FC2ブログ

今日ボクが見た風景

日本人を現す「3つのS」、スモール・スマイル・サイレント

Category: ブログ  

日本人を現す「3つのS」、スモール・スマイル・サイレント


中国人女性ブロガー「チュジュアン」さんは、「日本人の特徴を表す3つのSって本当?」というタイトルでブログを掲載し、日本人の微笑みや沈黙について書いている。以下ブログの主要部分の引用。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  『醜い日本人』という本の中では、「日本人を表す3つのS」というものが書かれている。すなわち、Small(小さい)、Smile(微笑)、そしてSilence(沈黙)のことだ。

  中国人も人を見るときには、その人の親しみやすさや微笑み具合などを見るが、それでも日本とは感覚が違う。中国人は、微笑みと沈黙の中に込められた意図まで汲み取ったりすることはできない。

  アメリカ人の書いた『日本人のビジネスマナー』という本には、「日本人は表面的な調和を重んじる」、「両者が対立した場合も不快感を決して顔に出さない」などと書かれている。これは西洋の人間には特に理解できないことだろう。

  日本人は微笑み沈黙していることが多いが、それはあくまで習慣の一種であって、笑顔の裏に腹黒い考えがあるというわけでは決してない。むしろ日本人は親身になってくれる人も多く、道に迷った外国人などはよく助けてもらえる。私自身も、今までビジネスの場面を含めていろんな日本人に手伝ってもらってきた。

  アメリカ人などにとっては普通、笑った表情は「喜び」または「軽蔑」を表すものだが、日本ではさらに苦しい時は困った時、驚いた時や悲しい時ですら、笑みを浮かべるという。文化が違うとはいえ、この辺りは外国人には非常に理解しずらい点だ。(引用おわり)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  一般的に、中国人もアメリカ人並みに感情表現がストレートで、要求したいことははっきりと口や表情に出すもの。日本人のような「以心伝心」といった文化はあまり存在しないようだ。

  中国では、スーパーや飲食店の店員も笑顔を見せることは好くなく、無愛想だと感じる日本人も多い。様々な種類の「微笑み」を無意識のうちに使い分ける日本人の笑顔の作り方は、外国人から見れば確かに独特なのかもしれない。
(編集担当:西谷格)





日本には 仏の顔も三度まで と云う言葉があります 


また 日本人は 堪忍袋 と云うモノを持っています

関連記事

Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク