FC2ブログ

今日ボクが見た風景

ついに死者!!菅首相の思いつきで続出する3次被害

Category: 政治  

ついに死者!!菅首相の思いつきで続出する3次被害


2011.7.16


 政界でも「菅直人首相の思いつき」(現職閣僚)としか受け止められていない「脱原発」路線の影響で、ついに死者が出始めた。総務省消防庁が12日にまとめた調査(速報値)で、7月4日から10日までの1週間に熱中症で病院に搬送された人が前年同期の897人から5倍以上の4520人に達し、うち8人が死亡していることが分かったのだ。

 熱中症は屋外で起きるものと思われがちだが、実は建物内で発症するケースが多い。全国規模の節電ムードの中、今月に入って観測史上最大級の酷暑となった昨年を上回る暑さが直撃した。冷房の設定温度を上げたり、使用を極力自粛する傾向が強まったことが、こうした被害の拡大に拍車をかけた可能性がある。

 東日本大震災は地震や津波による未曾有の1次被害とともに、福島原発周辺住民の避難に代表される多くの2次被害を生んだ。過剰な節電意識から生じた熱中症は、さしずめ「3次被害」と言ったところだろう。しかも、1次や2次被害と違って民主党政権、とりわけ菅政権と密接不可分な、正真正銘の人災でもある。

 さすがに、こうした事態は浜岡原発の停止要請以来、心の片隅にあったのだろう。首相は13日の記者会見で熱中症患者の急増について「本当に申し訳ないといいましょうか、静養いただかなければならない問題だ」と謝罪した。後ろめたさを感じていたとみえる。

 だが、3次被害は何も熱中症に限らない。首都圏には児童や女性が見知らぬ男に声をかけられたり、付きまとわれる被害が急増している地域もある。所管の県警本部では「街灯の節電で、路上に不審者が出没しやすい暗い場所が増えたことが一因」と分析、警戒を強めている。電力不足を懸念する企業の海外移転に伴う景気低迷や雇用喪失は、中長期の課題という意味で、より深刻だ。

 一般国民だけではない。政府トップが関係省庁との事前調整もなく、エネルギー政策の大転換を打ち出した点では官僚も被害者。加えて選挙基盤の弱い民主党議員も、党代表に菅氏を選んだ責めは負うべきにせよ「脱原発」解散に翻弄(ほんろう)されている。



今日ボクが見た風景

記者会見する菅直人首相。質問を求めて挙手する産経新聞の阿比留記者(左端)に発言の機会は与えられなかった

=13日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)



首相は13日の会見で、その「脱原発」解散について、「この問題で解散をするとかしないとか、そういうことは一切考えておりません」と答えた。「一切考えていない」と言っているようで、実はちゃっかり「解散しないとも考えていない」と言っている。第一、「これから抜くぞ」と公言したら、「伝家の宝刀」にならない。

 民主党内では翌14日、若手議員に「『原発解散はない』という首相を信じよう」と沈静化に努める動きも見られた。だが、首相の曖昧模糊とした言葉を信じるのは「ルーピー(愚か者)」だけというのは、もはや国民の常識と化している。

 各種世論調査で内閣支持率は急落し、退陣圧力は強まっているにも関わらず、涼しい顔で居座りを決め込む首相が周囲の説得に応じて退陣するとは、とても想像できない。今国会の不信任決議案再提出は前例がなく、早期の「菅降ろし」は決め手に欠くのが実情だ。

 臨時国会での不信任案提出、代表の即時解任を可能とする民主党規約の改定だと勝負は9月以降に持ち越され、首相が解散風を煽る確率もより高まるだろう。首相の権力欲とポストへの執着心で、国民の気力と体力、そして国力が消耗しつつある。(森山昌秀)

◇…先週の永田町語録…◇

(11日)

 ▽忘れがたい

 菅直人首相 この問題を先送りしてはならないと(死去した)笹森清元連合会長が何度も話していた。忘れがたい言葉として思い続けたい。(社会保障と税の一体改革に関する集中検討会議で)

 ▽積み木細工

 石破茂自民党政調会長 与野党協調しようと、ものすごく考えていたのに自民党から(浜田和幸参院議員を)一本釣りした。積み木細工のように党内で調整しているときに首相はなんでぶち壊すのか。(民放番組で)


(12日)

 ▽じくじたる思い

 安住淳民主党国対委員長 法案が成立する打率は良いけれども、世論調査での民主党や内閣の支持率に何ら反映されていない。内心じくじたる思いはある。(国会運営について記者会見で)

 ▽混乱するだけ

 小坂憲次自民党参院幹事長 統一見解なのに方向が統一されていない。こんなものを出せば混乱するだけだ。二つのテストを明確にして表明すべきだ。(原発再稼働をめぐる政府の統一見解について記者会見で)

(13日)

 ▽真摯に受け止める

 菅直人首相 世論調査を含めて国民の皆さまの意見は真摯(しんし)に受け止めなければならない。私自身いつもそう思っている。(各社世論調査で早期退陣を求める声が高まっていることに記者会見で)

 ▽のりを超えた

 穀田恵二共産党国対委員長 越権行為。議長の職権に絡ませて発言するのは極めて不見識だ。議長としてのりを超えている。(衆院で内閣不信任決議案を提出するよう促す西岡武夫参院議長について記者会見で)

(14日)

 ▽学ぶこと多い

 鳩山由紀夫前首相 エラーで失点したが、あっという間に取り返し、最後は圧勝。大いに学ぶことが多い。われわれのエラーは大変厳しいものがある。(「なでしこジャパン」活躍に会合で)

 ▽余計に暑い

 古賀誠自民党元幹事長 菅直人首相の記者会見は「居座ってまだやりますよ」というものだ。覚悟を示したとも思えない。テレビで放映され、余計に暑くなった。(13日の首相記者会見について派閥総会で)




今日ボクが見た風景

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110716/stt11071618010004-n1.htm
関連記事

Comments

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク