FC2ブログ

今日ボクが見た風景

政治、経済、道徳の三つ巴はかくして日本に生まれた

Category: 日本国民の心得  

信長が手を焼き、秀吉が利用した浄土真宗

政治、経済、道徳の三つ巴はかくして日本に生まれた

堺の鉄砲鍛冶(ウィキペディア

2000年近くに及ぶ日本の歴史を振り返っても、民衆が直接、地域を統治した時代というのはそんなに多くありません。

 早い話が、1945年以降の現在の体制にも、国民主権と言いながら象徴天皇が存在するし、立法府も代議制です。

 民衆の代表者が直接国を治めた時期はむしろ、近世初期に見られます。応仁の乱によって古代から中世にかけての統治機構が崩壊し、同時に新たに入ってきた様々な産業や経済の力によって成長した地域・・・例えば南蛮貿易で栄えた堺の町衆統治などは代表的だと言えます。

 そこには古代中世の荘園統治とも、江戸幕藩体制の島国根性封建制とも違う、ある開かれた文化が存在していました。

 これとはやや違うものの、もう1つ、特異な統治機構として存在したのが「加賀の一向一揆」です。中世からの為政者、守護の富樫氏を追放し、ほぼソビエト連邦と同じ程度の期間・・・世代にすれば2~3ジェネレーション・・・長老支配によって国が治められた。

 日本史的に考えて極めて特異な時代です。

 ここでもう1つ注目すべきことは、一向一揆が「浄土真宗」という宗教道徳によって規律されるパワーであったということです。

 確かに「統治」というリアルな政治に関わりながら、同時に一向一揆は、浄土教による宗教支配、神聖支配という横顔も持っていました。

 この「神聖支配」はもう1つ、ほかの戦国大名には絶対に存在しない特徴を持つものでした。他国への浸透です。

キリシタン狩りと門徒狩り

 九州各地を訪ねると、隠れキリシタンを弾圧した歴史が随所に残っています。なるほど、ご禁制の切支丹伴天連の類です、豊臣秀吉時代中期から幕藩体制期全体を通じて、クリスチャンが日本で生活し得る場はなかった・・・と一般には思われています。

 が、実のところ「隠れキリシタン」は地元では公然の秘密で、平戸や生月島など独立した切支丹地域ではカクレとは言いながら「辻の神様」(「しんにゅう」の中が十字架であるのに注意!)はかなりおおっぴらに信仰されていました。

 この話も大変興味深いのですが、別の機会に譲るとして、鹿児島などでは「切支丹」の弾圧と並んで「真宗門徒」の弾圧も行われたことが記録されています。



浄土真宗を開いた親鸞(ウィキペディア


 なぜ、浄土真宗を弾圧しなければならないのか? まごうことなき仏教です。ご禁制の切支丹ではなかろう。それなのになぜ?

 その答えは、加賀の一向一揆のような「コミューン」を想起すれば、おのずと見えてくるのではないでしょうか・・・そうなのです。

 戦国大名同士の力のぶつかり合いでは勝負のつかない、民衆の信仰レベルで、浄土真宗はひたひたと領土の中に入ってくるのです。

 これはカトリックの布教も実は同じことなのでした。為政者が「たかが宗教だろう・・・」と好きに布教させていると、いつのまにか強烈な信仰を持った信者集団が出来上がり、為政者の力が全く及ばなくなっている。

 そうこうするうち、かつての為政者は倒され、信仰に裏づけられた新しい政治勢力が実権を握ってしまう・・・ラテンアメリカやフィリピンなど、欧州で新教側による「宗教改革」に押された旧教、カトリック側の「対抗宗教改革」としてなされたグローバルミッション(布教)は、スペイン、ポルトガルなど旧教帝国の海外植民地獲得、勢力拡大という利害と一致して、世界ネットワークの広がりを見せるのです。

 日本で切支丹がご禁制になったのは、バタビアその他の地域でのこうした「ミッション侵攻」の現実を知った秀吉や徳川家康以下幕藩体制の指導者たちが、欧州の植民地支配に決然とノーをつきつける、という側面がありました。

 結果的に、進んだ西洋事情を知るために、カトリックの世界布教と無関係なプロテスタント、かつてはスペイン・ハプスブルク帝国の植民地だったオランダだけが、日本と交易を保ち続け、日本はラテン勢力の属国となる運命をからくも逃れました。

 そうでなければ、私たちもロドリゲスとかヘススとかミゲルなんて名前で、元来の日本の姓も名も分からなくなっていたかもしれません。

 この「切支丹禁令」と同様、民衆に浸透して為政者の支配が無効になってしまうリスクを持っていたのが浄土真宗つまり一向宗の教えだったのです。こうした「一向宗門徒」の危険性にいち早く気づいた戦国大名は、切支丹狩りと並行して一向宗門徒もまた弾圧することになったのです。

石山合戦の特異性

 前回、織田信長が後半生、ほとんど唯一と言ってもいい「和議」を結ばざるを得なかった、一向宗門徒との「石山合戦」をご紹介しました。

 比叡山焼き討ちでは、居並ぶ僧兵を皆殺しに、全山の寺坊にも火を放った信長であったのに、なぜ真宗とは和議なぞ結ばざるを得なかったのか・・・?

 その答えは「民衆布教」の徹底にあります。


比叡山は焼き討ちにしたが石山本願寺とは和睦を結ばざるを得なかった織田信長(ウィキペディア


 いくら戦国大名だ、合戦だと言っても、国の全体が戦争をしていたわけではありません。

 戦っていたのは、あくまで武将とその下にいる部下たち、あっちの広っぱで合戦しているのを、こちらの田んぼや畑では、こりゃたいへんだね~などと言いながら、俺らには関係ね~べよ、と農耕にいそしんでいたのが、戦国時代の「合戦」の実態でした。

 太平洋戦争末期のような「総力戦」などは、長い日本の歴史の中にほとんど存在していません。

 あくまで、戦うのは、それが商売の人たちのお仕事、民百姓はあくまでその日その日の暮らしにいそしむという棲み分けが、日本のベースを作っていたわけです。

 信長でも秀吉でもこの原則は同じこと、歯向かう者は徹底して殺し尽くしましたが、領民は別です。彼らが働き、年貢などを納めてくれなければ、大名だ領主だなどと言っても何の意味もありません。

 ところが「真宗門徒」は話が違いました。彼らは農民自身が武器を手に立ち上がったのです。一向「一揆」と言われるゆえんです。

ベトナム戦争と一向一揆

 早い話、古典的な戦争では「戦闘員」と「非戦闘員」の区別が明確でした。これは21世紀の国際法にも通じることです。兵士はプロの戦闘員、市民は一般の非戦闘員。その区別は明確であるべきです。

 ところが、一向一揆では戦闘員と非戦闘員の区別がありませんでした。つまり、あらゆる領民が戦闘員になり得た。総力戦だったのです。これはどういうことか?

 おとなしく農作業をしている女性、あるいはニコニコ笑って近づいてくる子供、あらゆる「領民」が、実は戦闘員である可能性があった。浄土真宗で古くから伝えられる「説教」には「殉教」の話がいくつも出てきます。

 女子供が笑顔で自爆テロ攻撃を仕かけてくる・・・1960~70年代にかけて、力の覇権でベトナムをひねりつぶそうとしたフランス・米国の武力に対して、べトコンが取った戦略がこれでした。

 靴磨きの少年が笑顔で近づいてくる・・・と思ったら、自爆テロ兵士で目の前で道連れ自殺・・・というようなケースが、腰抜けのフランスや米国の兵隊をどれほど恐怖させたか。

 同様の恐怖は沖縄に上陸した連合国兵士たちにもありました。特殊奇襲攻撃で突っ込んでくる日本の飛行機。彼らはなぜ、何より大事な命を捨てて飛び込んでくるのか?

 あくまで契約で戦場に来ているだけの、極めて「社会契約説」的な米兵やフランス兵には、絶対に理解できないメンタリティです。オキナワでは女も子供も、誰もがゲリラ兵士のようだ・・・という恐怖感にかられた、臆病者の過剰反応が、洞窟まるごと火炎放射器で焼き尽くすといった、恐るべき外道の振る舞いになりました。

 どれだけ多くの非戦闘員が、こうした暴挙で命を奪われたか。そうやって「手に入れた」沖縄を「国益のためのカード」と見る今日21世紀米国の外交戦略も、極めて冷静な目で見ておく必要があります。


本願寺門徒を大阪に引き戻した豊臣秀吉(ウィキペディア


 ・・・と、話が現代に流れましたが、主題を元に戻しましょう。武士や足軽が相手であれば、どれだけ乱戦になっても一歩も引かなかった信長軍でしたが、領民のすべてが戦闘員かもしれない一向一揆は話が違いました。

 女性も子供も自爆兵士かもしれない。かといって、領民を片っ端から皆殺しにしてしまったら、そこから上がる租税も何もなく、刀を振り回すくらいしか能のない為政者としては完全にお手上げになってしまう・・・。

 膠着状態の末に信長軍が出した結論は、優勢にある状況のまま「領民もろとも、本願寺勢力全員に<石山>をお立ち退きいただく」というものでした。

 表現は悪いですが、いわばガンの全摘手術のようなものです。老いも若きも「南無阿弥陀仏」の名号を叫びながら、命を捨てて飛び込んでこられては、いくら冷酷無比の信長軍といえども、そもそも歯が立ちません。

 本願寺は結局、紀州(和歌山)の鷺森に勢力全体として移住し、難攻不落の石山本願寺が信長の手元に残ります。のちにこれを城として、後継者の秀吉が大阪城を天下の中心に置いたのは、前回お話しした通りです。

武力と経済的繁栄の表裏一体

 やっとのことで本願寺門徒を領民もろとも大阪から追い払った信長~秀吉でしたが、さて、それでうまくことが運んだかというと・・・ぜんぜんだめでした。

 戦うと、これほど手ごわい相手のない一向一揆でしたが、同時に一向宗門徒は高い産業生産力、経済力を誇っていたのです。

 大阪が空っぽになり、本願寺が鷺森に移ってしまうと、一向宗のネットワークでつながっていたビジネスの全体もまた、大阪を去ってしまったのです。繁栄していた石山近辺は見る間に衰退してしまいます。これでは、狙いが丸はずれです。

 殿様の生まれの信長に比べて、足軽から成り上がった秀吉は、より狡猾かつ慎重でした。彼は注意深く本願寺の勢力を殺ぎながら、まず彼らを和歌山から大阪エリアに呼び戻すということを画策します。

 最初に戻ってきたのは泉州は貝塚でした。大規模な貿易港があるところです。秀吉の狙いは当たり、浄土真宗ネットワークの経済網は、大阪エリアに戻ってき始めました。貝塚で本願寺を造営してたった3年後、秀吉は、より大阪の中心部に近いエリアに本願寺を招聘します。

 淀川の河口、「川崎」という名の、天満宮に近いエリアが与えられ、この近辺は一大商都として栄えることになります・・・これが現在の「天満」にほかなりません。

 商都のエリアは江戸時代を通じて栄えつづけ、現在は財務省の造幣局なども建っています。真宗の底力、たいしたものです。

 この時期、実は本願寺内部で力の争いが激化していました。これがのちに「真宗分裂」につながり、「東本願寺」と「西本願寺」の並立という形に落ち着くことで、真宗門徒も幕藩体制の中に組み込まれることになるのですが、ここに力の統治、経済、そして「善悪の道徳」の三つ巴が一体化する、日本の1つの根っこが生まれることにもなるのです。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/15674


関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク