FC2ブログ

今日ボクが見た風景

高野孟

Category: 売国奴  

高野孟



高野の親父は高野実である。

高野実は元総評の事務総長として共産主義者として鳴らした朝鮮人、

北チョンとの繋がりも深かった。

高野も世襲で此れを継いだ朝鮮糞奴であり、

共産主義者なんて我が日本で朝鮮族の伸張を狙った単なる奴等の

〖道具〗に過ぎない。 


朝鮮人優位の日本に持っていく為の反日勢力を造る腐心の一環が労働運動であり、

弱者救済や人権主義だったのである。 


こいつ等が此れらを道具と見ていた証拠に弱者を追い込む格差社会を造った小泉には靖国

参拝以外は殆んど全面的と言える賛美を送っていたのであり、

其のご都合主義を此処で大きく露呈している。 


如何したことか、こいつは「サンデープロジェクト」が終了した後は、

現在はチョンナベツネ率いる日本テレビ系の俗悪チョン番組「ミヤネ屋」に

粗押し込まれている。


今日ボクが見た風景



高野 孟(たかの はじめ 1944年4月17日(戸籍上は3月19日) - )
日本のジャーナリスト、『インサイダー』編集長。東京都出身。
早稲田大学高等学­院、早稲田大学第一文学部哲学科卒業。


高野実(後の総評事務局長)の長男として生まれる。
なお、気功師で毛沢東主義の­新左翼活動家、津村喬は弟。

かつては日本共産党の党員で、大学卒業後に共産党系の通信社
「ジャパン・プレス・サー­ビス」(JPS)に入社。
その後、中央との路線対立から党とJPSから追われる­形となった。
広告・PR会社「麹町企画」勤務を経て、1975年よりフリーランスジャ­ーナリストとして活動を開始、
ニューズレター『インサイダー』の創刊に参加する。
19­80年より株式会社インサイダーを設立し、
代表取締役兼編集長として現在に至る

1993年、村田信之・斉藤蓮舫夫妻の媒酌人を務める。

1995年新党さきがけ政調会長菅直人、前日本社会党委員長山花貞夫、
日本新党離党し­た海江田万里等とリベラル東京会議を旗揚げ。
リベラル東京会議は、翌年の旧民主党結党­の礎となった。

一方でインターネット(パソコン通信)を通じた言論活動を早くから行なう。
「東京万華­鏡」「ざ・こもんず」を経て、
現在はジャーナリストらのブログサイト「THE JOURNAL」を主宰


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク