今日ボクが見た風景

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国、自民3議員の入国拒否 「両国の良好な関係に役に立たない」

Category: 韓国・朝鮮  

韓国、自民3議員の入国拒否 「両国の良好な関係に役に立たない」


2011.8.1


 日本固有の領土で韓国が不法占拠を続ける竹島(韓国名・独島)近くの韓国・鬱陵(ウルルン)島を視察するため、新藤義孝衆院議員ら自民党議員3人が1日午前、羽田空港発の民間機で韓国ソウルの金浦空港に到着したが、韓国政府は「両国の良好な関係に役に立たない」との理由で入国を拒否した。3人は同日中に帰国する見通し。日本の国会議員が入国を拒否されるのは極めて異例だ。



今日ボクが見た風景

韓国・鬱陵島を視察するため羽田空港に到着し、記者団の質問に答える自民党の

(左から)佐藤正久参院議員、新藤義孝衆院議員、稲田朋美衆院議員=1日午前



入国を拒否されたのは新藤氏のほか、稲田朋美衆院議員と佐藤正久参院議員。韓国政府は入国審査で出入国管理法の「公共の安全を害する行動を起こす恐れがある」との入国禁止規定を適用したとみられる。

 新藤氏は出発前、羽田空港で記者団に「韓国が竹島をどうとらえているのか、現地に行って見るだけだ。入国拒否の方針は全く受け入れられない。入国拒否を予告されて行かなければ、恫(どう)喝(かつ)に屈したことになる」と語っていた。

 新藤氏らは2日に韓国の竹島実効支配の拠点となっている鬱陵島に入り、島内の「独島博物館」などを視察する計画を立てていた。ただ、韓国内では鬱陵島訪問が日本側による「竹島支配」の行動と受け止められ、反対運動が加熱。韓国外交通商省は7月29日に武藤正敏駐韓大使を呼び、新藤氏らの入国を拒否する考えを伝達していた。武藤氏は抗議し、再考を求めていた。


 当初は新藤氏が委員長代理を務めている自民党「領土に関する特命委員会」として視察する予定だったが、党執行部が中止を求めたため、「議員個人の視察」に変更した。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110801/plc11080108400005-n1.htm








韓国、竹島研究の大学教授の入国拒否 未明に「追放」

2011.8.1

【ソウル=加藤達也】竹島(韓国名・独島)研究で知られる下條正男・拓殖大教授が31日夜、韓国・仁川空港の審査で入国が許可されず、日本へ引き返していたことが1日、分かった。下条教授は、鬱陵島視察のため同日から韓国を訪問する自民党の「領土問題に関する特命委員会」の国会議員3人と合流する予定だったことから、韓国政府が入国を好ましくないと判断したものとみられる。

 下條氏によると、31日夜に成田空港を出発。午後10時前に仁川空港に到着した直後、乗務員に氏名を呼ばれ、入管係官の前まで同行。審査を受けたが、照会の結果、公共の秩序を乱す者の入国を不許可とする韓国入管法第11条2項の規定により入国を許可できないと通告されたという。

 下條氏は約4時間、入国不許可者待機室に留め置かれ、1日午前1時半、アシアナ便で羽田空港に送還された。

 下條氏の入国不許可を、1日付の韓国メディアは大きく取り上げた。朝鮮日報は「入国を摘発」、「未明に追放」の見出しで1面トップ。東亜日報も「極右の学者 仁川空港で送り返し」とする記事を1面に掲載。「韓国の領土を否定する政治的目的の訪韓に対する初めての入国禁止措置」としている。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110801/kor11080111330002-n1.htm




BBCのコメンテーターとキャスターの会話が笑わせる

コメ : 国際的法規にも問題ない行動を国連事務総長を出している国が
拒否していることは韓国には自覚と知能が足りないのでしょう

キャ : 冬季オリンピックに私たちは入国できるのでしょうか?

関連記事

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。