FC2ブログ

今日ボクが見た風景

無年金在日救済措置?

Category: 政治  

1円も年金の掛け金を支払ってこなかった在日韓国・朝鮮人の方々に対する救済措置としての

福祉給付金制度】は、平成19年12月25日の最高裁判決


1円の年金保険料を納めずに無年金となった在日が、自分たちが無年金者となったのは日本政府の責任だから、日本政府は無年金在日へ年金を支給しろという異常訴訟違法判決がくだされています。

しかし、違法判決を無視し、某
カルト教団により各地方自治体で福祉給付金制度導入を現在も進められているとのこと! これは大問題であります!




<福祉給付金について>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%A5%89%E7%B5%A6%...

上記の内容で、【在日外国人は1982年の国民年金法改正で国籍条項が撤廃されるまで同年金に加入できず、同年に20歳を超えていた障害者と1986年の同法再改正時に60歳以上だった高齢者が無年金になった。】 とありますが、国民年金に加入できるよう、そして特別に条件を設けて年金の受給が可能なように設定したのにも関わらず、在日はこれを拒否したと聞いております。





<以下は、在特会会長のブログより転載させて頂きました。>
--------------
【小平闘争宣言2】 ずさん極まりない福祉給付金制度

http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10137566857.html

年金保険料を1円も払ってこなかった在日韓国・朝鮮人たち(以降、無年金在日と称す)に、年金代わりに福祉給付金という名目で国民の税金をばらまくシステムが各地方自治体で採用されています。  民団側の発表によれば、その数は全国820以上の自治体に上っているそうです。

平成19年度末に厚生労働省が発表した数字では、現在118万人の日本国民が無年金者となっており、さらに30代~40代の推定無年金者(年齢的に25年の年金保険料納付を満たせないと推定される者)まで含めると150万人を超えると見られています。 そして、これらの無年金者のうち、およそ40万人は実際に年金保険料を納めており、経済的事情などで25年の年金保険料納付ができなかったと思われますが、こうした実際に年金保険料を納めた人たちも含めて無年金の日本国民には年金救済措置は一切取られていません。 大変厳しい現実ですが、それがルールだからです。 年金保険料は25年納付して初めて年金受給資格を得ることがルールであり特例は認められないのです。 厳格にルールを国民に求めたからこそ、曲がりなりにも年金制度は創設から半世紀機能してきたといえるでしょう。

ところが、こうしたルールを無視して無年金在日に「国が無年金在日を救済するまでの措置」として、地方自治体が住民の税金を使って月額5000円~3万円超(各地方自治体で支給額が異なる)をばらまいているのです。 この制度は平成6年に神奈川県川崎市で始まり、以降カルト教団創価学会・公明党が中心となって推進し各地方自治体に広がっていきました。 何度も書きますが、日本国民には一切救済措置がなく少なからずの人が無年金を理由とする経済的理由から首をくくっているにも関わらずです。

このような日本国民を愚弄するにもほどがある無年金在日救済を目的とした特権付与は断じて認められません。 そもそも、平成19年12月25日の最高裁判決(1円の年金保険料を納めずに無年金となった在日が、自分たちが無年金者となったのは日本政府の責任だから、日本政府は無年金在日へ年金を支給しろという異常訴訟)で国の責任が完全否定され在日側の全面敗訴となりました。 つまり先述の「国が無年金在日を救済するまでの措置」という名分がこの時点で成り立たなくなっているのです。 しかし、こうした最高裁判決を鼻で笑うかのようにカルト教団創価学会・公明党は、在日信者獲得や将来的な地方参政権を視野に入れて各地方自治体で福祉給付金制度導入を現在も進めています。

この問題の象徴となったのが小平市です。 昨年、小平市で福祉給付金制度を求める請願が可決されそうだという事前情報をキャッチし、在日特権を許さない市民の会 (以降、在特会)として抗議活動を市役所前で行ったのが始まりでした。 会員4000名超の在特会とはいえ資金的にも人員的にも限りがある以上、小平市を集中的にとりあげることで他の自治体へのけん制とすることを狙い、小平市ではこれまでも何度か大規模な抗議活動及び周知活動を行ってきました。 その結果、今回の問題を簡潔にまとめた在特会新聞は8万世帯の小平市において6万部を配布したほか、週刊新潮やJ-CAST、ラジオ番組などでも小平市での無年金在日救済のための福祉給付金問題が一斉に報じられたのです。 こうした動きが功を奏して、小平市に遅れて福祉給付金導入を検討していた品川区では、小平市における在特会の大規模な抗議活動を考慮して福祉給付金構想を取りやめることになりました。 表にはでていませんが、ほかにも民団・総連といった反日犯罪組織やカルト教団・公明党のごり押しで同制度の導入を進めていた自治体のうちいくつかは、小平市での大規模抗議活動を知って取りやめたところもあるようです。

在特会の活動がとにもかくにも、福祉給付金という特権制度を地方自治体で構築させないということに幾らかでも役立った例といえますが、肝心の小平市では極左市長小林正則およびカルト教団創価学会・公明党が意地になって同制度の実施を図ろうとしています。 以前の記事でも書きましたが、本来なら4月から同制度の実施が決まっていたものを、騒ぎが大きくなりすぎたため半年ほど実施時期をずらしてほとぼりが冷めるのを待つという姑息な対応を市側がとっています。 現在入ってきている情報では9月からの支給開始が決定したということですが、実際に支給されたかどうかの確認は10月以降になります。

そして、今回さらに驚くべき情報が入ってきたのです。 福祉給付金制度を小平市で始めるにあたり当初20名の無年金在日を支給対象予定者としていましたが、在特会の抗議でこれを17名に減らして小平市は平成20年度予算を通しました。 ところが17名で予算をとったはずなのに、8月末までの情報では支給対象予定者が3名に激減していたのです。 よくよく調べてみたら、支給対象予定者の多くが一定以上の資産を持っており福祉給付金として支給するには不適切と判断されたようですが……こんなずさん極まりない制度を小平市は導入しようとしているのです もし、在特会がこの問題で小平市側に詰め寄らなければ、まともな調査もなく住民の税金が17名の在日に垂れ流されていたのです。制度も問題ですが、それ以前にその制度を実施する小平市側のあまりにもいい加減な対応に怒りを通り越して呆れるばかりです。

もちろん、人数の問題ではなく制度の問題である以上たとえ17名が3名になっても、同制度を止めないのであれば小平市における在特会の大規模抗議活動は予定通り継続していきます。 10月以降に住民監査請求を提出し、これがはじかれれば東京地裁に極左市長小林正則を相手取っての訴訟を起こします。 年内に小平市で福祉給付金を推し進める極左市長小林正則とカルト教団創価学会・公明党への大規模抗議活動を展開したいと思っています。 また、告知したとおり来年4月の小平市長選挙に向けて、会として推薦できる候補者の絞り込みを開始しています。
--------------


電凸、メール凸、FAX凸、リアル凸推奨

神奈川県川崎市
http://www.city.kawasaki.jp/
----------
●お電話・FAXの場合
  電話:044-200-3939
  FAX:044-200-
3900

●お手紙の場合
  
郵便番号 210-8577
  川崎市川崎区宮本町1番地
  「サンキューコールかわさき」


http://www.city.kawasaki.jp/16/16simin/thankyoucall/index...
----------



東京都小平市
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/
----------
電話:042-341-1211(代表)
窓口受付時間:月曜~金曜/午前8時30分~午後5時 土曜(一部の窓口)/午前8時30分~午後0時15分
休業日:日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)


★関連サイト
在日外国人「福祉給付金」 東京小平市で是非巡って論議
http://www.j-cast.com/2008/03/09017530.html
----------




---------------
☆彡こちらも御注目ください。

<自治体のトンデモ憲法wをチェック、分析してみました!>
ここが変だよ!自治基本条例 (奈良県大和郡山市編)


<自治基本条例の違法性と危険性を解説>
【超あぶない条例】自治基本条例

<反日勢力(反日左翼を含む)を見事にBAN!!しておりますw>
反日左翼の詭弁を見事論破した百地先生の動画をテキスト化!


<驚愕の事実判明!!>
【生ぬるく電凸】総務省へ地方自治法の改正について聞いてみた。


<実質的な外国人参政権である生駒市の常設型市民投票条例>
猛抗議お願いいたします!!(生駒市編)

関連記事

Comments

Trackbacks

大和郡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク