FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「支那」という言葉

Category: 日本国民の心得  

「またネトウヨ差別用語 シナですか?」



“差別用語”と呼ばないで http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/main.html


支那=CHINA     http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/sina.html


 「支那」は「中国」の蔑称であるという誤解が一般に広まっている。

しかしそれは正しくない。 国語辞典の「大辞林」(三省堂)は以下の説明を付している。

しな【支那】 外国人が中国を呼んだ称。「秦 しん」の転という。

中国で仏典を漢訳する際、インドでの呼称を音訳したもの。

日本では江戸中期以後、第二次世界大戦末まで称した。
 また、明治二十二(1889)年発行の「言海」という国語辞典では

「支那」はないが「支那人」という項があり、

以下のように「支那」という語の由来を解説している。

シナ-ん (名) |支那人| 〔支那、或ハ、震旦トモ記ス、印度ヨリ稱シタル名ニテ、文物國ノ義ナリと云、舊約全書ニSinoaトアルモ是ナリトゾ、或云、秦
シヌ
ノ威、胡
エビス
ニ震ヒシカバ、其名ヲ印度ニ傳ヘタルナリト〕唐土
モロコシ
ノ人、カラビト。唐人
タウジン

 つまり、中国語の「秦」が梵語(サンスクリット語、インドの言葉)に入り、

その言葉が仏典によって中国に逆輸入された時、

中国人自身が「支那」と音をあてたのである。
 従って、「支那」という言葉は、元々中国人の作り出した

まさに中国語なのであって、日本人はその中国語を借りているに過ぎないのである。


 なお、「秦」は英語に入るとChinaとなり、

現在でも中華人民共和国の正式英語名称はPeople's Republic of Chinaである。



戦前の本を読んでみると、ほとんどの本はChinaのことを「中国」でなく「支那」と書いている。

私は、当時の本を研究すればするほど、

日本人は「支那」という言葉を侮蔑の意図をもって使い続けてきたのだとする説への疑念が、

どんどん深まっていくのを感じる。

中国を蔑視するような文脈はむしろ少なく、ほとんどはごく普通に、

中華民国や中国大陸の通称として使われていたことが、はっきりと読みとれるのである。

我々が「子ども」でなく「子供」と書くことに“差別的意図がある”なんて全く知らなかったのと同じで、

当時の人々は、「中国」を「支那」と書くことが“差別表現”だなんて、全く知らなかった。

中国を蔑視したくて「支那」と呼んだというよりも、「支那」という名前の方がより一般的だったので使っていた、ただそれだけのことだった。


 それでは何故、「支那」という言葉をかように嫌がる中国人が多いのか。

「ガイジン、ガイジン」とからかわれた外人が嫌な思いをするのと同じで、

「シナじん、シナじん」とからかわれた中国人も嫌な思いをしたのである。

「外人」も「支那人」も元々は差別用語でなかったけれど、

からかいの言葉に悪用するなら人を傷つけることになってしまうのである。

 また、日本では中国を公式には王朝名で呼ぶのが慣例であり、

清朝時代には日本政府も「清」と呼んでいた。

「日支戦争」でなく「日清戦争」という名前はそのためである。


 とはいえ、政府という区切りではなく地域・文化的な区切りでは「清」でなく「支那」が使われた。

漢民族は「支那人」と呼ばれ、漢民族の言語である中国語は「支那語」と呼ばれていて

「清語」とは呼ばれなかった。

中国の王朝は同じ民族とは限らなかったから

(漢民族だけでなく、モンゴル人の元、満州人の清などあった)、

王朝が変わるたびに言語名を変えては大変なことである。この場合は「支那」が使われた。


***********************************
と書かれている。

ウィキペディアにも http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E9%82%A3
同じように書かれている。



工作員の宣伝に惑わされて洗脳されて思っている人は多い。
間違ったことでも何百回も大きな声で言い続ければ人は信じるようになる。

彼の国は歴史的に見ても征服した国の歴史書を破り

自分たちの都合の良い用に書き換えてきた国。
世界中どの国も新しい権力者はしてきたことだけども この国は特別ひどいようだ。

支那豚の楽園 http://pigzhina.blog122.fc2.com/
このページではあえてシナ人が支那と言っている。

はてなキーワード > 支那 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C6%E1
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history...

支 那 事 変 http://ww1.m78.com/sinojapanesewar/sinojapanese%20war.html
なぜこう呼ぶのかな。

支那とは (シナとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%94%AF%E9%82%A3

支那事変 - Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E9%82%A3%E4%BA%8B%...


取り上げたら枚挙に暇がない。

それだけ世間では認められている言葉である。

参考までに
●中国 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD


「中国」の意味の変遷


古典的用法
中華思想における世界観


中国(ちゅうごく)という語は、中国の古典である『詩経』で「地理的中心部」と言う意味で初めて用いられた。従って本来は特定の民族ないしは国家を指す語ではない。ベトナムでは阮朝が自国を中国(チュンコック)と呼び、日本でも自国に対して葦原中国(あしはらのなかつくに)あるいは中国(なかつくに)という美称を用いている[1]。一方、黄河流域で黄河文明を営んでいた漢民族の間では、「中国」という語は、孔子とその他思想家たちによる潤色を経ながら、中華思想に基づく「文化的優越性を持った世界の中心」という意味を帯び、中国歴代王朝の政治的・軍事的な境界を設定する中で、徐々に民族のアイデンティティを境界づける自称として拡張されていった。「中原」とは、黄河文明の発祥地である黄河中下流域に広がる平原のことである。
中華(ちゅうか)あるいは華夏(かか)という語は、「優れた文化を持つ者」を意味し、漢民族の間で「中国」と同様の自称として用いられた。「中心の国に住む優れた文化の担い手」という意味の「中華」には、地理的な意味に加えて、「漢民族のアイデンティティ」と「華夏文化の優越性」という要素が共存していた。
中華思想においては、「中国」「中華」に対して、その四方に居住する周辺民族は「夷狄」として対置される。漢民族は周辺民族を「北狄」「東夷」「西戎」「南蛮」と呼び、野蛮とみなして蔑んだ。中国歴代王朝は、自らが人類で唯一の皇帝[2]であり、それ以外は中華世界における辺境に過ぎないという態度を取った。対等な国が存在しないのだから、対等な関係外交は存在せず、周辺民族との関係は全て朝貢という形式となる。逆に言えば夷狄の王が中原を征服して中国に同化し、皇帝となることも可能であった。五胡十六国時代の諸国や南北朝時代の北朝がこの典型である。
しかし、遼、金、元、清の4王朝は漢民族を支配して中華帝国の系統に属する王朝を作ったが、自民族の文化も保持し続け、漢民族に対しては征服王朝として振る舞った。漢民族が直面したこのような現実に対して、宋学では華夷秩序が強調されるようになった。

中華人民共和国 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%...

なども参照するといいのではないだろうか。


みなさん大いに勉強してもっと沢山の人に一つでも多くの間違いの認識を訴えて下さい。




「支那」という言葉の使用制限・差別語化は

昭和21年6月6日の外務次官通達によって“理屈を抜きにして”使わぬ様、

当時の主要な新聞、雑誌社に対してなされた時から生じたものです

(この次官の自己保身が原因と思われる)。

そして、議会や内閣には13日まで報告はなされていません。

つまり、この「支那」という言葉の使用制限と差別語化のもとは一人の

外務次官の手によってなされたものを、事後承諾という形により追認したに過ぎないということです。

また、外務省の見解ではこの次官通達は現在も有効だということですから、

外務省が見解を改めない限りいつまでも続くということです。


資料閲覧はアジア歴史資料センターのサイトでどうぞ。
http://www.jacar.go.jp/ (「支那 名称」と入力して検索)

また、このブログにはその通達が載っています。
http://wildhorse-depot.seesaa.net/category/1727950-2.html

「またネトウヨ差別用語 シナですか?」

関連記事

Comments

« »

06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク