FC2ブログ

今日ボクが見た風景

パチンコ族

Category: 政治  
知事選、立候補予定者準備急ぐ 政策作り、街頭演説、後援会回り...


2010年12月5日 中日新聞(抜粋)

来年2月6日の知事選に向け、共産系の擁立候補が決まった4日、他の立候補予定者も選挙公約(マニフェスト)作りや街頭演説など選挙準備を加速させた。 

6日に出馬会見する大村秀章衆院議員(50)は地盤の安城、碧南、知立各市で自民党市議や後援会関係者に決意を語った。安城市の会合では、近く結成する地域政党への参加を要請。大村氏に近い自民市議は「長年、一緒に活動してきたので参加したい」と話した。

知立市は重徳氏を推す鈴木県連会長の地元。大村氏は「愛知の自民を支えてきた自負はある。今後は保守政治をしっかり立て直していきたい」と語ったが、出席者からは「鈴木氏と大村氏のどっちを向いたらいいのか」と戸惑いの声も聞かれた


大村氏が正式出馬表明 愛知知事選
2010年12月7日 中日新聞(抜粋)

来年2月6日の愛知県知事選で、自民党に離党届を出した大村秀章衆院議員(50)=比例東海=は6日、県庁で記者会見し「日本への危機感がある。愛知・名古屋が日本を引っ張る必要があると考え決断した」と正式に出馬を表明した。

大村氏は河村たかし名古屋市長との連携を明らかにしている。河村市長の辞職、再出馬の表明により予想される知事選と市長選のダブル選挙では、「河村-大村連合」が台風の目となることは確実だ

大村氏は、公約として県民税の10%減税や、規制緩和による経済振興策「平成の楽市楽座」、県と名古屋市の行政機能を合体する「中京都」の創設などを発表した

中京都構想では、「大阪都」構想を提唱する橋下徹大阪府知事と連携する考えを示したが、「専門家や県民の声を聞く第三者機関をつくり検討したい」と述べるにとどめた。県民税減税は「経費節減が必要で、来年度は難しい。実施は2012年夏ごろではないか」と述べた。

一方、地域政党「日本一愛知の会」を設立したことを表明。大村氏の主張に賛同する県議、市町村議、首長らに広く参加を呼びかけ、知事選や来年4月の統一地方選を「この政党を拠点に戦い抜きたい」と語った。


「中京都は難解」大村氏と10分会談、愛知知事苦言
2010年12月8日12時42分 読売新聞

来年2月の愛知県知事選に出馬する大村秀章・衆院議員(50)(比例東海ブロック)は7日、出馬あいさつのために県公館と名古屋市役所を訪れ、神田真秋知事と河村たかし名古屋市長と会談した。

大村氏は公約の柱に「中京都」構想や県民税10%減税を掲げるが、神田知事は「基本的に考え方が違う」などと、否定的な考えを示した。

大村氏は神田知事との会談で、「時代の大きな曲がり角にあるが、県政を引き継ぎ、さらに発展させたい」と述べ、県と名古屋市を合体させて一人のリーダーが率いる中京都や、県民税10%減税への理解を求めた

10分足らずの会談を終えた神田知事は、「今の財政状況で減税を行えば、やるべき仕事を後退させたり、縮小したりという事態が避けられない」と苦言を呈し、中京都に関しても「地域主権、地方分権、道州制などの試みとは違う動きで、私の中では理解できていない」と疑問を口にした。

 ◆橋下知事に“ラブコール”…構想軌道修正◆

大村氏はその後、知事選で支援を受ける河村たかし名古屋市長を訪問。河村市長は6日夕、中京都について「トップは一人にこだわらない」と表現したが、大阪府の橋下徹知事に「僕らの目指す大阪都とは違う」と連携を否定されたため、この日の会談で軌道修正した。

河村市長は大村氏とともに、一人のリーダーが中京都を率い、県と名古屋市の二重行政を一体化させるなど、大阪都構想と同じであることを強調。大村氏は「真意が伝わらず、誤解された面があるが、これで『一緒にやろう』と言ってくれるだろう」と、橋下知事との連携に期待を寄せた


引用ここまで

それにしてもおどろおどろしい世相となった。
気付けば、大阪都だの、中京都だのといった「異常語」が普通に使用されている。
「都」の原義を考えれば、こういった「異常語」による煽動が、アナーキズムやニヒリズムを基盤としている事は明白である。
また現下の日本の停滞を打破するために、「日本を細切れにする」という発想自体が論外であることは、英邁な諸氏に今更説明の必要はあるまい。
この情勢は、「中央」ばかりでなく、遂に「地方」からも日本の解体が始まったと見なければならない。

来年2月に行われる愛知県知事選である。
我々が絶対に落選させねばならないのが、民主党・御園慎一郎、共産党候補、そして「大村秀章」である。
民主党候補や共産党候補に関して、今更説明の必要もなかろうが、この元自民党「大村秀章」についても、その当選を完全に阻止する必要がある。

この「大村秀章」の思想出自は、「中京都構想」などとぶち上げる事からも明らかなように、アナーキズムを基盤とした「極左」の極みである。
そして「パチンコ業界」から寵愛を受ける典型的な「パチンコ族議員」である。
自民党から除名となった今、この男を支持する理由は一遍も無い。
そもそも以前より、この男の立ち居振舞いや言動の傲慢不遜は折り紙つきであったが、例えば今回自民党から除名となる顛末や、国会議員の辞め方においても、この男の品性下劣・醜悪劣等の様がよく表れている。

この「大村秀章」は、平成22年年12月3日に、平成23年2月の愛知県知事選に出馬するため自民党に離党届を提出し、同月6日には愛知県知事選出馬を正式に表明した。
ところがこの「大村秀章」は、当然その場で国会議員を辞すべきところを、知事選告示に伴って自動失職するまでの間、国会議員として居座りを決め込むと宣言したのだ。
選挙区においては「落選」し、比例代表における自民党の名で「復活当選」した身でありながら、自民党からは「除名」され、自民党愛知県連から「辞職勧告」を言い渡されているにも関わらずである。
当然、今後は知事選挙の活動に没頭し、国会議員として何ら働かない状態で居ることが自明でありながら、それを恬として恥じる事も無く「高額税金泥棒」で居られるこの男の不道徳と厚顔無恥、極めつけの強欲には言葉も無い。

では、この男の思想出自と支持組織について解説していこう。

民主党や公明党、社民党、共産党、自民党極左の推し進めている「三大亡国法案」こと「人権擁護法」「外国人参政権」「夫婦別姓」について、「大村秀章」は、この全てに「推進派」として名を連ねていることを先ず周知しておく。
また、悪名高き「移民1000万受入政策」にも熱心に取り組んでいた事で知られる。
是だけの事実で、この男が自称する「保守」でないことは明々白々である。
それどころか、このような政策に血道を挙げながら、自らを「保守」と自称して憚らないその頓珍漢振りは、この男が「保守哲学・自由主義思想」について全く無関心であり、「正統の哲学」に無知蒙昧であることの証左と言える。

次に、この男が所属してきた組織について見てみると以下の通りである。

・例外的に夫婦の別姓を実現させる会
・外国人材交流推進議員連盟
・北京オリンピックを支援する議員の会幹事
・自民党遊技業振興議員連盟(自民党パチンコ議連)幹事長
・パチンコチェーンストア協会・政治アドバイザー
・日本遊技機工業組合記念式典に参加
・愛知遊技業協同組合顧問
・国際観光としてのカジノを考える議員連盟
・日韓議員連盟
・日中友好議員連盟
・自民党動物愛護管理推進議員連盟


いやはや何とも恐れ入る。
こういう売国の徒輩が紛れ込んでいるから、自民党が正常な「リベラル政党」にすら成れないのだ。
特亜に対する執着と眼差しも然ることながら、特筆すべきは「パチンコとの密着」であろう。
「自民党パチンコ議連・幹事長」「パチンコチェーンストア協会・政治アドバイザー」「愛知遊技業協同組合顧問」「日本遊技機工業組合記念式典に参加」とは、何とも赤裸々なことである。
この男は、正真正銘、紛う事無き「パチンコ業界の代理人・代表者」である。

この男が「芯からパチンコマネーの汚濁に塗れている」ことは、既にその政治資金報告から詳らかにされている。

例えば「大村秀章」の資金団体・秀成会の資金パーティー(平成17・18年分)だけでも、
㈱三洋販売・70万円
㈱三洋商事・60万円
㈱ジェイティ・30万円
愛遊協・100万円
㈱ダイナム・80万円
京楽産業㈱・30万円
といった錚々たるパチンコ関連業者が資金を提供している。
パーティーだけでこの有様である。他は推して知るべしであろう。

当ブログでは、連携ブログを協力して、この極左アナーキスト「パチンコ族議員・大村秀章」の落選運動を今後も展開していく所存である。


資料:パチンコ業界の脱税
不正脱漏所得(平成20事務年度)

不正発見割合の高い10業種(小分類)

1位 バー・クラブ(56.1%)
2位 パチンコ(46.4%)
3位 廃棄物処理(37.0%)
4位 再生資源卸売(34.3%)
5位 構築用金属製品製造(33.9%)
6位 土木工事(32.5%)
7位 金属打抜き・プレス加工(32.4%)
8位 職別土木建築工事(31.5%)
9位 一般土木建築工事(31.4%)
10位 自動車修理(30.8%)

不正申告1件当たりの不正脱漏所得金額の大きな10業種(小分類)

1位 パチンコ(5364万4000円)
2位 建売、土地売買(3062万9000円)
3位 貿易(2797万7000円)
4位 電気・通信機械器具卸売(2701万2000円)
5位 鉄鋼卸売(2432万1000円)
6位 新聞、出版(2404万1000円)
7位 電子機器製造(2203万8000円)
8位 再生資源卸売(2136万円)
9位 生鮮魚介そう卸売(2043万1000円)
10位 物品賃貸(1951万5000円)

関連記事

Comments

« »

06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク