FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本軍の装備は清朝より見劣り 珍しい日清戦争の写真

Category: 戦争  

 塀をよじ登ってるのは日本兵だろ? ちゃんと軍帽かぶっている。
 支那兵は弁髪姿だったので日本兵から「豚のしっぽ」と笑われたと読んだ。
 勇敢だな、この写真。

勇敢なのはその通りだが写真そのものはヤラセで後から撮ったもの。
日本軍に従軍していた撮影者が兵隊に再現してもらったんだよ。


海軍だって、当時の最高級の軍艦を持ってたんだよ。

それで負けてんだよ。

確かに装備『だけ』は良かったよね

何しろ後年の大和・武蔵に相当するような艦を保有していながら
軽艦艇主体の帝国海軍に勝てないんだから


そりゃ日本はお金がありませんでしたから。

優勢な清国海軍に立ち向かうには、操船技術・射撃技術を磨いて
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」しかないわけで。
砲弾にも限りがありますし、バカスカ撃てませんし。
特に海上戦は艦の優劣が如実にでますから訓練第一なわけです。
あと、砲弾頭の火薬だけは日本で開発された新型の火薬を使ってましたっけ。


兵器も重要だけど、その時代の戦争は、今と違い、結局最終的には肉弾戦のような
近距離まで接近することも多かったし、命を落としやすかったため、
近代国民国家じゃないと、強い兵隊を作れなかったんだよ。
清国軍は、私兵だし5分の状況ではおそらく逃げたでしょう。
お金のためにたたかっていたから。
日本軍は、天皇を中心とした近代国民国家になっていたため
戦意や、兵士の質が違う。
兵器も結局は人が操るもんだ。




なので中国はチベットやらネパールやらで精神的な指導層。潰しにかかる、と。政治的だけでなくね。

日本の皇室も可能なものなら潰したいはず。



中国の高級軍人の仕事は逃げ出す部下を背後から撃つことだから
それを言ったら中国軍は日中戦争後まで近代的な軍隊をもってなかったことになる

 シナ軍は朝鮮戦争でもそれをやっていたらしいな。

まあ、19世紀ぐらいまで欧州では士官が逃げる兵士を撃ち殺すのはよくある事だけどね・・・・
戦列歩兵の時代だから当たり前だけど・・・・・





この後戊戌維新失敗したよね
西太后があほな所為で


悪女でしたね
軍事費を使用で使い込むとか


幼い皇帝を頻繁に首を挿げ替えて自分の権力は増大させたが清朝の命脈を覿面に縮めた張本人ですな。
絵に描いたような売国奴。



ひとごとではないな。
トップが 国の為を考えてなければ どんなに良い装備をしても負ける。
民主党



サーチナは意図的な情報操作をやって
こっちのチャイナネットは本性が聞けそうだな

いずれにせよ、サーチナとここ変には注意が必要だ

だな

サーチナはプロパガンダ垂れ流してるのが丸見え




黄海会戦の戦力
清国:戦艦2、巡洋艦10、その他:旗艦は定遠7,144t 305mm連装砲 2基4門など
日本:巡洋艦8、コルベット2:旗艦は松島4,217t 32cm砲1門など

  煙も見えず雲もなく 風も起こらず浪立たず
  鏡のごとき黄海は 曇りそめたり時の間に

  空に知られぬ雷か 浪にきらめく稲妻か
  煙は空を立ちこめて 天つ日影も 色暗し

  戦い今か たけなわに務め尽せる ますらおの
  尊き血もて甲板は から紅に飾られつ

ご先祖様は頑張ったんだ。


当時の写真見るとみんなちっこいね
ちっこい身体でよくロシアやアメリカと戦ってくれたよ


日本軍じゃなくて、第二次大戦で勇猛を誇った米軍の「二世部隊」だけど、
白人将校に比べると正に「大人と子供」。

そう思ってナメた口聞いた白人兵士達は、日系人兵士に柔道技くらってKOされたそうなw




これは支那(清朝)の軍隊ではない。李鴻章の私兵だった。
いわゆる「国軍」の概念が清朝にはなかった。
王朝の重臣がそれぞれ自分の兵隊を持って、これを対外戦争に派兵していたのが実情。

だから負けそうになると「国家の負け」より「自分の兵隊の保護」を優先してしまう。
当時の大日本帝国は「国軍」だったから、戦意が圧倒的に違っていた。
清朝が負けるのは当然の帰結だ。



中世ヨーロッパの傭兵軍隊みたいなもんですよね。
あまり大戦になって自軍が弱ってしまうと、”戦後”苦労するから、敵と共謀して八百長しますw
国民軍では断じて無いな。


大きいだけで実は弱い中国











ただ、残酷な性質があるので心理的ダメージは大きい。。。



対外戦争に関しては古代以来負け続けなのに
負けるたびに領土を広げてきた不思議な国が中国
今の中華人民共和国の領土は公式に統治権を持ってる意味で、最大版図だからな


基本的に他国に占領されて中国化して領土広げてるだけだからな・・・



その後占領した国の版図が大きいだけじゃないかw
支那なんて地域の名称でしかないし
ましてや中国という国家が連綿と継続してきたわけじゃない

繁殖力の差だと思う。


結局、中華思想で絶対に溶解されない精神性とどんなに屈辱的状態でも繁殖する生命力。
日本人はすぐに現地に溶け込んで現地人化してしまい形を残さないがシナ人は他国にシナ街として
シナの飛び地を形成する。
世界はやがてシナ人に飲み込まれるかもしれないね。




帰化日本人石平氏の著作だったと思うが。

シナ事変までの徴発シナ兵は、文字が読み書きできないだけでなく、
時間、右左、東西南北の概念がなくて教育に苦労したそうな・・・。

のらくろがんばったんだな・・・。


だって中国の軍隊は今も昔も盗賊集団です。


>大勢の記録と異なり、実際は日清戦争時、清朝軍隊の装備ははるかに日本軍より優れていた。
中国ではそう教えてるのか??つまり、日清戦争は強大な日本が侵略してきたと
俺は普通に当時の日本は清の軍事力の半分も無かったと習ったが

優勢な相手に対しても、頑張ればなんとかなるという変な成功体験をしちゃって、
さらにそれが、日露戦争で強化されまくって、

…最後には、20倍のGNPの化け物に立ち向かったのだ。成功は失敗のもと。



ロシアが国力差10倍で僅差の判定勝ちだったんだから
20倍は無理かな?とか常識的に思わなかったのだろうか


ありゃドイツが調子良かったから、ドイツが勝てば短期決戦で
講和に持ち込めば勝てる! という判断だったのでは?


だからこその短期決戦での早期講和狙いだったんでしょ?

そこを読まれて長期化さんたん。

ま、戦線をいくらなんでも延ばしすぎだしなぁ


日清戦争も日露戦争も日本以外の大国の思惑ってのがあって、

それで初めて勝利出来たのに何か勘違いしてた部分はあっただろうな。
最後は逆にその思惑によって敗戦しちまった



戦争に勝った!!俺達は一等国だ!!もう一人で何でもできる!!
という勘違いでは?


いや……それは違う。
アメリカとはどの道やらざるを得なかった戦争。

そもそもアメリカがやりたかった 戦争なんだから。
じゃなきゃハルノートなんか出すわけは無い。




実際にWW1後は一応の地位を得ていたのだからそれなりの力はあったかと。
ただ、アメリカに対抗するのは無茶すぎた。
あんなに仲が悪い米ソが戦争って理由で抱き合うくらいなんだから、日本人の考えが甘すぎるんだ。
そういう認識の甘さは今でも同じなような。国民性ってやつかな



チンタラ座して待ってたらやっぱり植民地だったよ。

よくも悪くも日本が帝国主義を終わらせたんだから。



当時既にかなりの国力持ってたから、植民地にはなってなかったと思うよ
まぁ第一次世界大戦後のドイツのように借金漬けにはされただろうけどね
が、そこら辺で負けときゃ、第二次世界大戦で米に喧嘩売って
フルボッコにされなかったかもしれないと思うと微妙なんだよなぁ…


いやぁでもどんづまりだったと思うよ
戦って勝った歴史ってのが今の国際社会でも
結構影響あると思うし、戦わないで何もしてなかったらはぶられてたかも





極論が多すぎる。
何事にも中庸を忘れてはいけない。
在日が犯罪するから強制送還とかもう観ていられない。
ネットリテラシーの崩壊を止めるには強制力が必要。


チョンは日清戦争関係無いだろ。



いやチョンを独立させるための戦争だった・・・はず

しかし、恩知らずのチョンはロシアに接近したのでした。



まぁ、日清戦争の始まり自体は清国が条約違反を犯したからなんだがな


天津条約のこと?



ウィウィ、教科書じゃ何故か乗ってなかったような気がするあの条約



天津条約のってないって、それは駄目な歴史教科書だろうw



日清戦争に勝利できた最大の理由は両国兵士の愛国心の違い。
最後は一兵卒が国を護る為に命を棄てる覚悟があるかって事だ





ロシアはうまいよなー。清もうまい。

ひょっとして、ロシアも清も、あの当時の朝鮮社会を知り抜いてて、
朝鮮いらねーって思ってて、日本をはめたんじゃね?

このカード、うんちついてるし、禿げてるし、貧乏だし、いらね!って。

中国と韓国は中国文明、日本は日本文明。歴史や伝統や
価値観が違うのだから、どちらが優れるとか劣るとか無いよ。
日本「貴方達と同じ枠に入れないで、ムシズがはしるから。」


歴史上、中国が日本に勝った事なんか1回も無いぞ



中国が何を指すかによるが、中国を支配した王朝に日本が負けたことは有るよ。
日中の歴史なんてニコニコしながら殴り合い、時に本格的なつかみ合いになってるわけだし。

元寇じゃ一度目は惨敗、二度目はボロ負け、
朝鮮出兵時は満州まで蹂躙され、
日清戦争はボロ負け、
日中戦争は負けてるのに「負けてない」と言い張ってただけ。

……なるほど、確かに勝っては無いな。

秀吉の朝鮮出兵のときも特に日本は負けて無かったかな


あまりに役立たずな朝鮮王を明の武将が怒鳴りつけてたとかなんとか
「たまたま秀吉の寿命がつきたから良かったが、そうじゃなかったら負けてたぞ!!」って



清帝国はまぎれもなく大国だったよ。日本はまだ明治だ。
世界最先端の武器が揃っていた。

ただ、中国人はいざ戦となると逃げ惑うので戦争にならない。
昔からそうだ、外国の軍隊と戦って勝ったためしがない。
いまの解放軍も同じだろう。せいぜい弱体勢力の内乱鎮圧くらいしかできない。


シナの弱兵っぷりは有名だなぁ。
それを引き継いでるのが後継たる南半島かw

大体中国という国はでかい戦争になればなるほど内部から崩れていきますからね。
中華思想みたいな考えを持っていながら、実際事が起きると不安で何も出来ない。




日英同盟さえ堅守してればぐぬぬ…という
なればこそ現代日本は日米同盟を堅守せねばならんというのに…と愚痴は置いといて
その日英同盟破棄させるべく動いたのがアメリカなんだよな…
なんつうか、国同士の付き合いって感情抜きで語らんと話にならんのよね

どうせ日本は経済的に米国に徹底的に依存しているから少々苛めても

米に宣戦なんかしてこないだろと高をくくっていた感じがする。
まあそもそも米国は日本なんか眼中に無かったと言ってしまえばそれまでだが、

米国は当時の日本の外交的な孤立感をもう少し汲んでほしかったとは思う。





日露戦争のあとは、日本への警戒レベルがあがったからねえ。
英米と敵対するルートに分岐していくんだよ。英米と対抗するに
あたって、まともなバックがなかったってのがなあ。

ソ連を仲介者にしようという案もあったが、当のソ連は日露戦争で
負けた恨みを忘れていなかったという。










関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク