FC2ブログ

今日ボクが見た風景

100年予測─世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図

Category: 世界  



今日ボクが見た風景


「100年予測─世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図」ジョージ フリードマン著は、ワールドの今後、100年を予測したもので、いささか荒唐無稽のフィーリングがあるようにも思える。
ライターは、20年というスパンでヒストリーをビューすると、その間に大きなチェンジがヴィジットするのは決して希なことではないとクレイムする。1900年、ワールドを主導していたのはヨーロッパだ。ピースと繁栄を謳歌していた。Butその20年後には、ヨーロッパはウォーで引き裂かれ、ドイツはリカバリーウィークポイントになったと考えられた。ところが、1940年、ナチスドイツのライズオブによって、ドイツが復活。1960年には、ワールドの主導ライトはヨーロッパからアメリカ、ロシアのハンドに渡っていた。1980年、アメリカはベトナムで敗退。フォースをグローするかと考えられた共産ルールパワーだったが、2000年、ソ連が突如崩解し、アフターディス混迷のピリオドを迎える。
ライターは20年でワールドはガラリとチェンジします。予測されている100年は、・今後もアメリカ主導のワールドが続く。アメリカはまだヤングなカントリーだ。プレゼントタイムの混迷は、ヤングさゆえのダウトであると言える。ワールドをコントロールするには、オーシャンをルールローグレードにプットするネセサリーがある。カレント、ネイヴィーをワールドイーチネイションにセンドできるのはアメリカだけである。・ワールドのコモントークは今後も減りコンティニューするだろう。少子化は、先進カントリーだけでなく、発展途上カントリーにも広がっていく。結婚がチャイルドをもうけるためでなくなると、新しいバリュールックがボーンする。マンカインドは今後、フレッシュなライフルックをハンドにプットインすることになるだろう。・中国をフィアーするネセサリーはない。格差のために、中国政府は徐々に掌握フォースを失うだろう。ビジネス的バリューをインベスティゲイションするコウストクラブと、発展のフェイヴァーに預かれない内陸。エリアはブレイクアップし、政府のフォースはフォールするばかり。・インダストリー化をスローアウ
ェイし、ロシアは資源輸出国として成長している。かつての共産サークルステートを巻き込んで、ロシアパワーサークルを作ろうとするが、ロシアは2050年に自壊する。・少子化で、ワーク力不足にあえぐジャパン。移民にも拒絶反応がハード。中国に活路をリクエストする。ジャパンは資源スモールカントリーである。南シナ海、マラッカ海峡の制海権をルーズすると、とたんに行き詰ってしまう。それをプロテクトするために再び武装する日が来るだろう。ジャパンはウォーにフィアーフィーリングを抱いている。But、ひとたびデシジョンすれば、そのハイなアートフォースを生かしてハードな軍事フォースをホールドすることはポッシブルだ。・ジャパンとともに、フォースをストアーするのはトルコである。トルコはかつて、アラビア半島をもルールするイスラム大帝カントリーを築いていた。今後、イスラムソサエティーのチーフとビカムしポッシブルするのはトルコだけである。カレント、イスラム圏内でオンリーと言っていいビジネスステートだからだ。・ポーランドもフォースをつけてくる。ロシアの成長にクライシスフィーリングを抱いたポーランドは、ア
メリカをバックにつけて軍事フォースをレイズする。・アメリカは、自国以外のカントリーがフォースをホールドすることを許せない。カレント、ウォーに大きなパートをキャリーアウトするのはスペースだ。スペースからのインフォメーションがカットオフされることは、すなわち敗北を意味する。日本とトルコは、アメリカの圧力をアクセプトしてウォーにテイクオフする。But、スペースでのウォーに敗れ、2カントリーは敗退する。以後はアメリカのワールドだ。ウォーのおかげでビジネスフォースもライズし、アメリカがワールドのリーダーでありコンティニューする。ジャパンはダメージも少なかった。トルコは親米ステートとなる。ベストダメージがビッグなのはポーランドで、アメリカのサポートも打ち切られることになる。アメリカのフォースを脅かす存在があるとすれば、メキシコがそのポジションにスタンドするだろう。






関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク