FC2ブログ

今日ボクが見た風景

新潟市民は気をつけろ

Category: 歴史  

古い話で申し訳ありませんが…

すっかり、有名な市民の党ですが、

党員に伊沢けい子という人がいますが、2005年7月23日に地魚と岩牡蠣の夕べに参加しています。
越後の暴れん坊の黒岩たかひろ参議院議員も参加しています。



↓↓↓ こちらがその活動報告です
http://homepage2.nifty.com/simin/izawa/050726.html

この中で、篠田昭新潟市長がとんでもない事をいっています。

篠田昭 「最近合併をし、規模も大きくなった新潟市を、地元の力を活かすこと、そしてアジアとの表玄関として、中国、朝鮮半島、ロシアとの経済交流などを通じて、平和を築いていこう」

↓↓↓ 伊沢けい子さんへのメッセージ
http://homepage2.nifty.com/simin/izawa/shinoda.html

ここでも同様の事を書いています。




さて、この篠田昭を調べてみると…




- - - - - - - - - - - - - - - -
○ 公式HP しのだ昭
- - - - - - - - - - - - - - - -
http://www.shinoda-a.jp/

地域主権の前進のため「新潟州」の可能性を探る
http://www.shinoda-a.jp/message/index.html


なるほど…やはり、まちづくりのキーワードそして、韓国ですか…


しのだ昭の市政改革
http://www.shinoda-a.jp/shinoda2010/index.html

日本海拠点都市、市民主権都市がかなりヤバイですね。

■日本海拠点都市
東アジアの活力を引き込む活性化拠点

「国際コンベンション都市」
中国総領事館開設をバネに外国人交流人口増加・投資拡大、APECクラスの国際会議を連年誘致

■市民主権都市
地域力と市民力を活かす自立都市

「地域内分権の推進」
地域力と市民力をさらに引き出す施策の重点化、自治協に特色ある区づくり予算の一部編成権、公民館再構築を進めながらのまちづくりセンター整備




政治家の来歴を見てみましょうか。

篠田 昭(しのだ あきら、1948年7月17日 - )は日本の政治家。新潟市長(第31 - 33代)。新潟県新潟市中央区出身。
自由民主党・民主党・公明党の推薦を受けた、いわゆる相乗り候補だが、篠田自身は特定の政党に縛られない政治を信念としている。

そして、今も新潟市の市長の現職です。

また、上智大学外国語学部ロシア語学科卒業後、新潟日報社に入社して活躍していたみたいですね。

いずれにしても、新潟州を打ち出しているのは、泉田裕彦新潟知事と篠田昭新潟市長と以下のメンバーのようですね。

○構想検討委員

北川正恭(座長:早大大学院教授)
敦井栄一(新潟県商工会議所連合会会頭)
中山輝也(新潟経済同友会代表幹事)
下條文武(新潟大学長)
田中カツイ(ライフコーディネーター)
田村秀(新潟大学法学部副学部長)
内山節夫(新潟経済社会リサーチセンター理事長)
渡辺恵子(新潟いのちの電話後援会事務局長)



この流れが、中国の領事館買収を組み込まれている可能性は否定できない。
なぜなら、2010年6月に中国領事館 総領事王華、泉田裕彦 新潟県知事、胡海峰(胡錦濤の息子)が、佐渡能楽堂を国際学院にする計画で関係を持っているからである。

当然、県知事を新潟市長もつながっている。


新潟・佐渡両津市には大きな国際学院を建設し、国際交流の名のもとに清華大学を中心とした中国からの留学生などを招致し国際交流の場にするそうだ。

精華大学の副秘書長は、胡海峰(胡錦濤の息子)である。


中国の利権にしがみつく新潟の議員を1人でも多く排除しなければならないと同時に、この問題が全く報道されないのも、今のマスコミの最大の問題ともいえるであろう。



最後に、「新潟市長にも気をつけろ」






新潟市長……
さすが、“悲願”の中国総領事館誘致をまんまと行い、

韓国等の大使館が入居しているビルの一角から住民の反対を無視して

住宅街を見下ろす私学校跡地に移転することを黙認、

市内中心部の広大な小学校跡地を売却しようとしてきた人ですね;;
新潟空港と中国の空路開設とか、新潟港と中国の港を結ぶ航路とか、ロクなことしない……
北朝鮮か中国が暴動で内乱化したら、難民がすごい勢いで新潟に流入するかも(><;


今回の両津市の計画に東 富有という帰化した中国人がキーマンになっているみたいですので、

かなり中国人が浸透している感じがしますね。





新潟州構想に限って言えば、主導権を握っているのは泉田新潟県知事です。
篠田はきれいな言葉に激弱なので、それに乗っかっているだけ。
それが証拠に、議会で深谷さん他数名から質問を受けた時にも、内容については
何も触れていません。
どうして答えないのか?ようするに内容が分かっていないんですね。
新潟州構想の出所は、ある県知事の側近です。
まだこいつについてはお答え出来ませんが、要はうまくまるめこまれているんですね。

市民の党と篠田の関係については、斉藤まさしが選挙で協力している事が
分かっています。
篠田自身が左翼かどうかと言われれば、黒に近いグレーですか。
どうして選挙に協力する事になったのかの経緯が不明であるため、断定出来ないのです。
斉藤まさしについてはググってみて下さい。
面白い結果が出てきますよ。


なるほど、すくなくとも、斉藤まさし=酒井剛の選挙協力とかの経緯からすると、

篠田にかんしても、日本のために動いているとは到底いえないと思います。

もう一ついえることは、のっかっているにしても市長と県知事がタッグを組んでいるのは明白なので

内容の問題ではなく、利権やしがらみ、あたりが本質なのかもしれませんね。



政令指定都市である、新潟は日本海側の拠点都市ですから
中国の日本上陸の開始点にでもなれば、事は極めて重大です。
是非、拡散しましょう。
報道しないマスコミには、大きな責任があるはずですが、
全ての国民を欺く事は出来ないはずです。
連帯して、日本を守りましょう!

関連記事

Comments

« »

03 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク