今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、反日教育のつけ 旧満蒙開拓団慰霊碑撤去 

Category: 中国  

中国、反日教育のつけ 旧満蒙開拓団慰霊碑撤去 

2011.8.6

【北京=矢板明夫】中国の黒龍江省方正県が建てた旧満蒙開拓団の慰霊碑が、国内世論の反発と過激派による破壊行為を受けて撤去されたことは、江沢民時代に実施した反日教育をうけた世代が中国の世論を形成する主流となりつつあることをうかがわせたと同時に、民族感情を法律より優先する中国の一面を露呈している。

 1945年夏のソ連軍の参戦によって、黒竜江省各地の旧満蒙開拓団員は難民と化し、逃げる途中に方正県で足止めされ、混乱の中に大勢が死亡した。1963年に周恩来首相(当時)の指示で同県内に日本人公墓が造られた当時は、中国政府も国民も「戦争の責任は軍国主義者にあり、日本人民は中国人と同じく被害者だった」という見方を示し、強い反対はなかった。

 しかし、1989年に発足した江沢民政権は、反日教育を徹底的に実施し、「日本人民はみな加害者」という価値観が形成された。慰霊碑建設にネット上で反発する人も、過激行動を取る人も反日教育を受けた世代が中心だ。当局が慰霊碑を撤去したのは、国民の批判の矛先が政府に向けられることを警戒したためであり、反日教育のつけが回ってきたともいえる。

 また、公的財産の慰霊碑を破壊した5人を放任した上に、政府系メディアまでが「5壮士」とその行動をたたえたことについて、現地の日本人には「法律に基づいて彼らを処罰しなければ、日本製自動車の破壊や日本レストランの襲撃までもみな正当化されてしまう」(大手企業駐在員)と懸念する声がある。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110806/chn11080621570003-n1.htm



負のスパイラル・・・


この先中国との付き合い方を根本的に考え改める時が来ている

残念だが これが現実だ


「日本」と云う国に 人に 過激に過剰反応する憎しみと怒りを植えつけた

反日教育の成果は無視すべきでない


彼らにとって 「日本人は 問答無用に危害を加えても良い存在」だ

と言うことを 日本人はしっかりと把握して行かねばならない


これは 韓国にも言える



負の感情を子供に仕込み政策とする愚かさの付けは

間違いなく 自国の一個人を再起不能に貶める 


誤った恨みの感情は 一生涯癒される事はない

見えない敵と闘い続ける


日だまりの温もりを知らぬ 哀れな人の行く末など不幸でしかない


夢さえ持てない・・・在るとすれば それは 血の匂いのする 野望だ



虚しく哀しいだけの未来を目指す 反平和教育

関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。