FC2ブログ

今日ボクが見た風景

韓国の無礼の数々!記憶せよ!

Category: 韓国・朝鮮  

韓国閣僚が青少年と竹島訪問…松本外相、駐日大使に抗議=韓国

2011/05/26(木)


 韓国の白喜英(ペク・ヒヨン)女性家族相が25日、日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)を訪問したことを受け、松本剛明外相は同日夜、権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使を外務省に呼び強く抗議した。駐日韓国大使館が明らかにした。複数の韓国メディアが伝えた。

  白氏は、民間外交使節団「バンク(VANK)」の朴起台(パク・ギテ)団長と青少年団員8人、韓国青少年活動振興院や韓国青少年団体協議会の代表らと竹島を訪問した。「青少年に独島愛、愛国の気持ちについて改めて確認する契機を作る」ことが目的と説明した。

  松本外相は、白氏の竹島訪問に先立ち、韓国の国会議員3人が北方領土・国後島を訪問したことについても抗議した。

  権大使は「独島は歴史的、地理的、国際法的にも(韓国)固有の領土であり、日本側の不当な主張は受け入れられない」と韓国の立場を主張し、国後島訪問については「韓国政府は訪問とは無関係」と答えたという。


(編集担当:新川悠)



http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0526&f=politics_0526_006.shtml




韓国国会議員の北方領土訪問、日韓の報道で温度差

Y!2011/05/25(水)
韓国国会の「独島(日本名:竹島)守護対策特別委員会」所属の議員3人が24日、日本とロシアが領有権を主張する北方領土・国後島を訪問した問題に関し、韓国メディアはあまり積極的に取り上げておらず、日韓の報道では温度差が見られた。

  韓国政府は「個人で訪問しており、韓国政府とは無関係」との立場を貫いており、24日に武藤正敏駐韓日本大使が外交通商部を訪れて抗議をした際にも、「純粋に個人レベルの訪問だった」との見解を改めて強調した。

  韓国メディアの関連報道は「日本政府が遺憾の意を表した」、「武藤大使が外交部を訪れて抗議した」、「日本の右翼が韓国議員の国後島訪問でパニック状態」などと、ほとんどが日本側の反応に焦点を当てている。

  25日付の産経新聞は仁川国際空港から帰国した議員らが空港で行ったインタビューの内容を取り上げているが、韓国メディアは25日の午前に帰国する予定であることに触れるだけで、議員3人の帰国を取り上げたメディアは見当たらない。

  韓国議員の国後島訪問が初めて報じられたのは20日、以降25日の15時現在まで大手ポータルサイトDaumでは、関連のニュース記事が約30件掲載されている。(編集担当:金志秀)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0525&f=politics_0525_014.shtml





竹島問題で「日本を孤立させよ」…韓国国会で中ロとの連携主張

2010/11/26(金)


日本と韓国が領有権を主張する竹島(韓国名:独島)問題をめぐり、韓国が中国やロシアと連携を強め「日本を孤立させる戦略」に乗り出す可能性が出てきた。韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」(以下特別委員会)が25日開いた全体会議で提議された。


 全体会議では、韓国・自由先進党の朴宣英議員は「東アジアにおける中日、ロ日の領土紛争は独島領有権主張にとって好機だ」と主張。尖閣諸島問題で中国と、そして北方領土問題でロシアと対立している日本は「四面楚歌」状態だと指摘した。

  朴議員は、尖閣諸島問題で中国が「持続的に国際領土紛争地域化」する戦略を使用しているとし、「独島に対する日本の戦略と同様だ」と論じた。竹島を実効支配している韓国としては、尖閣諸島問題における日本の対応は「そのまま使える」との見解を示した。

  会議では、ロシアのメドヴェージェフ大統領が日本との係争地である北方領土の国後島を訪問したことに引き合いに、「李明博大統領も独島を訪問すべきだ」とする意見も出た。

  特別委員会は、2010年末までの予定だった会期を2011年6月までに延長することを決めた。11年3月に日本が中学校教科書の検定結果を発表するので、「教科書歪曲」と「独島領有権争い」が問題化する可能性が高いとの判断により、会期延長で対応するという。

  「独島領土守護対策特別委員会」は今年の4月に韓国与野党の国会議員18人が結成。「日本の挑発に対抗して独島の領有権を強化する」ことを目標としており、9月には「2010年度日本防衛白書の独島領有権主張撤回および韓日会談独島関連文書の公開要求決議案」を全会一致で採択した。(編集担当:金志秀)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1126&f=politics_1126_011.shtml




「対馬も韓国の領土」、国会議員の「対馬フォーラム」創設に賛否両論

2010/09/30(木)


 韓国の国会議員37人が28日、対馬の領有権を主張する「対馬フォーラム」を創設し、本格的な活動に入ることが明らかになった。主要メディアをはじめ、複数のメディアが同話題を大きく取り上げている。

「対馬はわが領土、教科書に記載を」ハンナラ党が日本に対抗

2010/04/10(土)


 ハンナラ党の許泰烈(ホ・テヨル)最高委員は7日、「われわれも対馬島の領有権を教科書に記載することについて議論する必要がある」と発言した。日本の竹島(韓国名:独島)領有権明記問題に関連し、韓国では対抗策として対馬(韓国名:対馬島)の返還を求める動きが活発化している。

  複数の韓国メディアによると、許最高議員はMBCのラジオ番組に出演し、「われわれは独島と同じように対馬島に対しても持続的な関心と情熱を持つことが重要」とし、「(対馬島の領土権主張は)日本の“妄動”に対するひとつの牽制(けんせい)手段となる」と述べた。

  許最高議員は2008年7月、与野党の議員50人余とともに「対馬島の領土確認および返還要求決議案」を国会に提出し、対馬返還をめぐる議論を活発化させている。

  そのため、ラジオ司会者が「日本が独島を教科書に記述したレベルで、われわれも対馬島を記述する必要があるのではないか」と質問すると、許最高議員は「決議案が通過した際には、(対馬島領有権を教科書に記載する)表現を強めることができる。『昔は韓国の領土であった』とするなどの方法で記載することが可能だ」と述べた。

  また、許最高議員は同番組内で、対馬が韓国領であるという論拠が豊富にあることを示すため、釜山にある某大学で歴史的資料を収集していることも明かした。(編集担当:新川悠)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0410&f=politics_0410_001.shtml






  「対馬フォーラム」の会員に名をあげたのは与党と野党の議員37人。会長を務めるハンナラ党のホ・テヨル議員は創立式で「対馬は歴史的、文化的、人種的にわれらの領土であることは明らかだ」と主張、フォーラムは、韓国の領土である対馬を日本が不法占拠しているとし、対馬の領有権を国民に広く周知することを目的としている。

  ただ、対馬に対する関心を高める必要性を訴える一方で、「日本の竹島(韓国名:独島)領有権主張に対抗する形の感情的な対応はむしろ国内外の説得力を得られない」とし、「われわれの研究と活動が両国間の親善友好協力関係を損傷させてはならない」との認識で合意したことも明かした。

  フォーラムは今後、対馬の領有権を主張するための資料収集を行い、対馬を含む大韓民国の地図を作成することも視野に入れている。また、国会での決議案採択を目指すとともに、年2回の定期フォーラムを開催するなど、創立目的に沿った活動を展開していく構えを示した。

  韓国では、竹島だけではなく対馬に対しても地理的に韓国により近く、対馬住民の血統が韓国人とほとんど一致するとして、領有権を主張する動きが出ている。2005年には島根県が「竹島の日」を制定したことに対抗して、韓国の馬山市が6月19日を「対馬の日」と宣言。それから毎年講演会や記念イベントなどを行っている。

  「対馬フォーラム」の創設について、韓国では賛成の声があがっている一方で、「対馬が韓国の領土だったことはない」「尖閣諸島問題で苦戦している日本を刺激するのは時期が悪い」などと反対の見解も多く、賛否両論に分かれている。また、学者を中心に「対馬は江戸幕府時代から日本の領土となっている」とし、対馬の領有権主張には慎重論も多いという。(編集担当:金志秀)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0930&f=politics_0930_001.shtml



関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク