FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本の心 「442部隊に学ぶ」

Category: 日本国民の心得  

日本の心 「442部隊に学ぶ」

今日は442部隊のお話です。

正式名称は、第442連隊戦闘団(英:442nd Regimental Combat Team)。

第二次世界大戦中の米国陸軍において、日系アメリカ人のみで編成された部隊です。

部隊の要員数は、3,800名。

ヨーロッパ戦線に投入され、枢軸国相手に勇戦敢闘し、のべ死傷者数9,486人という激闘をし、米国史上、もっとも多くの勲章を受けた部隊です。

ハワイ王国が滅亡の危機に瀕したとき、ハワイ国王の要請で、1885年、日本人25,000人がハワイに入植した。当時、ハワイの人口が、わずか57,000人に減少したなかでの出来事です。

その日系人たちが、二世・三世となった1941年12月、日本と米国は戦争に突入します。

米国は、1942年2月には、アメリカ西海岸に居住していた日系人約12万人の全財産を没収。日系人全員を強制収容所に強制収容した。

当時の日本の戦争目的は、「人種差別の撤廃」です。アメリカでの日系人強制収容は、当然、米国の横暴の典型となる。

日本は、世界に向けて、米国の日系人財産没収と強制収用を糾弾します。

このため、アメリカは、それにたいする反撥として、日系人による戦闘部隊の編成を決定します。

1943年2月、日系人による連隊規模の部隊が編制されることが発表され、強制収容所内などにおいて志願兵の募集が始まりました。

部隊名は第442連隊。

歩兵連隊である第442連隊を中核に、砲兵大隊、工兵中隊を加えた独立戦闘可能な連隊戦闘団です。

募集と同時に、募集定員1,500人の6倍以上の志願が殺到した。そこで急きょ定員が1,000人増やされ、442部隊は、3800名の連隊となった。

1943年9月、442部隊はイタリアのサレルノに上陸。29日にはドイツ軍と遭遇し、初の戦死者を出した。

1944年1月から2月にかけて、ドイツ軍の防衛線「グスタフ・ライン」の攻防。

1944年5月の、ローマ南方の防衛線「カエサル・ライン」の突破。ローマへの進撃の途上で激戦地モンテ・カッシーノでの戦闘にも従事。

442部隊は、多大な犠牲を払いながらローマを目指します。

ところが連戦に次ぐ連戦で、多大な犠牲を払いながらいよいよローマに入場となったとき、442部隊に停止命令が出されます。

そして、後からやってきた白人部隊がローマに入城。ローマ解放の栄誉を手にします。

1944年9月、442部隊はフランスへ移動します。

10月にはフランス東部アルザス地方の山岳地帯で戦闘。

10月には、ブリュイエールの街を攻ブリュイエールの町の通りに、「第442連隊通り」という名称がつけられています。

1944年10月、米国第34師団テキサス州兵によって編成されていたテキサス大隊が、ドイツ軍に包囲されるという事件が起きた。

テキサス大隊は“救出困難”とされ、「失われた大隊」 (Lost battalion) とまで呼ばれていた。

そのテキサス大隊救出命令が、442部隊に下されます。命令はなんと、フランクリン・ルーズベルト大統領自身からの救出命令です。

442部隊は、休養も不十分なまま、ボージュの森で待ち受けていたドイツ軍と激しい戦闘を繰り広げます。

一週間の激戦の末、442部隊は、ついにテキサス大隊を救出することに成功します。

逸話があります。

救出直後、442部隊とテキサス大隊は抱き合って喜んだ。このとき、テキサス大隊のバーンズ少佐が、「ジャップ部隊なのか」と言った。

442部隊の一少尉が怒ります。「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」 少佐は謝罪して敬礼したといいます。


この作戦の2週間後の逸話があります。

11月11日の第一次世界大戦休戦記念日に、ダールキスト米陸軍少将が442部隊を閲兵します。集合した戦闘団を見て、ダールキスト少将が不機嫌になります。

「部隊全員を整列させろといったはずだ。」

442部隊の連隊長代理が答えます。

「目の前に並ぶ兵が全員です・・・」

442部隊は、211名のテキサス大隊奪還作戦で、約2,800名いた兵員が1,400名ほどに減少していたたのです。

この戦闘は、後にアメリカ陸軍の十大戦闘に数えられています。

再編成を行った第442部隊は、ドイツへと移動します。

442部隊は、ドイツ軍との戦闘のすえ、ミュンヘン近郊・ダッハウの強制収容所の解放を行いました。

しかし日系人部隊が強制収容所を解放した事実は 1992年 まで公にされることはなかったのです。

ヨーロッパ戦線に投入された442部隊は、その活動期間と規模に比して、アメリカ陸軍史上でもっとも多くの勲章を受けた部隊となりました。
特にその負傷者の多さから、名誉戦傷戦闘団(Purple Heart Battalion)とまで呼ばれた。部隊は総計で18,000近くの勲章や賞を受けています。

こうした輝かしい武功をあげながら、第二次世界大戦終了後も、アメリカ白人の日系人に対する人種差別は変わることがなかったといいます。

442部隊解散後、アメリカの故郷へ復員した兵士たちを待っていたのは、「ジャップを許すな」「ジャップおことわり」といったアメリカ人たちの冷たい言葉であり、激しい偏見によって復員兵たちは仕事につくこともできず、財産や家も失われたままの状態に置かれました。

このような反日系人的な世論が変化するのは1960年代です。

1960年代のアメリカにおける人権意識、公民権運動の高まりの中で、日系人はにわかに「模範的マイノリティー」として賞賛されるようになった。

日系人には3つのイメージで語られます。

1 きれい好き
2 礼儀ただしく約束を守る
3 442部隊の勇猛さ

ジャパンタウンは、とても清潔です。このことは、米国社会において、他のタウンと比較してもきわめて特徴的といわれています。

実際、黒人街は汚い(涙)。米国に行くと、よく「黒人お断り」というレストラン等を目にしますが、実際、彼らは、シャワーを浴びないせいか、かなりにおうことが多々あります。

上品なレストランでは、ホームレスのようなすさまじいニオイの客がはいってきたら、やはり、困る。

黒人差別というけれど、やはり、彼らの側にも何らかの反省点はあるような気がします。

また中華街は、中華街は独自性が濃厚すぎて白人社会に受け入れられない。

コリアタウンは、凶暴で危ない。

442部隊は、第二次大戦後、1946年にいったん解体されます。しかし1968年、ベトナム戦争が起こると、1968年には再編され、ベトナム出兵を行っています。

2005年3月には、ハワイ州兵大隊の一つとして、イラクにおける任務につき、2006年には帰還しています。

古代、都市国家形成からスタートしたヨーロッパ、アメリカの文化には、古くからのひとつの大原則があります。

それは、「市民を守るために戦うものにのみ市民権はあたえられる」
というものです。

ここでいう市民とは、都市国家市民であり、現代社会では転じて、国家を指します。

つまり、自国を守る者にのみ、国民としての権利が与えられるのです。

言い換えれば、日本に住み、日本の憲法や慣習を大事にし、そして日本を守るために戦う者こそが日本国民、なのです。

他国の憲法を遵守し日本の法と秩序に従わず、その他国の徴兵にすら応じないような者は、少なくとも日本の国民ではないし、また彼らの国の国民ともえいない。

そしてそういう連中に安易に国籍を与えるなどという意見を持つ者は、悪いけれど国賊以外のなにものでもない。

もし、在日外国人が日本での市民権(国民権)を得たいなら、彼らは、日本人以上に日本のために戦わなければならない。それもできずに、「差別」がどうのとか、図々しいにもほどがある。

それから、もうひとつ。

激戦を戦い抜いた日系アメリカ人たちは、もちろん米国軍人として戦いました。同時に、彼らひとりひとりの心の内に、「人種差別撤廃のために戦う」という、日本人としての熱い誇りと自覚があったことを忘れてはならないと思います。

なぜなら彼らは、そのために命を燃やし、米国陸軍史上、最大の名誉戦傷戦闘団(Purple Heart Battalion)の称号を得ている。

そして彼らは、いまも、戦地で戦い続けているのです。

442部隊の叙勲・・・・

○名誉勲章(議会栄誉章)
アメリカ軍における最高の栄誉。セラヴェッツァ近郊での戦いで数々の殊勲をあげ、1945年4月5日に友軍をまもるために、投げ込まれた手榴弾の上に自らの体を投げ出して戦死したサダオ・ムネモリ上等兵が受章。
第2次世界大戦における名誉勲章の授与数は464。
そのうち殊勲十字章から格上げされた20とあわせた21の名誉勲章が442連隊に与えられている。

○陸軍殊勲十字章 52
このうちの20に関しては、2000年6月に再調査の上で名誉勲章に格上。

○銀星章 560
複数回獲得を表す樫葉の追加28。

○勲功章 22
○陸軍軍人章 15
○銅星章 4000+樫葉追加が1200。
○名誉戦傷章 9486
○大統領部隊感状 7枚
第442連隊としては7枚目となる「大統領部隊感状」は、トルーマン大統領が自らの手で連隊旗に括り付けた。これは合衆国陸軍では初めての出来事です。7枚という数字は合衆国陸軍の最多受賞部隊でもあります。

ねずきちの ひとりごとより



関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク