FC2ブログ

今日ボクが見た風景

竹島問題韓国側の論拠崩す公文書

Category: 韓国・朝鮮  

日本と韓国が互いに領有権を主張する竹島問題で、韓国側が論拠としている「竹島はわが国と関係ない」とする明治政府の文書「太政官指令」の内容は、現在の竹島(韓国名・独島)を示すのではなく、朝鮮半島沖にある「鬱陵島(うつりようとう)」と判断できる島根県の行政文書が見つかったことが22日、竹島問題研究会への取材で分かった。研究者は「韓国側の主張が崩れる貴重な資料」と注目している。

 太政官指令は明治10年に作成され、「竹島ともう一つの島はわが国と関係がない」と記述しているため、韓国側は「日本が領有権を放棄した」と主張。しかし、明治政府発行の当時の地図では現在の竹島の位置に何もなく、朝鮮半島沖にある鬱陵島が「竹島」「松島」の2つの名前で書かれていることから、太政官指令での竹島はこれまでも鬱陵島を指すとみられていた。

 今回見つかった行政文書は島根県が所蔵し、太政官指令の5年後に作成された明治15年1月31日付の「県治要領」。杉原隆・県竹島研究顧問(71)が当時の外務省関連文書などを調べる過程で見つけた。
 この県治要領では、地元の士族が島根県に出した鬱陵島とみられる「松島」の開拓願いについて、内務省が「松島は朝鮮領」として不許可にした経緯を記述。そのなかに「前に指示した通りわが国に関係ない」という趣旨の記述があった。

 太政官指令と重なり合う内容であることから、太政官指令で表記された竹島は、県治要領で示す松島、つまり現在の鬱陵島とみられる可能性が一層強まったという。

この問題では現在の竹島が日本領であることを示す19世紀のドイツ製の地図も複数見つかっている。

 同研究会座長を務める下條正男・拓殖大教授は「韓国側が太政官指令を頼りにしてきた論拠が崩れた」と評価している。


(以上)


■関連スレ

【島根】広がる「竹島」授業 県内の小中学校9割超で実施…

「韓国への敵対心だけが強調されないよう」配慮も
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1266803398/




何もできないのではなく、何もしないだけ。

というのも、実は日本のとっての韓国の存在価値は中国ロシアの人間の防波堤だから。
韓国人が徴兵制を敷いて日本のために防波堤役を勤めてくれるうちは、竹島くらいは夢を見させてやるよ。
でも永遠に竹島が韓国領土のなることはないがな。


でも数十年間ただ形だけの抗議ばかりで
ずっと韓国に占領されているんだから
行動をとらない限り本当に韓国に占領されるぞ
自民だろうが民主だろうがいつまでたっても
動かないし主導権は韓国のまま
竹島に対馬、ほったらかしにすると
次は島根県あたりが占領されるぞ


竹島の問題だけじゃないさ。
北方四島問題もそう。
実効支配している奴の方が絶対的に有利。
これを日本の統治下に戻すには実力行使しか在り得ない。
それが出来ないのはら、大人しく諦めた方が良い。


実効支配じゃなくて不法占拠だろ馬鹿w


日本側からすれば、不法占拠になるが、
韓国側からすれば、そもそも自分の領土なんだから
不法占拠になんてなりえないわけ。



正式な公文書があっても聞く耳持たぬ国にどういう説得力が?


韓国側の根拠は多くが日本側の阿呆によって
提供されてる。よって、国内の阿呆の主張に対して
反証していけば韓国の根拠は枯渇する。




【社会】竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1266931311/




竹島の領有

ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_ryoyu.html

サンフランシスコ平和条約における竹島の扱い
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_sfjoyaku.html

韓国2度の出廷拒否
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_teiso.html

拒否するも島に派兵現在も不法占拠中!!

すべて外務省のHPです。



関連記事

Comments

« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク