FC2ブログ

今日ボクが見た風景

菅首相の居座りは「戦後の日本」というシステムに風穴を開けるチャンス

Category: 報道  

菅首相の居座りは「戦後の日本」というシステムに風穴を開けるチャンス

 「電力権益」を壊すためためなら菅支持もアリ


★電力会社、政界、官僚、マスコミの「電力権益」を壊すためためなら菅支持もアリ

7月12日、菅直人首相は自身のブログで、迷走を続けた原発再稼働をめぐる政府の統一見解について、
「決して思いつきではなく、安全と安心の観点からたどり着いた結論」と強調した。
しかし、6月18日に全国原発の「安全宣言」を出し、玄海原発の再稼働を急いでいた江田万里経済産業相は、
依然として菅首相への反発をあらわにしており、閣内対立は引きずったままだ。

 こうした内閣の姿勢に野党も反発を強めており、自民党の谷垣禎一総裁は12日の党役員会で
「意味不明。政府の混迷は目に余る」と批判。石原伸晃幹事長も「原発を抱える地元を一層不安にさせている」と指摘した。
しかし、こんな四面楚歌の菅首相を「鼻をつまんで指示したい」と宣言する人がいる。作家の矢作俊彦氏だ。
「再生可能エネルギー促進法案をぶち上げたり、浜岡原発の停止を決めたりと、菅首相は脱原発を積極的に進めようとしている。
だから、人気取りだろうが延命だろうが、それをやるというのならば、支持しようじゃないかということです」
確かに菅首相が、歴代総理が口に出せなかった脱原発を宣言し、原子力から再生可能エネルギーへのシフトを
本気で実行しようとしているのは事実。矢作氏が続ける。

「菅は市民運動出身だから、脱原発というテーマになると燃える。だから、上手にくすぐって脱原発に猛進させればいいんです。
その代わり、玄海原発を再稼働させたり、脱原発のトーンが弱くなれば、支持はしないという態度をとればいい。
あくまでも、脱原発を掲げ、そっちへ顔を向けている間だけ応援するということです」(続く)

 また、菅を首相の座に“しがみつかせる”ことで、政界に大きな地殻変動が起こる可能性があると矢作氏は言う。
「電力会社と政界と官僚、マスコミにまたがる『電力権益』側にとって、菅は人間爆弾のようなもの。
実際、彼が浜岡原発に停止要請を出した直後に永田町が一斉に“菅降ろし”に走った。そこに因果関係がないわけがない。
『電力権益』が焦ったということです」

 矢作氏は菅首相の居座りを、「戦後の日本」というシステムに風穴を開けるチャンスと捉えるべきだと語る。
「菅直人は20年以上前から再生可能エネルギーの普及を訴えていた。でも、首相になった途端、それを言わなくなった。
権力の座を守るために『電力権益』側との衝突を避けたんですね。彼は実にずるく、権力維持のためならなんでもやる。
たとえ彼が無能だとしても、そこは信じられる。彼がいること自体が『電力権益』の損失なら、いさせた方がいい。
その損失は、われわれ市民の利益なんだから」

 古い体制を壊すためにこそ、菅首相のしがみつきを支持するという矢作氏。そんな選択肢も“あり”かもしれない。

以上

週プレニュース http://wpb.shueisha.co.jp/2011/07/13/5845/

週プレニュースwwwww



なにいってやがる。ソフトバンクに数兆円寄付するための法案を必死に通そうとしてるのに。
電力権益を作ってる最中だろ。



このバカになに期待してるの
バカなの サヨクなの?



戦後の朝鮮人支配からの脱却には管がいてくれてよかった。
おかげで敵の姿がはっきり見えようとしている
さあ、今度は駆逐の時だ

またついでに赤狩りやったらいいと思うよ

関連記事

Comments

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク