FC2ブログ

今日ボクが見た風景

竹島状況

Category: 韓国・朝鮮  
自民党議員が、鬱陵島訪問をしようと計画しました。
竹島問題で頑なな態度をとり続け、違法占拠を続ける韓国が、
どのような考えをもち、どのように国民にアピールしているか、
まずは鬱陵島を訪問し、見学してくる・・・という趣旨は、
全く妥当であるし、健全な政治活動であると考えます。

しかし、韓国はヒステリックとも言える反応を示しました。
そして、石原自民党幹事長も、一度は出国拒否とも思える発言をしました。
(その後、撤回したようですが。)

領土問題となっている竹島を訪問するということじゃありません。
韓国領である鬱陵島を訪問するのであり、自民党議員も
韓国領の視察と言っているし、日の丸を振るようなこともしない、
と明言しています。

なのに、なぜ、このような反応になったのでしょうか。

大変、疑問に思いました。
今夜は、これについて考えてみました。

まずは、産経新聞の記事です。


鬱陵島視察 現場に行かねば分からぬ
2011.7.29 03:07
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110729/plc11072903...

<引用ここから>

 竹島(韓国名・独島)に近い韓国・鬱陵(ウルルン)島への
自民党議員らの視察計画に対し、
石原伸晃幹事長が中止をいったん要請した。

「韓国の状況が厳しく、身の安全が心配」

などの理由からだ。
法令に従った渡航をなぜ止めようとしたのか。

 鬱陵島は竹島から約90キロ西にある。
竹島は日本固有の領土だが、鬱陵島は韓国領だ。
8月上旬の訪問を計画しているのは、自民党の
「領土に関する特命委員会」のメンバー4人で、
鬱陵島の「独島博物館」視察が目的である。

 日本の国会議員がその博物館の展示内容を調べ、
韓国側の竹島“領有”のアピールの仕方などを知ることは
当然の活動である。
「身の安全が心配」なら厳重警備を韓国側に要請するのが筋だ。

 石原氏は国会日程や政局が微妙な時期であることも
中止要請の理由に挙げた。
しかし、同じ時期にクウェートなどを訪問する小池百合子総務会長らの
海外渡航は認めている。

最終的に4人の訪韓を認める方向に転じたが、当然だ。

 一方、韓国では、自民党国会議員の鬱陵島視察計画に対し、
李明博大統領が入国禁止措置をとるよう指示したと韓国紙が報じた。

この対応も問題だ。

公共の安全を害する懸念がある場合の
入国禁止を定めた韓国の法律に基づく指示とされるが、
まず、安全を害されることがないよう警備するのが
韓国当局の務めである。

 この問題で、自民党の特命委員会委員長の石破茂政調会長は

「お互いにどういう主張をしているのか理解することが必要だ。
 現場に行かなければ分からない」

と言っている。その通りである。

 鬱陵島は江戸時代、「竹島」と呼ばれ、竹島は「松島」と呼ばれていた。

韓国側には、これを混同した見方もある。
当時、「松島(現在の竹島)」を鳥取藩の漁民が幕府から拝領し、
「竹島(現在の鬱陵島)」へ渡る中継基地などに利用していたことが
多くの文献に記録されている。

 また、昭和26年に調印されたサンフランシスコ講和条約で、
日本が放棄した地域として、

「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」

と規定された。
調印前、韓国側がこれに竹島を含めるよう求めたが、
受け入れられなかった。

 日本の子供たちは、竹島と鬱陵島の法的地位の違いや
歴史的経緯もしっかり学んでほしい。


<引用ここまで>


ここに答えは書かれていると思います。



日本の子供たちは、竹島と鬱陵島の法的地位の違いや
歴史的経緯もしっかり学んでほしい。



つまりは、韓国の大統領も、石原自民党幹事長も、

>竹島と鬱陵島の法的地位の違いや歴史的経緯

が、わかっていないということだろうと思います。


だから、名実共に韓国領である鬱陵島に視察に行くだけで、
これほどヒステリックな対応になり、
また、その過剰反応である韓国政府の対応に、
腰の引けた対応をとってしまったのだと思います。


産経新聞の記事だけでは、ヒステリックな対応が、
今ひとつ伝わってこないので、
韓国の新聞である中央日報の記事でみていきます。

まず、その話を聞いた後の、韓国大統領の反応です。


李大統領「日本の議員の鬱陵島訪問、身辺の安全の保証できない」
2011年07月27日11時24分
http://japanese.joins.com/article/218/142218.html?servcod...

<引用ここから>

李明博(イ・ミョンバク)大統領が
日本の自民党議員の鬱陵島(ウルルンド)訪問を、
事実上、許可しないと指示したことが伝えられた。

李大統領は26日、金滉植(キム・ファンシク)国務総理、
李在五(イ・ジェオ)特任長官、任太熙(イム・テヒ)大統領室長らが
参加した会議でこのような立場を明らかにしたと27日、
パク・ジョンハ青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が伝えた。

李大統領は

「日本の議員たちが鬱陵島訪問のために入国する場合、
 今の時点で身辺の安全を保証できない」

とし

「韓国へ来ないほうがよいと(日本政府に)知らせるのがどうか」

と話した。

李大統領は

「もし日本の議員たちが入国しても鬱陵島には行かないようにと
 伝えれば、(韓国内の非難世論を)知って来たのだから
 鬱陵島に訪問しないだろう」

と付け加えた。

ただパク報道官は

「李大統領が日本政府に公文の送付についての
 具体的な指示はしなかった」

と話した。

これに先立ち、韓国政府は憲法の検討などを通じて
今回の入国禁止措置が問題にはならないという結論を下したことが
伝えられた。

<引用ここまで>



もしも、友好国(であるはず)の日本の国会議員の、
合法的な鬱陵島の訪問を、
入国禁止措置という野蛮な対応で拒むとすれば、
韓国はとても民主的な国とは言えないし、
先進国としての文化的な姿勢も感じることはできません。

もしも、そのような措置をとったなら、
残念ですが、国と国とのつきあい方にまで発展する問題で
あろうかと思います。

また、大統領が言う



「日本の議員たちが鬱陵島訪問のために入国する場合、
 今の時点で身辺の安全を保証できない」



これが、ジョークでないとすれば、
国交の断絶にまで発展しかねない状況ではないでしょうか。

おそらく、そのようなことになったら、
自ら野蛮な混乱状態に陥った国家であることを
世界に示すことになります。
いざとなれば、万全の体制で警護することになろうかと思います。

つまり、この大統領の発言は、わが国の政治家に対する
脅しであろうと思います。

この段階で、すでに北朝鮮とほぼ同じ思考であることがわかります。

恐喝外交。
いきなり脅しによって、相手の出方を探るという
未熟な政治です。

(まあ、わが国の総理大臣も、自らの辞任に、三条件を付けるという、
 実に醜い恐喝政治を行っていますので、
 他人のことは言えませんが・・・。)


韓国人にとって、日本の野党の国会議員の鬱陵島訪問が、
なぜこのような過剰反応を呼ぶのか、本当に理解に苦しみます。

中央日報が、訪問を計画している自民党の新藤義孝議員に、
インタビューしている記事があります。
以下に、紹介致します。


鬱陵島訪問予定の日本議員にインタビュー
2011年07月27日14時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/231/142231.html?servcod...

<引用ここから>

鬱陵島(ウルルンド)を訪問する予定の日本自民党の
新藤義孝議員(53)は26日、

「(そこで)日章旗を振るなど韓国国民が嫌がる行動は決してしない」

と述べた。

来月1日に韓国に入国する予定の鬱陵島(ウルルンド)訪問団の
団長でもある新藤議員に、この日午後、東京永田町の議員会館で
会った。

以下は一問一答。

--鬱陵島訪問を取り消したり変更したりする計画はないのか。

「今のところない」

--韓国では物理的に阻止するという動きもある。

「そういう話が出てくることが残念だ。
  しかし私たちとしては(鬱陵島に)観光客と一緒に入るので
  防御する手段は何もない」

--いったいなぜ鬱陵島に行くのか。

「両国間には60年間、竹島をめぐって異なる見解があった。
  しかし今回の鬱陵島訪問は領有権問題を議論したり
  主張を表明しようというものではない。

  領有権問題はあくまでも国家間の問題だ。
  交渉も政府がしなければならない。
   
  鬱陵島は韓国の領土だ。
 ただ、鬱陵島が竹島の拠点になっているというので、
 果たして韓国国民は竹島問題をどう見ているのか、
 鬱陵島に直接行って話を聞こうとしているのだ。
 理性的な対応をすることを願う。
 韓国の国民もたくさん対馬に行っている。同じことだ」

--なら独島も訪問するのはどう思うか。

「竹島に行く時は日本の船で、日本のルートで行きたい。
  韓国船に乗って私たちの領土に行くつもりはない」


--今回の行動が結果的に大きな政治的波紋を起こしそうだが、
    ひょっとして政治的なショーではないのか。

「現在、両国の関係は非常によい。
  しかしいつも竹島問題が出てくれば一挙にけんか状態になる。
  不幸なことだ。
  今回、私が鬱陵島に行く行かないはさておき、
  この問題は交渉のテーブルに上げられたこともなく、
  交渉に取り上げれば直ちに関係が壊れてしまう。
  いつかは解決しなければならない問題だ。
  政治的な利害ではなく、私の考えで行動しているだけだ」

--両国間では年間550万人が行き来している。
    政治家が関係を悪化させてよいのか。

「私が鬱陵島に行って日章旗を振るという報道もあるようだが、
  そういうことは全く考えていない。
  むしろ私たちを案内し、率直な話を聞かせてもらえればいい」

--韓日図書協定の反対、今回の鬱陵島訪問もそうだが、
    後ほど自民党が政権を取ればどうするつもりか。

「過去の先輩たちは両国の敏感で難しい問題は棚上げした。
  必要な知恵だったと考える。
  しかし結果的に未解決問題を残してしまったし、
  その問題に触れればすぐ崩れてしまう状況にだった。
  両国は新しい時代に入るべきであり、
  (独島問題を)解決するべきだと考える」

--大韓航空民間機の利用禁止を決めた日本外務省の決定は
    どう思うか。

「クレバー(賢明)な判断ではないと考える。
  しかしそのような状況に追い込まれた日本外務省の立場は
  十分に理解する」


<引用ここまで>

新藤議員の次の言葉。
とても感動します。



--いったいなぜ鬱陵島に行くのか。

「両国間には60年間、竹島をめぐって異なる見解があった。
  しかし今回の鬱陵島訪問は領有権問題を議論したり
  主張を表明しようというものではない。

  領有権問題はあくまでも国家間の問題だ。
  交渉も政府がしなければならない。
   
  鬱陵島は韓国の領土だ。
 ただ、鬱陵島が竹島の拠点になっているというので、
 果たして韓国国民は竹島問題をどう見ているのか、
 鬱陵島に直接行って話を聞こうとしているのだ。
 理性的な対応をすることを願う。
 韓国の国民もたくさん対馬に行っている。同じことだ」

--なら独島も訪問するのはどう思うか。

「竹島に行く時は日本の船で、日本のルートで行きたい。
  韓国船に乗って私たちの領土に行くつもりはない」


--今回の行動が結果的に大きな政治的波紋を起こしそうだが、
    ひょっとして政治的なショーではないのか。

「現在、両国の関係は非常によい。
  しかしいつも竹島問題が出てくれば一挙にけんか状態になる。
  不幸なことだ。
  今回、私が鬱陵島に行く行かないはさておき、
  この問題は交渉のテーブルに上げられたこともなく、
  交渉に取り上げれば直ちに関係が壊れてしまう。
  いつかは解決しなければならない問題だ。
  政治的な利害ではなく、私の考えで行動しているだけだ」



鬱陵島だから韓国から入り、視察する訳で、
これが竹島なら、わが国の船を使い、
堂々とわが国のルートで入るという、新藤議員の言葉は、
大変筋が通っていて、わかりやすいです。



日本議員、鬱陵島訪問を強行…自民党執行部も説得あきらめる
2011年07月29日08時47分
http://japanese.joins.com/article/294/142294.html?servcod...

<引用ここから>

鬱陵島(ウルルンド)訪問を計画している日本の自民党議員らに対して
韓国政府が入国禁止措置を取ると明らかにした中、
該当議員は依然として鬱陵島訪問強行方針を変えずにいる。

鬱陵島訪問議員団の団長格である自民党の新藤義孝議員は
28日午後、韓国のニュース専門チャンネル「YTN」とのインタビューで、
来月1日午前に韓国を訪問すると明らかにした。

新藤議員はインタビューで、
韓国の法に立脚して韓国政府が入国禁止措置を取れば
どうしようもないことだと述べながらも、
訪問計画に変わりはないと強調した。

産経新聞も、自民党執行部が新藤衆院議員ら所属議員4人に対し
鬱陵島訪問中断を説得するのをあきらめた、と報じた。

<引用ここまで>


当然、石原自民党幹事長は、

>鬱陵島訪問中断を説得するのをあきらめた

ということになるでしょうね。
これを中断させることになったら、
自民党も菅総理と同じような腰の引けた卑怯な党、ということになります。



韓国政府「日本議員4人の入国禁止、法的に問題ない」
2011年07月27日08時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/201/142201.html?servcod...

<引用ここから>


外交通商部は独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張を繰り広げるため、
来月1日ごろ鬱陵島(ウルルンド)訪問を計画している
日本自民党議員4人に対する入国禁止が法的に問題ないという判断を
下したと、外交部関係者が26日伝えた。

政府は自民党議員が入国しないよう外交的な努力を傾けるものの、
この方式で解決しなければ入国禁止措置を施行することも
検討している。

政府当局者は26日、「法的に外国人の出入国は主権事項であり、
いつでも禁止措置が可能だ」とし「国際的にも似た例がある」と述べた。

実際、ハンナラ党の李柱栄(イ・ジュヨン)政策委議長は02年、
中国からビザの発給を拒否された。
当時、李議長は在中同胞社会の現況を把握するため
中国を訪問する計画だった。

政府は「大韓民国の領土を韓半島とその付属島嶼」としている
憲法第3条と、

「大韓民国の利益や公共の安全を害する行動が懸念されると
 認められるほどの相当な理由がある者に対し、
法務部長官が入国を禁止することができる」と規定した
出入国管理法第11条に基づき、
自民党議員の入国を防げると考えている。

ハンナラ党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表は25日、
法務部に出入国管理法に基づき日本自民党議員4人の入国を
禁止するよう要請した。

政府はこの日、独島関連対策会議を開くなど、
対応策の準備に腐心している。
日本国内の動向に注目するものの、入国制限をはじめとする
すべての可能性を開いているというのが政府の公式立場だ。

しかし実際に入国禁止措置を取った場合、
外交紛争に飛び火する可能性があるという判断に基づき、
これを最後のカードとして検討する雰囲気が強い。

自民党議員が入国して独島関連の主張をしても
無視すべきだという声もあるが、
独島領有権に対する国民感情と突発状況が負担となる。



<引用ここまで>


出入国管理法第11条

「大韓民国の利益や公共の安全を害する行動が懸念されると
 認められるほどの相当な理由がある者に対し、
 法務部長官が入国を禁止することができる」


新藤議員らの言動が、

>大韓民国の利益や公共の安全を害する

とは、とても思えないのですが・・・。



今回の大騒ぎの原因を、



つまりは、韓国の大統領も、石原自民党幹事長も、

>竹島と鬱陵島の法的地位の違いや歴史的経緯

が、わかっていないということだろうと思います。



と、先に述べました。


竹島問題で、最も混乱するのは、


>鬱陵島は江戸時代「竹島」と呼ばれ、竹島は「松島」と呼ばれていた。


これだと思います。

非常にわかりにくいのです。
さらに、その証拠も、両国がもっともらしい書類を
提出しているため、私も混乱がちでした。

ところが、今夜、すごい動画に出会いました。
全く新しい視点からのアプローチです。

非常にわかりやすいのです。

以下に紹介します。


韓国に竹島を描いた古地図は存在するか






韓国人も日本人も、鬱陵島と竹島を間違えることなく、
冷静に対応してほしいし、
恐喝外交に屈することなく、正々堂々と、
鬱陵島を訪問してほしいと願います。
関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク