FC2ブログ

今日ボクが見た風景

ギョギョ~! 人気の輸入サプリ「魚油」、実はほとんど中国製

Category: 中国  

ギョギョ~! 人気の輸入サプリ「魚油」、実はほとんど中国製

現在、富裕層などの間で人気が高まっている健康食品のサプリメントだが、中国で売られている「輸入魚油サプリメント」の多くが、実は中国製だという。中国語ニュースサイト、博訊網が伝えた。

  業界関係者によると、中国国内で製造された魚油カプセルをいったん海外に輸出し、小口包装してラベルを張った後、再度中国に輸入し「海外製」と称して販売している。米国やカナダで販売する場合には、「カナダ産サーモンから抽出・製造」とうたっている。

  実際、魚油の95%は、サラダ油などの食用油に合成されたEPAやDHA(いずれも、本来は青身魚などに含まれる栄養成分)などを混ぜて作られており、魚からの抽出物を原料に使用してるわけではない。

  こうした魚油サプリメントのコストは非常に廉価で、150粒入りの瓶であれば通常10元以内に抑えられる。米国やカナダで華人が経営している健康食品店では、これらの製品は15-30ドルで売られており、業界は暴利を得ていることになる。(編集担当:中岡秀雄)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0722&f=national_0722_058.shtml



国家薬監局がニセ薬12種を発表、承認受けておらず危険―中国

中国の国家食品薬品監督管理局(SFDA)は27日、ホームページ上でニセ薬12種類を公表し、これらの製品を購入しないよう消費者に呼びかけた。新華網などが伝えた。

  今回公表されたのは、「諾康舒眠寧」、「輝瑞健脳回春丹」、「宜康活力カプセル」、「安神解郁養心カプセル」など、承認を受けていないニセ薬12種類。

  SFDAは各省(自治区、直轄市)薬監部門に対し、管轄区内の薬品市場の監督検査を強化し、当該ニセ薬を発見した場合には法に基づいて厳粛に処罰するよう要求。また消費者に対しては、身体への危害を避けるため、これらのニセ薬を購入しないよう呼びかけた。(編集担当:中岡秀雄)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0629&f=national_0629_214.shtml



「食べてはいけない」モドキ食品60種、添加剤まみれで肝臓に負担も―北京

町の小さな食品店で売られている素牛筋、小面筋、麻辣魚排など食欲をそそる様々な名前がついたモドキ食品「調味小麦粉製品」は、特に人の目を引くものではないが、食品添加剤が乱用されているため、安全上の隠れた問題をはらんでいる。北京晩報が伝えた。

  北京市食品安全弁公室は21日、検査で不合格となったモドキ食品「調味小麦粉製品」60種に対し、全市内での販売停止を命じた。これら60種類のうち53種類は河南省、うち36種類は同省鄭州市管城区で製造された。北京市市食品安全弁公室は、不合格食品を販売した者はすでに調査・処分し、不合格食品に表示された原産地の監督管理部門に検査結果を通達したという。

  今回、販売停止の対象となった食品は、素牛筋、叫花鶏、面筋、紅焼牛柳、麻辣魚排、焼麦片、〓(火へんに考)肥牛など多種にわたる。食品名に肉や豆の名前が入っているものの、実際は、原料の小麦粉に唐辛子、化学調味料、精製塩、香料と数種類の添加剤を混ぜ合わせて「調味」したモドキ食品だ。

  今回のサンプリング検査では、甘味料(チクロ、サッカリン)、防腐剤(安息酸、ソルビン酸)、着色剤(カーマイン、黄色4号、黄色5号、赤色2号、青色1号)の使用に関する検査測定が行われた。

  市食品安全管理コントロールセンター関係者によると、不合格製品の主な問題点は、これらの添加物の使用量が基準値をオーバーしていること。基準を超えた添加物を含む食品を長期間食べ続けると、人体の健康が損なわれる恐れがある。例えば、安息酸の摂取過多によって、肝臓にダメージが及ぼされる危険がある。また、不合格食品の名前は、「神彫侠侶」「唐僧肉」「非常6+1」「快楽男声」「喜羊羊」「ちびまる子ちゃん」など、知的財産権侵害の疑いがある名前のオンパレードだ。(編集担当:松本夏穂)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0524&f=national_0524_217.shtml



中国の「ニセ豚足」から発ガン性物質検出

 ウマイ、安い、美容にもいい。そんな豚足は中国で人気食材のひとつである。

  ある農村の男性は露店で安売りされていた豚足を購入したそうだ。だが、調理をしようとしたところ、煮れば煮る程色はどす黒く、そして肉はどんどん硬くなり、しまいにはナイフも通らないほどになってしまったという。このニュースは「ついに豚足までニセモノが出たか」と、人々を驚かせたが、それだけに留まらず、非常に強い発ガン性の物質が検出され消費者を震撼させている。

  各地でニセ豚足が発見されているが、この度摘発された重慶市のニセ豚足加工工場によると、「ニセ豚足は、冷凍肉を豚の皮で包んで糸でしばり、そこに過酸化水素水、亜硝酸塩、合成着色料黄色5号を加え作る」そうだ。

  ニセ豚足の原料、黄色5号と過酸化水素水は日本でも食品添加物として使用されることがあるが、注目すべきは亜硝酸塩である。

  亜硝酸塩は化学反応によって亜硝酸ナトリウムなど強い発ガン性を持つ物質に変化する、人体に悪影響のある物質だ。亜硝酸ナトリウムは村の4割がガンで亡くなったという「ガン村」こと陝西省華県瓜坡鎮の龍嶺村でも検出された物質であり、中国でも非常に恐れられている。

  当局の発表によるとこの工場のニセ豚足のサンプルからは、それぞれなんと基準値の48倍と58倍を超える亜硝酸塩が検出されたそうだ。この数値は非常に深刻であり、著しく人々の健康に害をなす可能性があるとして、139キロの「ニセ豚足」を押収、同加工工場は即刻立件されている。

  もちろん良心的な企業があることも忘れてはいけないが、中国の食品の安全問題は、生産者や小売業者のモラルには頼っていられない状況。消費者の自衛にも限界がある。中国国内でも食の安全に対する関心が高まっている今、有効な法整備が求められている。

  参照元:今日恵州網(中国語)(情報提供:ロケットニュース24)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0517&f=national_0517_418.shtml




今日ボクが見た風景



塗るだけで牛肉になる魔法のクリームが完成したアル! 

中国行政も認めたアル!


今日ボクが見た風景



絶対に信用しちゃイケナイチャイナ


http://youtu.be/Fqc_ogcIq9M


関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク