今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻娘持ち農水副大臣、30歳下女性と“腕組みデート”

Category: 政治  

妻娘持ち農水副大臣、30歳下女性と“腕組みデート”


2011年08月03日

セシウム牛問題の対策に追われているはずの民主党の筒井信隆農水副大臣(66)に、不倫スキャンダルが噴出した。地元・新潟が記録的豪雨に見舞われた先月下旬、30歳下の女性と“腕組みデート”していたという。筒井氏には妻と2人の娘がいる。

 3日発売の週刊新潮によると、筒井氏は7月25-30日の間、地元である新潟県上越市出身の女性(36)と腕を組みながら都内の繁華街やデパートをデート。死者・行方不明者6人が出た集中豪雨が上越市を襲った29日には、有名天ぷら店で食事。議員パスを使用して東京駅の構内をスルーし、入場料130円を浮かせていた疑惑も浮上した。

 2人は都内のマンションで同棲中だったとされ、地元にいた筒井氏の妻は同誌の直撃に絶句した。

 筒井氏は女性について「健康的なものの管理、世話をやってもらっている」とし、愛人関係を否定。腕を組んでいたのは、「目が悪い。段差があるとつまずいて転ぶ」などと、転倒防止のためであることを強調した。地下鉄車内で腕を組み続けたことについても、女性が「(目の)状態を調べるの」としている。

 本紙が「視覚障害学入門」の著書がある佐藤泰正・日本医療科学大学長に確認したところ、「視覚に障害を持つ方が介助を受ける場合は、片方の腕を支えてもらうのが一般的。寄り添って腕を組んでもらわないと歩行に支障が出るようなら、重度の視覚障害者とみて間違いない。ほとんど見えない状態で、盲導犬もなしに議員活動を続けているのなら、何とも不可解」と話している。


http://news.livedoor.com/article/detail/5757599/




今日ボクが見た風景




1967年、22歳で司法試験に合格。司法修習第22期(同期に木村晋介や弘中惇一郎)を修了し、

≪香ばしい同期生だ≫

1970年に筒井法律事務所を開業。その後、日本社会党の木島喜兵衛衆議院議員の知己を得、

引退する木島に代わって出馬するため、新潟県上越市に移る。


2008年6月、小沢一郎代表らが主導して第21回参議院議員通常選挙のマニフェストに記載された農家への戸別所得補償について否定的な見解を示した前原誠司副代表に対し、「前原誠司副代表の妄言を糾弾し、その「退場」を勧告する」と題したメールを篠原孝、山田正彦と連名で民主党の全所属議員に送信した。なお篠原、山田、筒井の3人は共に民主党の次の内閣で農林水産大臣を務めていた。

2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加。 2009年5月6日、1932年に中国で起きた平頂山事件について日本政府に公式謝罪を求める議員団に参加[2]。
≪緊張感のない間抜け代議士ここにも。≫

関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。