FC2ブログ

今日ボクが見た風景

「史上最も短命な道路」…仮開通の翌日に崩落

Category: 中国  

「史上最も短命な道路」…仮開通の翌日に崩落、死傷4人=中国・雲南


中国・雲南省の民族自治県でこのほど、自動車道が仮開通した翌日に崩落し、4人が死傷する事故が起きた。中国のネットユーザーは「史上最も短命な道路」と呼んで、「豪雨が原因の自然災害」とする地元当局の説明に疑問を投げかけている。新華網が報じた。


6月27日、雲南省玉渓市新平彝(イ)族タイ族自治県の県政府所在地から同省三江口に至る二級公路(自動車道)「新三公路」で崩落事故があり、通行中の車1台が崖下に転落、2人が死亡、2人が負傷した。道路は前日に試験開通したばかりだった。地元政府は事故原因を集中豪雨による自然災害だとしている。(タイはにんべんに泰)

  あるネットユーザーが「中国史上最も寿命の短い道路」としてネット上に書き込むとたちまち注目が集まり、「豪雨でも自動車道が簡単に崩れるわけがない」「天災ではなく人災ではないか」などと「おから工程(手抜き工事)」を指摘する声が上がった。

  新華社の取材によると、新三公路は片側2車線、全長約90キロメートルで、新平県の8つの郷・鎮と19の村委員会を通過する。沿道の地質はもろく、これまでも災害が頻発しているという。崩落事故があった場所は山の中腹で、道路は3カ所が損壊していた。

  新平県交通局は、道路の設計、施工、監督を担当する業者は入札で選んでおり、工事の質や管理に問題はないと主張する。事故後、雲南省の国土資源庁と交通運輸庁が派遣した専門家チームも、「豪雨が引き起こした自然災害」との調査結果を出した。

  しかし取材で、道路は交通庁の建設許可が出る前から着工されており、短期間に突貫工事で進められ、竣工検査もせずに仮開通させていたことが分かった。開通式典は6月30日の予定だったが、事故のため中止となった。

  背景には、二級公路に対する国からの補助打ち切り政策があった。新たに建設された二級公路は今年6月30日以前に開通していなければ国からの補助を得られないことになっていたため、無理に工事を急いだのではないかと記事は指摘している。(編集担当:阪本佳代)



http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0712&f=national_0712_038.shtml

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク