FC2ブログ

今日ボクが見た風景

1937年通州事变 (中華版)

Category: 中国  

1937年通州事变:一场起义伪军对日军民的杀戮

2007-06-25 09:12:24  网友评论 1 进入论坛

1937年7.7事变后7月下旬,日军从华北撤侨的列车经过通州时被当地军阀部队(应该是一支土匪部队,先被日军收编为伪军,后来又出奇不意“反正”抗日,袭击日本的后勤部队)攻击死伤严重,上百日军士兵被杀后肢解,女人被先奸后杀。后被日军中国驻屯军的部队营救出少数几人。

日本将此消息返回国内,全国“群情激愤”,一致要求“增兵华北,惩罚暴支”在几本日本人写的替南京大屠杀翻案的书中,对此事进行报复也是他们进行屠杀的“原因”之一。

通州事件是什么时候?7月29日,这时候日本早已调兵完毕,北平都要沦陷了,看过时间会倒转的,冀东保安队虽是伪军,出身土匪还真的不多。我看过日本人在战时写的关于通州事件的资料,认为责任应当由空军(陆航)来负,因为引起通州事件的最主要原因是日本空军轰炸了保安队(日人称为误炸),当时通州约有日军300人(绝非什么后勤部队),连同日侨、浪人等约六七百人,一小部突围成功(也不是什么驻屯军救出来的),被杀者约五百人,至于“对此事进行报复也是他们进行屠杀的‘原因’之”云云更是胡说八道,日军人向来是“南京大屠杀之虚构”。就我以前看到的英国人的资料,据说在通州事件中被杀的日本人没有一个是全尸的。

在北京文史资料上查到的:

通州伪保安队起义

日本人被杀得很惨,士兵被杀后肢解,日本侨民妇女被先奸后杀,有的被肢解

1937年7月27日,日军向驻通州附近的中国部队二十九军发动突然袭击。埋伏在通州旧城南门外的伪军保安队没有执行日军的部署,按兵不动。残忍的日军轰炸了保安队的驻地,激怒了本不甘心事敌,早有起义准备的保安队,在张庆余等领导下,于1937年7月29日发动起义。他们捣毁了日伪机关,逮捕了殷汝耕(起义部队转移时殷逃跑)等一批汉奸,处死了500多个日本顾问、官兵和日韩浪人。下午,起义部队在指挥部驻地北关吕祖祠集结,向京西转移。这次起义不仅给侵略者以沉重打击,也宣告了“冀东防共自治政府“彻底垮台。

l937年7月7日,侵华日军悍然向宛平县城发动进攻,中国守军第29军奋起抵抗,于是爆发了全国抗日民族战争。7月27日凌晨三时许,侵华日军和通县日军守备队突然向驻守在通县新城南门外(今通州粮食加工厂址)29军143师的一个营发动进攻,这个营的官兵奋力反击,杀伤日军百人,然而,埋伏在旧城南门及东总屯担任截击任务的伪政府保安队,并没有截击突围转移的29军部队,只是对空鸣枪,打炮,佯装阻击撤退的29军,同时在双方激战中也没有给日军任何支援。狡猾的日本特务机关长细木繁对保安队产生了怀疑。

27日上午9时左右,日军实施报复行动,派飞机12架狂轰烂炸旧城南门外保安队营地,致使保安队10余人伤亡。保安队广大官兵愤愤不平,难咽这口屈辱气,保安队第一总队队长张庆余立即把第二总队队长张砚田及教导总队沈维干找来密谈:“城南的战斗和日机轰炸教导总队营地,已经激起保安队官兵的义愤,我们怎么办”张庆余首先征求二人的意见。沈维干说:“不是鱼死就是网破。依我看,现在就可以动手。”张砚田有些顾虑:“我们的行动已经暴露了,日本人已有了准备,动手以后再同29军接应不上,全军就要覆没。”沈维干对形势又进行了分析:“现在官兵的抗日义愤实难抑制,与其抑制,不如顺水推舟就此起义。”张庆余说:“先观察一下日本人的动态再定,你们看怎样“28日下午,张庆余在“自强社”门口遇上了细木繁。细木繁质问道:“张队长你怎么槁的,为什么没有把29军截住?”张庆余觉得一个堂堂的中国人被日本人如此训斥,是奇耻大辱,他再也忍不住内心的愤怒,说:“我保安队是维持治安的,不是打仗的,我管不着!”“我撤了你!”“我是中国人任命的,你细木繁算个什么东西。”两个人互不相让,同时拔出手枪,怒目对视,直到有人上来阻拦劝解,两人才不欢而散。

事后张庆余,张砚田。沈维干秘密集合,认为事己至此,不能坐以待毙,应该尽快采取行动。于是,决定28日夜12时举行保安队武装起义。起义指挥机关设在县城北关,规定以午夜进攻日军兵营的枪声为起义信号,兵分三路同时行动。午夜,起义的信号枪声大作。起义部队迅速占领了长官公署和其他重要机关。殷汝耕听到枪声,连忙呼唤卫队长,卫队长早已被起义部队架到了指挥部。殷汝耕听无人应声,便藏身柜顶。起义部队官兵迅速扑进殷汝耕的卧室。但见被单。衣服散落在地,不见人。厕所、壁厨、立柜都搜尽,还是找不到人。从厢房搜出一个仆役,逼迫他交待殷汝耕的去处,仆役不情愿地指向柜顶:“长官您出来吧!”此时,殷汝耕吓得屁滚尿流,浑身筛起糠来,哪里还能动弹?几个保安队士兵上去就粑殷汝耕拽了下来。随后,将他押解到北关吕祖词指挥部监禁起来。

主攻日本守备队和特务机关的一路起义官兵,以装备精良。200多人的敢死队为前导,乘敌不备解决了敌岗哨,然后摸迸了日本特务机关和守备队住所。细木繁听到动静,率队冲了出来。他持短枪高声喊道:“你们速回本队,勿随好人捣乱,否则皇军一到,你们休想活命!”起义官兵哪听他的嚎叫,一勾枪板机将他击毙在地。

激战进行6小时,直打得东方的太阳火样红,共歼灭日军官兵500余人。第一总队日本顾问渡边少佐,教育厅顾问竹腾茂。宪兵队长何田。通县顾问申茂及冀东银行行长等均得到了与细木繁同样的下场。同时,捣毁日伪组织各机关,烧毁了日军守备队火药库。当夜,驻顺义保安队苏连章团根据张庆余指令,举行起义,歼灭日军200余人,于29日上午10时开进通县,与通州起义队伍汇合。时近中午,日军派飞机20余架轮番对通州城轰炸,起义部队伤亡甚重。张庆余得知形势危急,当机立断,命令部队分成两路向平西方向转移与29军汇合。当起义部队行至北平安定门与德胜门之间时,突然遭到日军截击,押解汉好殷汝耕的士兵被日军冲散,殷汝耕乘机脱逃,被日军劫走。随后,有装甲车20余辆掩护日军截击起义部队,保安队教导总队长沈维干、区队长张会明困带队突围相继阵亡。危难中张庆余下令化整为零,分头突围,经门头沟奔保定集合。

“当行至中途,竟被孙殿英部(国民党军)截击缴械……待余剩4000官兵徒手步行到保定集合时,仍请求向孙殿英索还武器,仍要开赴前线,力国杀敌。”

8月10日,因通州保安队起义,殷汝耕被迫“引咎辞职”,经他一手策划成立的卖国政府也被迫迁往唐山。

注:殷汝耕(1885---1947〕,浙江平阳人,日本早稻田大学毕业,1927年即代表蒋介石与日本官方往来勾结。1931年后参加签订丧权辱国的《淞沪停战协定》及《塘沽协定》,1935年12月26日至1937年月29日充任伪冀东防共自治政府政务长官,堕为彻底民族败类,1947年12月1日因汉奸罪被处决于南京。

张庆余(1895---1963),字贺轩,河北沧县申家庄人,1916年毕业于北京陆军模范团步兵科。厉任直隶军连、营、团、旅长等职,1933年任冀东特种警察队第一总队队长。1935年11月改任伪冀东保安队第一总队队长,1937年7月率部起义,转保定、洛阳、西安,于1938年隐居四川金堂县什坊镇。后被委任为国民党军委会中将参议。1946年夏,退役与家人定居天津,直到病逝。

关于 通州事变 的新闻


1937年の7.7の事変以後7月下旬、現地軍閥部隊に日の軍が華北から居留民を引き揚げる汽車は通州時を経過する (1曲の馬賊部隊であることが当然に、先に日の軍が傀儡軍集めて編集してなられて、以後でまた思いがけなく奇抜である“反正”抗日、日本の後方勤務部隊を襲撃して)死傷を攻撃することは厳しくて、上がって百日下士官の兵は殺される後肢は解いて、女は先にされて奸以後は殺す。後は日の軍中国に軍の部隊が何人か少数を救援し出すことを駐屯させられる。

日本はこのニュースに帰国内に戻って、全国“大衆感情は憤激している”、一致して“兵華北を増えて、を要求する激しい支”幾本日本人の書いた替わった南京に大きく決定を覆した書を屠殺する、を懲罰するこれの仕えた報復することの同様に彼らが屠殺することである“原因”の一つに対する。

通州事件は何時ですか?7月29日、このときの日本は早くからすでに兵完了を調整して、北平は全部陥落して、時間の会を見落として逆転で、冀東治安部隊はしかし傀儡軍で、滅多に身元馬賊は還す真のもの。私は日本人を見落として戦時の書いた通州事件に関した資料にいて、責任が空軍(陸航)から負で来なければいけないことと考えて、通州事件を引き起こすによった最要因は日本空軍が治安部隊(日人称は誤爆とする)を爆撃したことで、当時通州は約束する有日軍の300人の(絶はどんな後方勤務部隊でない)、日と一緒に外国に居留して、浪人などは6、7百人を約束して、1の部さんは突く成功(同様にそうでなく何という軍を駐屯させて来ていたことを救出する)、殺されて者は五百人を約束して、つきましては“これの仕えた報復することの同様に彼らが屠殺することである‘原因’これに対する”などはさらにでたらめを言うことで、日軍人の向来は“南京の大きい屠殺した虚構”です。私以前の見えたイギリス人の資料に就いて、言うところによれば通州事件の殺された日本人に1個がなかったことは死体をそろえる。


北京歴史文献・資料に到を調べる:

通州の偽治安部隊は蜂起する

日本人は悲惨であり殺されて、下士官兵は殺されて後肢は解いて、日本華僑婦女は先にされて奸以後は殺して、あるは解体される

1937年7月27日、日の軍は向かって止めて通州付近の中国部隊は二十九の軍は急襲を起こす。通州の古い城南ドア外の傀儡軍治安部隊に日の軍を執行する陣容がなかったことを埋没させて、兵をとどめて進まない。残忍な日の軍は治安部隊の駐屯地を爆撃して、冊が敵に仕えることに甘んじないことを怒らせて、早く蜂起することの準備の治安部隊があって、張慶余などの幹部下にいて、1937年7月29日に蜂起することを起こす。彼らは日の偽機関を粉々にたたき壊して、殷汝耕(蜂起して部隊は時殷を転移させて逃走する)などのワンセット売国奴を逮捕して、500の何人かの日本助言者を死刑に処して、士官と兵士と日の韓浪人。午後、蜂起して部隊は司令部駐屯地北関呂祖祠に結集して、向京西は転移する。侵略者に重くその上攻撃することによって今回蜂起して、同様に“冀東防の共は自治する政府“徹底的に崩れる。を宣告した


l 937年7月7日、侵す華日軍は横暴で向宛平県人民政府が置かれている町は侵攻することを起こして、中国は守って軍は第29の軍は反抗することに決起して、そこで全国抗日民族戦争が勃発した。7月27日夜明け方の3時に許して、華日軍と通県日の軍守備隊は急に駐屯することに侵して通って県新城南門外(今通州糧食は工場所在地を加工する)は29の軍の143師の1個は侵攻することを起こすことを営んでいて、これが営む士官と兵士懸命な反撃、100人日の軍を殺傷して、但し、古い城南ドアと東の総の屯に任務を迎撃する偽政府治安部隊を担当することを埋没させて、ともに迎撃した突くことの転移した29の軍部の隊がなくて、ただ空いて鳴る銃に対して、砲弾を発射して、撤退した29の軍を阻止するふりをして、同時に双方激戦中也に日の軍の何でもになかったことは援助する。狡猾な日本特務機関は細木の繁が治安部隊に懐疑することを生じたことを生やす。

27日午前9時左右、日の軍は行為に報復することを実施して、派遣して飛行機は12機の狂の轟は腐って古い城南ドア外治安部隊兵舎を設営する場所を揚げて、状態に至って治安部隊は10あまりの人は死傷する。治安部隊広大な士官と兵士は憤りのために心が穏やかでなくて、難しくこの口が屈辱的に怒ることを飲んで、治安部隊屋敷は全部隊キャプテンの張慶余は即刻で第2の総の隊キャプテンの張のすずりの田を総の隊の瀋維に教えて密談を捜して来ることをして:“城南の戦闘と日器は総の隊兵舎を設営する場所を教えることを爆撃して、すでに治安部隊士官と兵士の義憤を引き起こして、私たちはどんなにする”張慶余は真っ先に2人の意見を募る。瀋維は説をする:“手落ちの魚の死はすぐ網が壊れることです。私によって見る、現在、すぐ手を下すことができる。”張のすずりの田は少し気兼ねする:“私たちの行為はすでに暴露された、日本人はすでに準備することを持っていて、手を下す以後は再び29の軍と応援不能だ、全軍はまもなく全滅する。”瀋維は情勢に対することがまた分析したことをする:“現在士官と兵士の抗日義の憤実際は難しく抑制して、それと抑制して、成り行きに従って進めてこれで蜂起することに及ばない。”張慶余は話す:“先にちょっと日本人の動きが再び定を観察して、あなたたちはどんなか“28日午後、を見る張慶余のある“強社から”門口は細木の繁を遇した。細木の繁は通りを詰問する:“張キャプテンはあなたはどんなかの槁で、なぜ29の軍の截を止めることがなかったか?”張慶余は1人の堂々とした中国人が日本人にこのようであり叱咤すると感じて、珍しい恥の大きい恥で、彼はこれ以上内心の憤怒を我慢不能に、話す:“私治安部隊は治安を維持して、そうでなく戦をしていて、私は管理不能です!”“は私はあなたを引き揚げた!”“は私は中国人が任命することで、あなたの細木の繁は個のどんな品を計算する。”両私的な互は譲歩しなくて、同時に拳銃を抜き出して、怒った目付きは見ることに対する、有人に至るまで宥めることを阻止することに上がって来る、両氏はやっとけんか別れになる。


事後の張慶余、張のすずりの田。瀋維は秘密で集うことをして、己に仕えてこれに至ることと考えて、座して死を待つことができなくて、行為をなるべく早くとることが当然です。そこで、28日の夜の12時が治安部隊を行なって武装蜂起しようと決定する。蜂起することは機関を指揮することは県人民政府が置かれている町北関にいることを設ける、規定してもって真夜中として日の軍兵営に侵攻する銃声は蜂起する信号、兵は3の道同時行為を分ける。真夜中、蜂起した信号銃声大著。蜂起して部隊は俊速に長官公署とその他重要な機関を占領した。殷汝耕は銃声を聞いて、あわてることは護衛隊に呼びかけて生えて、護衛隊は生やして早くからすでに蜂起されることは部隊の棚は司令部に到達した。殷汝耕は無人が返事することを聴いて、すでに身を隠す戸棚の頂き。蜂起する部隊士官と兵士俊速に殷汝耕を打ち入る寝間。ただ見敷布。服は半端に在で生まれて、会わない人。便所、壁の厨、洋服ダンスは全部すべてで捜して、依然として人に捜すことができない。母屋の前方の両側の棟から1人の婢僕を捜し出して、彼に殷汝耕の行き場を説明するように迫って、婢僕は戸棚の頂きを指向不本意に:“長官は貴方は出て来る!”今、殷汝耕は屁が転げ回って小便をして流れるほど驚かして、渾身は糠をふるい上がって来て、どこはまだ動的であり弾くか?何人かの治安部隊下士官兵は餅殷汝耕について下りることを引っ張ったことに上がって行く。あとで、彼に北関呂祖の語司令部監禁した起きることを護送可能でした。

主攻撃日本守備隊と特務機関の道中は蜂起する士官と兵士、装備によってすぐれてよい。200の何人かの決死隊は先導として、敵不具が敵番兵を解決したことに乗って、後程噴き出した日本特務機関と守備隊住所に触る。細木の繁は気配を聞いて、率の隊は出て来ることに突き進んだ。彼の持短銃声高の喊の通り:“あなたたちの速いは本隊へ帰って、善玉と騒動を起こしてはいけない、でなければ皇軍一は到達して、あなたたちは生きると考えてはいけない!”蜂起する士官と兵士はどれかは彼の怒号することを聴いて、1の勾の銃板器は彼に地に射殺させる。

激戦は6時間をして、しきりに東方の太陽の火の形が紅であるほど壊れて、共は殲滅する日将校の兵の500あまりの人。屋敷全部隊日の本助言者渡辺少佐、教育庁助言者の竹騰茂。憲兵キャプテンの何田。県助言者の申茂と冀東銀行行長などを通って全部細木の繁同様の出場と獲得した。同時、日傀儡政権のそれぞれの機関を粉々にたたき壊して、日の軍守備隊火薬庫を焼いた。当夜、順義治安部隊の蘇連章団が張慶余に基づいて指令することを止めて、蜂起することを行なって、殲滅する日の軍の200あまりの人、29日午前10時に県を通ることを開き入る、通州と蜂起して戦列は合流する。時は昼ごろに近くて、日軍派飛行機は20あまりの棚は通州城爆撃に順番に対して、蜂起して部隊は死傷して甚だ重い。張慶余は情勢危急を知ることができて、即決して、部隊を分配して転移することと29の軍に向かって合流するように命令する。蜂起するときに部隊の行は北平に至ってドアと徳景勝ドア間を安定させて、急に日の軍が迎撃することに遭って、漢のよい殷汝耕タクシーの兵が日の軍が半端に突き進まれることを護送して、殷汝耕は脱するを機に乗じて、日の軍の劫が歩かれる。あとで、装甲自動車の20あまりの輌は日の軍を援護して蜂起することを迎撃する部隊はあって、治安部隊は総キャプテンの瀋維が干に教えて、キャプテンの張会明の眠たい帯の隊が突いて前後して陣没を分ける。危難中の張慶余は細分化するように訓令して、分散して突いて、門頭溝を経って走って保定は集う。


“当行は中途に至って、竟は孫殿英部(国民党の軍)が武装解除を迎撃される……4000の士官と兵士を余して丸腰で徒歩で保定集に到達して時代にマッチしていることを扱って、依然として向孫殿の英索に武器を還すように要請して、依然として前線行きにしなければいけなくて、力国は敵を殺す。”

8月10日、通州治安部隊のため蜂起して、殷汝耕は強いられる“責任をとって辞職する”、彼を経って一手に成立しようと画策する売国政府は同様に強いられて唐山へ転出する。

注ぐ:殷汝耕 (1885の---1947〕、浙江平陽の人、日本早稲田大学は卒業して、1927年は即ち蒋介石と日本政府筋の行き来が結託することを代表する。1931年以後は仮に恥を失うことに調印することの国の《淞の滬は休戦する協定》と《塘沽協定》に参加して、1935年12月26日、至って1937年の月球は29日は偽の冀東防の共自治政府政府業務長官に充当して、堕は徹底的民族腐敗分子として、1947年12月1日、売国奴の罪のためカ所の決に南京に。

張慶余(1895の---1963)、字の賀軒、河北滄県申家庄の人、1916年は北京陸軍模範的な団歩兵科を卒業する。厲任直の隷の軍の連、営んで、団、旅団長などの職、1933年の任冀東特殊な警察の隊屋敷全部隊キャプテン。全部1935年11月、異動する偽の冀東治安部隊屋敷の隊キャプテン、1937年7月率部は蜂起して、保定を変えて、洛陽、西安、1938年の隠居四川金堂県雑多な坊鎮に。後は委任が国民党軍事委員会の会中将のために相談事に加わられる。1946年の夏、退役して身内と定住する天津、病死に至る。





是假话(高兴)很喜欢捏造





多分ここでも

数々の蛮行は日本によって行われ

我々は被害を顧みず勇敢に戦った・・・だろな




関連記事

Comments

« »

06 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク