FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本の新幹線、メンツを失する

Category: 中国  

日本の新幹線、メンツを失する

中国の高速鉄道を前にして、日本人は新幹線の“事故百出”の歴史を忘れてしまったようだ。

高速鉄道を“海賊版”だと非難し、かなりメンツを失ったと自覚した日本はこぶしを高くかかげているが、

さて、どこに向かって打つのだろうか。

一種の極めて強烈な中国高速鉄道の“海賊版論”がこのところ、

日本の大手メディアの間で繰り返し議論されている。

新幹線の絶対的安全と中国高速鉄道の事故、新幹線の独自開発と中国高速鉄道の海賊版、という情報がメディアに何度も登場している今、日本の大多数の人は、47年前に東京・大阪新幹線が開通した後に、彼らのメディアがこれをどう報道したかはすでに忘れているだろうが、見れば、非常に安定を欠いた“無用の長物”というものだった。歴史をひも解かなくとも、これらの故事はしっかりと覚えられるものであり、恐らくすでに70か80歳になっているだろうが、この年齢の人はもうメディアにあれこれ書いてはいないだろう。

頭の痛い新幹線

アジアで初めて開催されるオリンピックの10日前、1964年10月1日の日本、東京と大阪の間に新幹線が正式に開通した。

喜びと不安が併存していた。当時、日本は時速200キロ以上で走る列車の線路を新幹線と呼んでいた。普通車が40~50キロ、やや速い列車が80~90キロで走っていたころ、いきなり200キロ以上の列車が登場したことに、人びとは一種の技術革新がもたらした喜び、そして大きな不安を感じ、事故が起きるのではと恐れた。

「最初の列車は987人乗車可能、今日の乗客は730人」。47年前の日本の新聞は、新幹線一番列車の乗車状況をこう報じている。

世論の間では、新幹線に対する不信と不安が非常に多かった。著名な作家の阿川弘之氏は日本の鉄道事情にかなり明るかった。日本国がすべての国力を傾けて建造した戦艦大和は45年4月7日に米軍の爆撃を受けて沈没、これが日本敗戦の最初のシグナルだった。阿川氏は、「新幹線は日本の第2の戦艦大和」だとし、日本に巨大な損失をもたらすだろうと語っている。

64年の冬、東京発大阪行きの新幹線が関が原のあたりを通過中、雪がかなり積もっているのを発見。車両設計などの面で大雪の問題は十分研究されていなかったため、この区間で事故が続出した。

新幹線は輸送上の安全を確保するため、すべて高架方式を採用、全線踏切はない。地震多発という問題を忘れていたようだ。

95年1月17日、阪神淡路一帯で大地震が発生し、高架橋の一部が倒壊したため、新大阪と姫路区間ではその後、84時間も列車の運行ができなかった。幸い、地震が起きたのは明け方の5時46分。列車運行の時間帯で、高速走行の新幹線が高架橋の倒壊に遭遇していたとすれば、その結果はとても想像できない。

04年10月23日、新潟県中越地方で強い地震が発生。この時、上越新幹線(大宮・新潟)は運行中で、高架橋が損壊したほか、トンネルでも問題が生じた。幸いに走行中の新幹線は、阪神淡路大震災から教訓を汲み取っていたため、列車は脱線せず、死傷者も出なかった。

「飛行機や汽船に乗る際には名簿が必要だが、新幹線の切符を買う場合はどんな証明書類も要らないし、乗車後も何の検査もない」。中国の地下鉄や高速鉄道に乗る際の検査に慣れている林さんは、新幹線に座った時、多少満足そうに語った。

「もし、テロリストによって混乱すれば、非常に恐ろしい」。林さんは、日本は毎日のように、ある国が日本にテロを仕掛けると騒ぎ立てているが、新幹線に乗ったところで、何の防備もないと、今度は心配そうな顔で語った。今後、テロリストにすき与えないことが、新幹線の重要課題になるかも知れない。

高速鉄道に気まずさ


21世紀になって、新幹線は日本メディアが風刺し皮肉る対象から突如、日本の「先進技術」の代表となった。当時の扇千景国土交通相は中国を何回か訪れており、筆者の取材を受けた際、とくに新幹線の安全性と技術の成熟さを強調した上で、「新幹線の技術すべてを中国に持ってこられればと願っている」と述べた。

この時、中国の高速鉄道の話が出たが、日本は非常にふさわしくないと感じた。

中国は高速鉄道の開発に当たり、大量の技術を日本から導入しており、日本はこれをビジネスチャンスと見た。09年の10月26日付日本経済新聞は「京滬(北京・上海)高速鉄道は川崎重工系列の車両を採用。川重の協力パートナーである南車青島四方機車車両公司は、鉄道部から140両を受注し、総額は450億元に上る」と報道。日本企業も高速鉄道で当然、重要部品の供給や関連技術の譲渡などで巨額の利益を得た。

だが、09年以降、状況は大きく変わった。日本は米フロリダ州に新幹線技術を輸出するつもりだったが、地元政府が米政府の提供する高速鉄道整備計画補助金の受取りを拒絶したため、計画はアワと化した。同時に、米カリフォルニア州やテキサス州などでの高速鉄道計画も、順調に進まなかった。民主党は社会インフラを日本技術の普及の重点にすることを期待していたが、まず米国で極めて大きな困難にぶつかってしまった。

中国はもともと、日本が技術と製品を販売する重要な市場だったが、中国の高速鉄道が急速に発展しているのに気づき、第3国の市場を開発し始めたが、日本は急に一種の威嚇を感じた。新幹線は日本の“中国嫌悪”の象徴になり始め、およそ中国高速鉄道に関する記事では必ず、これは新幹線の海賊版だと論じるようになった。真に心を静めて、中国の高速鉄道は一体、どの面で日本の技術を導入したのか、どこを改良したのか、新しい特徴は何かを報じた記事はなかなか見られない。

「中国の高速鉄道は発展し、われわれももちろん、利益を得るチャンスがある。第3国に行っても、われわれにはすでにブランドがあり、技術サービスネットワークもあり、製造の面でも強みがある。中国が市場を開拓する場合はもちろん、参与するチャンスはある」。ある新幹線設備メーカーの社長は筆者にこう話した。

だが、新幹線に「中国嫌悪」の軌道を走らせながら、中日の協力を開拓し、国際化された鉄道市場を共同で構築する道を歩むのは、いま見ると、ずっとはるか先のようだ。

あるテレビ番組で、日本の鉄道会社数社のトップは強い憤りをもって中国の高速鉄道に目をやり、設備・車両メーカーに中国を提訴するよう求めた。まるで世論が、数カ月前に発生したマグニチュード9.0の地震、レベル7(深刻な程度)の原発事故よりさらに強烈な揺れを引き起こそうとしているかのようだ。

高速鉄道、これに関して日本経済新聞が発表した社説は1度にとどまらない。矛先は直接、中国に向いている。こうした侮りやののしりは、最近の鬱積した民衆の心理を晴らすだけだ。恐らく企業がどんな準備をしているのか、まだ報道されていないが、感じ取れる1点は、中国の高速鉄道は日本の新幹線のメンツを非常なまでには失わせてはいない、ということだ。メンツを失った者は怒りをぶつけなければすまない。しかし、高くかかげた日本のこぶしを、どこに振り下ろせていくかは分からない。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年7月20日

発信時間: 2011-07-20 16:46:17 | チャイナネット

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-07/20/content_23032175.htm

なにがあったんだよwwwww


発狂ぐあいが属国と同じ様な火病っぷりで、さすが宗主国


相当中国は事故頻発で堪えてんだなw



最近、中国の新幹線の不具合を聞かなくなったぞ



党の得意技、情報統制発動中




おや?中国人のようすが・・・・

おめでとう!中国人は韓国人に退化した!



これ日本は震災のときは事故起こしてるよね?って言いたいの?
中国はなにも起きてないのに事故起こしてる気が・・・



一応、新幹線も何も無いときに、
ギリギリ大事故は回避できたってレベルの重大事故はあった

東海道新幹線のひかりで、焼入れミスの脆い車軸が走行中に折れた事件
運よく助かったけど、日本鉄道史上最悪の脱線事故寸前だった



意味は全くわからんが、つまりは、
独自技術で特許申請したが、事故ばかり起こしてしまい、
日本の技術のショボさのせいにしようと思ったが、
独自技術で特許申請した手前、ぐぬぬ!となって、
にっちもさっちも行かなくなった状態てこと?


中国が意味不明で余裕のない事言ってる時は


悔しいのう


リンク先のソース全部読んだけどビックリするぐらい意味不明だった

新幹線はテロに気をつけろってこと?




あんまり興味なかったから、うろ覚えだけど

中国の高速鉄道計画に日本企業が技術供与
共同開発の形

欧米諸国でも高速鉄道の導入の気運が高まる

中国が高速鉄道は我が国固有の技術と主張し営業かけまくる

中国、結構あちこちから受注

日本がマジかこいつらと半ギレ

中国、小日本嫉妬乙ww

中国で高速鉄道の故障連発

中国、日本のメンツが潰れたと言い出す

やはり最後の流れがよく分からない

真っ赤になってヒスってる女の主張くらい意味わからない



なんのこっちゃ

チョンがホルホルしてる時と同じ感覚

やはりシナチョンは近いモノを持ってるな



メンツ云々なんて言ってるうちは途上国



ほんとに意味不明というか地震とか原発とかの

単語を織り交ぜたりただの嫌みの域を出ない文章だな

問題の特許とか核心に触れない点もさすがだ







負けを認めてる時です。




関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク