FC2ブログ

今日ボクが見た風景

朝鮮王室儀軌返還問題

Category: 韓国・朝鮮  

朝鮮王室儀軌返還問題は、

すでに国際法上でも日韓政府間条約でも解決済みの問題です。

1922年当時、五台山史庫に保存されていた原本を写したもので、略奪でもなんでもなく、総督府から皇室に寄贈されていましたので記載しませんでした。あまりにも馬鹿げた問題です。

当時、韓国には、原本と写本があったのであり、紛失したことを棚上げにして、よりによって「日本が強奪」したので返せなど、言語道断なのです。


韓国政府がお願いするのであれば、日本政府は、韓国に「現在、宮内庁に所蔵されている『
朝鮮王室儀軌』は写本であるが、原本を紛失してしまったので、写本を譲っていただきたい」と、責任の所在を明らかにしなければ、一切、聞き入れる必要などありません。


韓国政府が略奪とか強奪などと言っているのを、撤回しなければ無視すべきなのです。

実際、「
朝鮮王室儀軌」を略奪したフランスは、韓国に貸与のかたちにして戻しているが、所有権はフランスのままなのです。

大韓民国設立後、韓国は、「憲法の原本」と「国璽」(国印)を紛失する信じられない杜撰な国ですので、最低限、責任の所在だけは、はっきりしなくてはいけません。


そこを、曖昧にしていると、今後、何を言い出すか、日本人には奇想天外な災難が降りかかってくる可能性があります。


また、『週刊新潮』(2005年10月13日号)で報じられた。

日本から盗み出された、壱岐・安国寺の寺宝
高麗版大般若経」は韓国の国宝になっている問題。

鶴林寺の「
絹本著色阿弥陀仏三尊像」や
叡福寺の「
楊柳観音像」など、未解決の不法な問題の解決なくして、何故、国家間条約で、解決済みの文化財を韓国に提供する必要があるのか。

菅首相は、村山談話の枠内で謝罪談話を、今日閣議決定すると報じられているが、決して許されることではありません。

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だったを、通読すれば、戦後の不明を反省して、謝罪をする必要があるのは韓国なのです。

関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク