FC2ブログ

今日ボクが見た風景

関根元 風間博子

Category: 事件  

愛犬家連続殺人事件 関根元( 在日 ) 風間博子



今日ボクが見た風景

愛犬家殺人事件 経緯
平成7年1月5日、埼玉県警は埼玉県・熊谷市のペットショップ「アフリカケンネル」経営の関根元(当時53歳)と元妻で共同経営の風間博子(当時38歳)の2人を死体遺棄の疑いで逮捕した。

関根は犬の繁殖場の建設で1億4000万円の借金を抱えていた。そこで、なりふり構わず不当な価格で犬の販売を行った。平成6年4月、産廃処理会社経営・川崎昭男(当時39歳)に対して実際は数十万円のアフリカ産の犬を1000万円で売りつけた。後日、購入した犬が時価数十万円程度であることを知った川崎は関根に代金の返済を求めた。

そこで、関根は川崎を呼び出して栄養剤だと偽って犬薬殺用の「硝酸ストリキニーネ」入りのカプセルを飲ませて殺害した。硝酸ストリキニーネは、知人の獣医に「犬を安楽死させるため」と偽り50人を殺害できる量の5グラムを譲り受けていた。

この殺害を知った暴力団幹部・遠藤安亘(当時51歳)とその運転手・和久井奨(21歳)を口封じのため7月に殺害。8月末には、主婦・関口光江(当時54歳)に犬の販売トラブルで殺害した。いずれも「硝酸ストリキニーネ」を飲ませて殺害し、群馬県片品村にある犬飼育場に遺体を運び、風間と2人で浴槽にて包丁でバラバラにした。また、同社の元役員・志麻永幸(当時38歳)に依頼して細切れにした肉片は川に棄て、骨はドラム缶で焼き、残った骨灰は近くの山林に棄てた。

愛犬家殺人事件 公判と展開

殺害した4人の遺体は骨が粉々になるまで損壊させたため身元の確認ができなかった。このため、自供による証拠固めを中心に捜査を続けていた。逮捕後、関根は4人の殺害を認めたが風間の主導であったと主張。一方、風間は関根の主導で犯行に至ったと主張した。

平成13年3月21日、浦和地裁は「いずれも身勝手な理由で、次々と虫けらを殺すように毒殺などを実行した。世上まれに見る重大凶悪事犯」として、関根・風間2人に死刑を言い渡した。両被告は控訴。

尚、志麻は犯行を認め服役。平成10年8月に出所後、本事件を執筆し「愛犬家連続殺人」というタイトルで本を出したことで注目を集めている。

平成17年7月11日東京高裁は、関根、風間の控訴を棄却。2人はただちに上告した。

関根元 風間博子 死刑確定

平成21年6月5日、最高裁は「猛毒を飲ませて中毒死させ、死体を切断して山や川に捨てた犯行は冷酷で悪質極まりない。不合理な弁解を繰り返し、真摯な反省の態度も見られない」として、関根と風間の上告を棄却した。これにより2人に死刑が確定した。

愛犬家殺人事件 関根元 風間博子事件の詳細

1995年におきた、埼玉愛犬家殺人事件。その残虐性は犯罪史上、類い希なものだった。警察の賢明な捜査にもかかわらず、犯罪の物証はなかなか発見できなかった。容疑者は事件との関わりを一切否定。しかし、男は確かに、犬の売買から生じた金銭トラブルをきっかけに、殺人を行っていたのだ。計画的な連続殺人。証拠の隠滅。4ヶ月の間に、4人もの人間を殺害

関根元 風間博子とは?

ブルドックのブリーダーをしていた山崎氏は、ドッグショーで関根と知り合う。関根はハスキー犬のブリーダーとして、ペット業界では名の知れた人物だった。関根は様々なドッグショーで賞を獲得するも、裏ではあくどい商売をしていた。例えば、犬を売った家に、毒入りの肉を持っていく。何の疑いも持たずに食べた犬は死に、関根は新しい犬を売りつける事が出来た。
 関根は、仕入れ値をはるかに上回る高額な値段で、犬を売りつけていた。不信感をもった客には、言葉巧みに言い逃れる。それでも客がおさまらない場合、詐欺行為の発覚を恐れて、殺害におよんでいたのだ。

最初の犠牲者となった川崎さんの場合は、自宅のガレージに呼び出して、毒殺。二人の仲は決して悪くはなかった。犬の売買で言い合いはしていたが、信頼関係も多少はあった。関根から「体に良い薬だよ」とすすめられ、疑いなく飲んでしまったのだ。
 後から現場に来た山崎氏が、警察に通報しなかったのは・・・
 「そこまで考えている余裕は、その現場に立つと、ないと思います、誰も」
 「それは、そこの空気というか、殺気というかで、本当にその場に立たないと、そういうことは、まずわからないと思います。後で結果が出て、こうすればよかったとか、こうした方がよかったのではないか、と考えたりもしますけど、思考能力がなくなっちゃうのが現状じゃないですか」
 更に、警察への通報をためらわせる、関根の一言があった。
 『子供、元気か・・・』
 「一般的に『子供元気にしてるのか』という意味では全くない、ということです」
 こうして山崎氏は連続殺人事件に巻き込まれていった。

証拠を残さない

急にいなくなった川崎さんを捜して、川崎さんの家族が関根を訪ねてきた。実は、関根のうちに監禁されているのではないかと、川崎さんのお兄さんは思っていたという。しかし、その席に何故か関根は、知り合いの暴力団幹部を同席させ、しらを切り通した。

 しかし、ここで関根の誤算があった。川崎さんは関根に殺されたのではないかと、暴力団幹部の遠藤さんが疑い、それをネタにゆすり始めたのだ。
 ゆすりに応じるフリをして、遠藤さんの自宅へ。この席には妻の風間博子も同席。関根は言葉巧みに、栄養剤だと言って、硝酸ストリキニーネを遠藤氏に渡した。関根は、4人の殺害を、全てこの毒薬で行った。この猛毒は、犬の安楽死に使われるものだった。長い付き合いをしていた、遠藤さんと、付き人の和久井さんは、疑いもなくそれを飲んだ。

 その後も、詐欺的商法の露呈を恐れ、主婦の関口さんを殺害。
 警察は何故、連続殺人を止めることが出来なかったのか!?第一の殺人の時から、警察は関根をマークしていたというのに・・・。
 毒薬を使う殺人、それは、血痕を残さないということだ。つまり、きわめて重要な証拠を残さない、という事なのだ。

第二第三の殺人

川崎さんのお兄さんは、弟が関根に監禁されていると思ったので、警察に捜索願を出した。しかし警察は、単なる行方不明という扱いで処理。捜索には乗り出さなかった。10日後、川崎さんが普段、埼玉県内で使用している車が、東京駅で発見され、ようやく警察は、川崎さんが事件に巻き込まれた可能性があると、捜査に乗り出した。しかし証拠がないため、関根、風間、山崎の3名を常に監視。しっぽを出すのを待った。そして、その間に、警察の隙をついて、第二、第三の殺人がおこっていたのだ。

そんな中おきた、大阪愛犬家殺人事件。同じ愛犬家の事件である、埼玉の事件に、世間は注目し始めた。連日のようにマスコミが関根の元へ押し掛け、4人の失踪を追求した。しかし関根は平然と受け答え。事件との関係を否定。

遺体はどこに?

殺害された遺体は、山崎氏の実家のある山梨県に運ばれた。
 この殺人は、一般のバラバラ殺人とは趣がかなり違い、用意周到にしくまれたものだ。骨は粉になるまで砕かれ、肉は切り刻んで川に捨てる。計画性があり、悪逆非道。

 その作業は風呂場で行われた。一人の人間だったものが、短時間のうちに解体されてゆく。
 「声も何も出ませんよ。その場に立つと。現実なのか夢なのか、という風にしか考えられません」
 肉を焼くと異臭が出るので、骨のみをドラム缶で焼く。原型が崩れさり、灰になるまで焼かれた。灰は山林にばらまかれた。骨以外の部分は、切り刻んで川に捨てられた。

愛犬家殺人事件 証拠が無い

4人もの人間が関根の周りで行方不明。しかし証拠(遺体)が見つからないため、逮捕できずにいた。しかし、事態は急転直下。山崎氏が警察に自白。だが、何故自白する気になったのか。
 「いずれ、こういう時が来るのかなと。だんだん悟ってきたというか。それと、このままにしておけば、警察が張り込もうが何しようが、犠牲者は必ず(また)出ると。それを止めるためには、僕が喋らないと、止まらない」

 1995年。川崎さんの事件から2年。関根と風間を4人の殺人罪で逮捕。
 しかし、山崎氏の供述だけでは、両被告を裁判所に起訴できない。裁判にかけなければ、刑を科す事は出来ない。起訴するためには、山崎氏の供述を裏付ける、物的証拠が必要だった。

愛犬家殺人事件 神様がくれた証拠

埼玉・群馬両県警は、合同捜査を開始。遺体を捨てたとされる山林を、しらみつぶしに捜した。しかし、どこを捜しても、有力な証拠は見つからない。迷宮入りか・・・。捜査員達の間に落胆のため息が出た。その時!
 一人の捜査員が意外な物を発見した!小さなお守り・・・。それは、川崎さんがお兄さんとお揃いで持っていた、大黒天神のお守りだった!これは、川崎さんが持っていたものとしか考えられない、決定的な証拠だ。
 「なんとか早く犯人が逮捕されるようにと、大黒さまにもお参りしてましたからね」と川崎さんのお兄さんは語る。
 小さなお守りが、完全犯罪に大きな風穴をあけた。被害者が残した、犯人逮捕へのメッセージだった。







<逮捕>
1995年明け埼玉県北部である男が殺人容疑で逮捕された。埼玉愛犬家連続殺人という見出しが躍り頭のはげた中年男が捜査員に連れられていくシーンがテレビに映った。時を同じく大阪でもブリーダーが容疑者の殺人事件がありこれは大阪愛犬家殺人と呼ばれていた。だが自分の記憶はここまででその全貌を知ることもなくこの事件の記憶はここで途絶える。なぜならその後阪神淡路大震災が起こりまた地下鉄サリン事件を契機に一連のオウム事件へとマスコミ報道が加熱していく。だがもしこの大震災やオウム事件がなければ埼玉愛犬家連続殺人は戦後最大の猟奇殺人事件として取り上げられていったはずだ。

<ボディーは透明>
「うわーきれい!」新緑の芽吹きと雪解けの水音は都会の喧騒を忘れさせる。片品川沿いをドライブしていると山並みと渓流の美しさに誰もが感嘆する。「ほんときれいだね…」だが美しく見える清流も時にはとんでもないものを押し流している。そう、ここには人の肉片が流れていたのだ。
ボディーを透明にする、関根はそういっていた。硝酸ストリキニーネで殺害したあと遺体は一晩でこの地上より跡形もなく消え去る。関根はこれを”ボディーを透明にする”といっていた。ほんとに一晩で遺体がなくなるのだろうか?以下志麻氏を取り調べた刑事とのやりとりで理解できる。

---「生きている人間には形があって、死ねば物になる。」
「でも形がなくなっても白い粉(骨)は残るよ。燃やすのか?燃やせば臭いが出るだろう」
「臭いはない。燃やすのは骨だけだから」
「関根はそこまでバラバラにするのか」
「どれも真っ白だよ。肉はとっくに魚のえさになってるはずだ」
「燃やすってあんなものがそんなに簡単にもえるのか」
「高温で燃やせば灰になる。火葬場と同じだよ」
「うーん…なるほど…」埼玉県警の10年越しの謎が解けた瞬間だった。
---<志麻永幸著/愛犬家連続殺人より>

事実埼玉県警は関根を過去にも一度逮捕しているが証拠不十分で釈放にした。関根は人間を2時間で解体できる。骨、内臓、肉に細分化し肉は2~3センチの細切れにし川に捨て、骨は廃油で灰になるまで焼く。一晩で人間が跡形もなく消失する。これでは警察がいくらマークしても一瞬の隙があれば犯行を行える。

<殺しのオリンピック>
志麻氏によれば関根は35人殺していたようだ。立件できたのは4件。ヤクザでさえ関根のやり方に驚愕する。

---「普通の奴は人を殺したらそれでおしまいだ。あとは死体を沈めるか、埋めるかだろう。だがケンネルのやり方は違う。奴は残忍だ。あいつは死体をバラバラにして肉を削ぎ取る。その後包丁で肉をコマ切れにするんだ。肉と内臓もきっちり分けてな。脳みそも目玉もきれいにえぐりだすんだ。とても人間のやることじゃねえ。あんなことができるのは、この世であいつしかいない・・・」
---<志麻永幸著/愛犬家連続殺人より>

関根の女房、風間博子も尋常じゃない。何せ遺体解体作業をしながら鼻歌を歌ってるぐらいだからとんでもない。中村美津子の「河内おとこ節」をハミングしながら
「あんた、こんなやつの○ン○ン切るのやだから、あんたこれやってよ」
「おうっー」

関根は自画自賛で“殺しのオリンピック”があれば金メダルといっている。大久保清はバカだとか、イギリスの連続殺人犯もコケにしてる。不謹慎だが彼の遺体解体技術はそこまで洗練されていた。

関根はどんな人生を歩んできたのだろうか、彼は秩父で生まれ“ホラ吹きの元”と呼ばれていた。関根に限らず重犯罪者にはおしゃべりな奴というか虚言壁は多いらしい。志麻氏の本でこんなシーンがある。
---殺害された川崎さんが
「俺、日本に帰化してるけど、本当は在日韓国人なんだよ。本当は鄭っていうんだ」
関根「なんて偶然なんだ。実は俺も在日で鄭っていうんだ。なんて偶然なんだ。握手しよう。こいつ(山崎)も在日で本当は王っていうんだ」
王とはどう考えてもも中国人なのだが関根はそんなことおかまいなしだ。
---<志麻永幸著/愛犬家連続殺人より>

もうアホである。とてもコケティシュな面と凍りつくほど恐ろしい面がありおそらくその両方が関根の姿なのだろう。事実ケンネルを訪れる客にはおどろくほど丁寧で電話越しでも90度お辞儀をするくらい商売人としての儀礼にはたけていたようだ。

実際自分の友人の親が関根の店にいっている。犬を買いにアフリカケンネルを訪れたことがあったようだ。その人は柴犬を探していたのだが、関根にほかの犬(おそらくアラスカンマラミュートとか)を薦められたらしく商談は成立しなかったようだが、お茶など勧められて物腰のやわらかいごく普通のペットショプ店主にみえたようだ。でももし利殖の話でもされて深みにはまっていたらどうなったか分からない。関わり合いにならなくてよかった。

またおどろくほどきれい好きであったようだ。片品のポッポハウスに身を隠していた頃部屋はちりひとつ落ちていなかったようだし、遺体解体した後の浴槽もピカピカに磨き上げられていた。
その反面女には見境いなく金への執着はものすごかったようだ。その点は重犯罪者のイメージが一致しやすいのだが、こわいのは殺人鬼がある種の社会性を持ち合わせて我々と同じ社会で生業を立てているということだ。見た目区別がつかない。
関根は「世界は一家、人類はみな兄弟」で有名な某政治家ともつながりがあったといっていた。その政治家から頼まれて遺体の始末を行ったとか、おそらくホラ話なのだろうがそういう成り行きはまんざら奇抜に聞えない。裏社会の汚れ仕事を引き受ける人間は必ずいるはずだ。関根も同じ殺し屋があと10人はいるといっている。
平成13年3月一審浦和地裁で死刑。平成17年控訴棄却。現在も最高裁に上告中であるが、逮捕から13年もたった現在アフリカケンネルの敷地は整地されもう違う会社の所有となっている。

関連記事

Comments

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NASA Visible Earth
Web page translation
Flag Counter
free counters
xxx
全記事表示リンク