FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日米同盟、華やかな仮面の下には大和民族の打ち砕かれた心

Category: 中国  

日米同盟、華やかな仮面の下には大和民族の打ち砕かれた心

昨年8月の岡田克也外相(当時)に続き、松本剛明外相が今月初めに訪中した。昨年の岡田外相の訪中から間もなく、釣魚島で普通の操業をしていた中国漁船の船長を日本側が不当に逮捕する事件が起きた。今回も松本外相が訪中したその日に、一部の日本人が釣魚群島沖でもめ事を引き起こした。これによって松本外相の訪中の意義が大きく損ねられただけでなく、日本の対中外交戦略の不確定性も十分に明らかにされた。「環球」誌が伝えた。

古来、日本の対中外交戦略は常に「コンプレックス」と「迷い」が綯い交ぜになって位置づけの困難な状態が続いてきた。日本人の「中国コンプレックス」は日本文化の中国文化への明らかな依存に由来する。日本の文字に漢字が大量に取り入れられているだけでなく、日本人は自らの古代史を研究する上でも中国の史書を合理的根拠としている。また、儒家文化圏にある日本は早くからその価値観に深く染まってきた。一方で、中華文明圏内にある日本が独立独歩の姿勢を終始鮮明にしてきた点も否定できない。

周知の通り中日間の政治的関係は後漢の時代に始まった。当時日本は小国が林立しており、その中で比較的強大な邪馬台国が漢・魏の中央政府と緊密な関係を維持し続けていた。西暦147-188年の「倭国大乱」では、魏が張政特使を調停に派遣した。中日間の宗藩関係は5世紀の大和政権による日本統一までずっと続いた。1784年に九州の志賀島で発見された、光武帝が賜わった「漢委奴国王印」は早期の中日外交関係を示す証拠だ。だが大和民族は統一後すぐに朝鮮半島への拡張を開始し、任那や新羅を次第に支配下に置いた。これによって東アジアに中日朝関係の新たな構造が出現した。

当時中国政府は日本の「天皇」の地位を承認していなかったが、南北対立下の中国は自国のことで手一杯で、日本勢力の朝鮮への拡張を承認せざるを得なかった。中国はまた、当時の複雑かつ緩んだ東アジアの国際関係構造の崩壊を防ぐべく努力した。この国際システムの中で日本はまず朝鮮と対等な地位の獲得を図った。次に中国と対等な地位を求める姿勢を繰り返し強烈に示したが、この願望の実現は1871年の「日清修好条規」まで待たねばならなかった。甲午戦争(日清戦争)を機に日本はついにアジアの頂点に立った。第二次世界大戦で失敗したものの、米国の支援の下でその後も輝きを保った。中国の百年間の沈滞は日本に十分な変貌の機を与えた。

21世紀に入ると中国の復興および中日の国力盛衰の変化に伴い、日本は巨大な心理的プレッシャーを抱えることになった。国際的要因の影響もあり、日本の対中外交戦略にはしばしば死角が生じた。日本は依然強大だが、国際的地位の相対的な低下にしばしば恐れを抱いている。先日の日米「2プラス2」で双方は「中国脅威論」について共通認識にいたった。いい加減な「価値観外交」が再び提起され、日米はいわゆる「自由と繁栄の弧」を改めて打ち出した。米日韓は中国の門前で武力を誇示し、その「抑止力」戦略を余すところなくひけらかしている。

実は「日米同盟」の華やかな仮面の下には、大和民族の打ち砕かれた心が隠されている。軍事・外交上は真の独立を果たせず、民族文化は接ぎ木されている。石原慎太郎はかつて日本は去勢されていると形容し、このため米国に対して「ノー」と言わねばならないとした。自民党内の「非主流派」の元老である鳩山一郎、岸信介もかつてこの点をめぐって争った。安倍晋三と鳩山由紀夫は伝統文化の復興、そして「対等」な日米関係という父祖の事業を継承した。中曽根康弘の「戦後の総決算」と小沢一郎の「普通の国」は、いずれも日本の「新民族主義」思潮の理論的表明である。

まさにこうした状況の下で、日本の対中外交戦略は明らかな不確定性を示しているのだ。日本は中国における経済的利益を手放したくない一方で、日米同盟を利用して軍事・安全保障分野で中国を封じ込めようとしている。日本の新旧保守派の政治家は靖国神社参拝と新しい歴史教科書によって民族意識を再建しようとしているが、歴史認識問題で隣国を怒らせる結果を招いている。領土係争では、日本は「実効支配」のカードを切ることを望んでいるが、ロシアや韓国との領土紛争の下で自分の仕掛けた罠にはまっている。「歴史的変遷」から「北方四島」と「竹島」占有の合法性を論証しようとすれば、「釣魚群島」をめぐる争いで日本は理屈が通らず言葉に窮することになる。このため「二律背反」の悪循環の中で、日本の外交戦略選択は不確定性を免れ得ない。これに内閣総理大臣の頻繁な交代が加わり、日本の内外政策は朝令暮改も驚きに値しなくなっている。

「人民網日本語版」2011年7月18日

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-07/18/content_23014272.htm

へ~ (・∀・)



http://youtu.be/Fqc_ogcIq9M


関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク