガーたちをさらに激怒させた。「日本は淫らな国」と、世界中で評判になっているのだと彼らは思っている。
「事実を知らない外人は真に受けるだろ、これ」、「ライアン・コネルはスカトロ愛好者だ。これがオーストラリア人さ」、「もうオーストラリアに水爆を落としちまえよ」といった非難の書き込みが相次いだ。 (抜粋)

「White Oniy」というお店なら海外によくありますよね。
そういうのは許せて「Japanese only」は許せないんだ。
ようは白人の自分をお前らアジア人が差別するな・・と言いたいんでしょう。

有色人種に対する差別がヒドイ国からやってきてわざわざ帰化して「俺様を見た目で判断するなよ」と日本人に文句をつける、迷惑この上ない。

来歴および活動履歴
1980年代に日本に移住。
2000年に日本国籍取得。
2001年に小樽の入浴施設を提訴
2002年在札幌米国総領事館から警告を受けて米国市民権を放棄。
2002年NTTドコモに抗議。
2004年2月、稚内市と紋別市に対し人種差別撤廃条例を強要。
2005年の3月から4月にかけてピースボートに参加。ちなみにピースボートには極左との繋がりが指摘されている
2005年6月より、本人のサイトにてパロディー絵「Little Yellow Jap」掲載を開始。
2005年マンダムに抗議。
2006年1月、2ちゃんねるを相手取って起こした名誉毀損訴訟で勝訴(→2ちゃんねるの歴史)
2006年4月H.I.Sに抗議
2006年9月夫人で元南幌町議員菅原文子と離婚。
2006年国歌斉唱は多文化共生に反すると非難。
2006年11月戸籍にある菅原姓の削除を札幌家庭裁判所に申し立て
2007年2月ファミリーマートボイコット運動。
2007年9月ホリデースポーツクラブに抗議。
2007年10月北海道情報大学を非難
2007年12月東横インボイコット運動。
2008年1月北国新聞に抗議。
2008年1月豪で武者小路公秀と共に日本語能力テストを批判。
2008年6月洞爺湖サミットの警備をめぐり、外国人にみえるというだけで警察が職務質問するのは人種差別だとして北海道警察に抗議文を提出

「Little Yellow Jap」
2005年6月より、本人のサイトにて「ちびくろサンボ」が復刊されたことへの抗議と称し、「ちびきいろじゃっぷ」と書かれたパロディー絵を掲載している。 出っ歯、ふんどし、下駄の絵で日本人を侮辱し、英語版では、"Little Yellow Jap"という最大級の人種差別表現を6回使用している。 なお、アルドウの母国アメリカでは「ちびくろサンボ」が、200件以上、ごく普通に出版されているが、 これに対してアルドウはどのような批判もしていない

H.I.Sの日本国籍保持者限定ディスカウントを非難する一方で、自分は外人オンリーディスカウントを宣伝したり、"Welcome Non-Japanese Customers"という店頭用表示を販売するなど反差別と矛盾する行動が見られ、強い批判を浴びているが、有道本人は本件に関し説得力がある説明を何もしていない。

______

見た目だけでなく心の中も白人の塊の人なのに、どうして帰化したのか。
「俺は日本籍を持ってるのに日本人は見た目で差別するから許せない」・・そう言いたい為だけに帰化したとしか思えない。

多文化共存を受け入れろと主張しているこの人自身が日本を否定しているように思えてしまう。

差別、偏見、人種差別、祖国であるアメリカの方が深刻なのにアメリカに対してはスルー。
白人の自分が差別されるのは許せないけど、それ以外はどうでもいい。
・・ある意味わかりやすい信念。

それが差別に繋がるとは考えないし、思い至らない。

所詮、白人至上主義の国からきた白人外国人。
本当の差別とはどんなものかわからないだろう。


クレール・H・ビショップ
(Claire Huchet Bishop, 1899年 – 1993年3月11日)は、米国の児童文学作家、図書館員。
代表作「シナの五にんきょうだい」は、1961年に日本語訳が出版されて以来、専門家から高い評価を受けるとともに子供の人気を集めてきた。1970年代になると米国で批判が起き、(1)細長の目や辮髪など、中国人を戯画化して描いている、(2)米国社会が中国からの移民労働者に強制した服装が描かれている、などと問題視された。


『ちびくろサンボ』(英: The Story of Little Black Sambo)は、世界的に広く読まれている童話、絵本。もとは軍医であった夫とインドに滞在していたスコットランド人、ヘレン・バンナーマン(ヘレン・バナマン)が、自分の子供たちのために書いた手作りの絵本であった。のちに公刊され、多くの海賊版(後述)によって広く流布した。

原作者はいずれも白人ではあるまいか?
そこに人種差別的思想があった・・・とは思えないのだが・・・



白人至上主義は今も変わってはいない


$今日ボクが見た風景



関連記事

Comments

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。